Dineでハイスペ層と食事デートに行こう!Dineの評判・口コミ・使い方と基本的な流れを解説

Dineでハイスペ層と食事デートに行こう!Dineの評判・口コミ・使い方と基本的な流れを解説

Dineはアッパー層向けのマッチングアプリで、食事デート前提でのマッチングをし、メッセージ交換をあまりせずに異性と食事デートに行けるという特徴を持っています。他の恋活アプリでは中々出会えないようなハイスペ男性とハイクラス女性をDineでは簡単に見つけることができ、気軽に食事デートにいくことができます。

本記事では、Dineの評判・口コミ、サービスの特徴とマッチングの仕組み、マッチングからデートまでの基本的な流れ、料金体系と安全性、サクラや業者・パパ活・ヤリモクなどの要注意人物の有無などについてご紹介していきます。これからDineを利用することを検討されている方は、本記事を参考にDineが自分に合うサービスか検討してみてください。

本記事を読むと分かること

  • Dineはデート向けマッチングアプリで、ハイスペ・ハイクラス層の男女が多く利用している
  • Dineではマッチング段階で食事デートに行くレストランが決まっており、日程調整が完了してからメッセージ交換が可能となる。ほぼメッセージ交換せずにデートができるため非常に効率的
  • Dineプロテクトと予約代行機能により、ほぼドタキャンが発生することはない。本人証明や年収証明機能もあるので安心

\ マチアプ編集部おすすめアプリ /

アプリ 目的 年齢層 料金 詳細/DL
ペアーズ
ペアーズアイコン
恋活
婚活
男性:20~30代 3,480円/月 詳細 アプリDL
女性:20~30代 無料
Omiai
Omiaiアイコン
恋活
婚活
男性:20代中盤~30代 3,980円/月 詳細 アプリDL
女性:20代前半~30代前半 無料
タップル誕生
タップル誕生アイコン
恋活
男性:20代 3,600円/月 詳細 アプリDL
女性:20代 無料
with
withアイコン
恋活
婚活
男性:20代~30代前半 3,400円/月 詳細 アプリDL
女性:大学生~~30代前半 無料
イヴイヴ
イヴイヴアイコン
恋活
男性:20代 3,400円/月 詳細 アプリDL
女性:大学生~20代中盤 無料
クロスミー
クロスミーアイコン
恋活
男性:20代~30代前半 3,900円/月 詳細 アプリDL
女性:20代 無料
ゼクシィ恋結び
ゼクシィ恋結びアイコン
恋活
男性:20代中盤~30代中盤 3,480円/月 詳細 アプリDL
女性:20代中盤~30代前半 無料
Dine
Dineアイコン
デート 男性:20代中盤~40代前半 6,500円/月 詳細 アプリDL
女性:20代~30代前半 無料
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結びアイコン
婚活
男性:20中盤代~30代 4,900円/月 詳細 アプリDL
女性:20中盤代~30代 無料

↓↓↓↓↓まずはdine(ダイン)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

デート向けアプリDineの5つの特徴

デート向けアプリDineの5つの特徴

Dineはハイスペ男性、ハイクラス女性と食事デートに行くことのできるデート向けマッチングアプリです。ハイクラス層向けの恋活マッチングアプリであり、レベルの高い男女の出会いの場として人気を誇っています。

Dineが自分の利用するマッチングアプリとして合っているのか、まずはDineの5つの特徴について見ていきましょう。

マッチング後すぐに食事デートに行くことができる

Dineでは、マッチングの流れペアーズなどの恋活アプリとは異なり、相手にデートに行きたいお店をリクエスト(いいね)し、承認されるとマッチングが成立します。マッチングが成立した段階で初回デートに行くお店は決まっており、次にメッセージ画面でデートに日程調整を行います。

日程調整が完了したらようやくメッセージ交換をすることができますが、この段階でデートの内容と日時が決まっており、マッチング後すぐに食事デートに行くことができる様になっています。他の恋活アプリなどの様に、マッチング後に初回デートに誘うまでに1週間程度メッセージ交換をする必要もなく、「まずは相手とデートしてみる」というスタイルがDineでの恋活になります。

マッチング後のメッセージがあまり必要ない

Dineは、マッチングが成立した段階で食事デートのお店が決まっており、その後まずは日程調整となりますので、あまり相手とメッセージ交換をする必要がありません。忙しいハイスペ男女が主に利用しているマッチングアプリですので、成果に結びつかない可能性のあるメッセージ交換という行為が省略されていることも、人気の秘密でしょう。

待ち合わせ場所や時間、デートのリマインド程度はメッセージ交換をしますが、デートまでの日程の間に何往復も私的なコミュニケーションをとる必要はありません。そのため、仕事などで忙しいという方でも、Dineであれば安心して利用することができます。

食事デートのレストランはDine提携店のみで雰囲気抜群

Dineでは相手にリクエスト(いいね)を送る時に、相手の「デートに行きたいお店」を選んでリクエストすることになりますが、この候補に上がるお店は全てDineの提携店となっており、男女がデートをするのに向いている素敵な雰囲気のお店ばかりです。

Dineで紹介されているお店であれば、お店選びに失敗することもありませんので、わざわざデートに向いているお店を探すことに時間をかける必要もありません。価格帯も4段階とバランスよく用意されておりますので、相手への本気度に合わせて、リクエストするお店を選ぶこともできます。

スマート検索で自分の好みの異性を学習してくれる

Dineでは、検索条件の設定は年齢と居住地しか設定することができませんが、スマート検索機能においては、異性の写真に対して好みかそうでないかを判定し、自分の好みの異性をDineに学習してもらうことができます。

多く学習してもらうことによって、自分の好みの異性ばかりが表示されますので、毎日10人の異性を紹介してもらえる「Today’s Picks」でタイプの異性が表示される確率が高くなり、高確率でデートに行きたいと思える相手を見つけることができる様になります。

毎回細かな条件指定をして、検索結果の一覧の中から相手候補を探すといった面倒な作業も必要なくなります。

ハイスペ男子・ハイクラス女子が多く利用している

Dineは、デート向けマッチングアプリであり、男性はハイスペ男性が多く利用しています。年収証明機能があるため、高年収であることを武器にして女性にアプローチすることが可能です。1人平均予算が2万円近くになるレストランでのデートを男性奢りで楽しむことができますので、アッパー層の男性との出会いを見つけたいという方は、Dineの利用を試してみてください。

また、ハイスペ男子は物事の価値をしっかりと見定めることができる人が多く、デート代の奢りをすることができたとしても、そうする価値があると判断しなければ奢りのデートはしません。そのため、女性側も自然とハイスペ男性がデートをしたいと思える様なハイクラス女性が多くなり、他のマッチングアプリでは出会うことができない様なハイクラス職業の方や、美人や可愛い人の利用率が多くなっています。

Dineを実際に使って分かった良い評判・口コミの実際のところ

Dineを実際に使って分かった良い評判・口コミの実際のところ

Dineは忙しいビジネスパーソンにも向いているデート向けマッチングアプリです。ペアーズなどの一般的な恋活アプリは時間がかかりすぎて効率が悪い、自分のスペックが活かしきれていないと感じる場合には、Dineの利用が向いている可能性があります。

実際にDineを利用して食事デートをしている人達の、良い評判・口コミの本当のところについて見ていきましょう。

異性との食事デートを気軽にできる

Dineは、「デートにコミットする」というコンセプトを出している通り、実際に男女が食事デートをすることを大切にしています。マッチングした段階で食事デートのレストランが決まっており、最初に日程調整をすることが必要になる点も、この「食事デートを実現する」ということに重きを置いているためです。

Dineをきちんと利用していけば、週2〜3回ペースで異性との食事デートを組んでいくことも可能です。まずは実際に相手と会ってみて、そこから考えていきたいという場合には、Dineで食事デートの相手を探していくのがおすすめです。

アッパー層との出会いを見つけられる

Dineはアッパー層の利用者が多く、他の恋活アプリでは中々出会うことができない様なハイスペ男性や、ハイクラス女性とデートをすることができます。

Dineの提携店は高級レストランも多く、男性側が全額支払いすることがほとんどであるため(そうでないとマッチングしない)、自然と男性側はハイスペ男性のみに淘汰されていきます。同様に、女性側も高級レストランでのデート代金を奢る価値があると判断される女性しかマッチングが成立しませんので、職業的にハイクラスな女性や、美人や可愛い女性がメイン利用層となっていきます。

Dineではワンランク上の恋活を楽しむことができますので、ペアーズなどの一般的な恋活アプリで満足できなくなってきた方は、是非Dineを利用して異性を探してみてください。

1デートあたりの投下時間が少なく忙しい人も利用しやすい

Dineはマッチングしてからメッセージ交換をあまりせずに、すぐにデートに行くことができます。そのため、1回のデートを実現するための投下時間が非常に少なく済み、忙しいビジネスパーソンの方でも快適に利用することができます。

ハイクラス層は大抵忙しく仕事に取り組んでいることが多いので、効率的に魅力的な異性と食事デートに行くことのできるDineとの相性はとても良いです。

マッチングアプリを利用してみたいけれど、あまり時間が取れないという方は、Dineや東カレデートなどのデート向けマッチングアプリがおすすめです。

突然今晩の予定が空いた時のデート相手も見つけられる

Dineには、今晩の食事デートの相手を見つけることのできる「Dine Tonight」という機能があります。急に予定が空いた時や、誰かと食事をしたいときなどは、Dineを使うことで簡単に相手を見つけることができます。

金土曜日など翌日に仕事がないことが多い曜日であれば、多くの人が「Dine Tonight」を活用して相手を見つけていますので、是非一度Dineを使って今晩のディナー相手を見つけてみてください。

Dineを実際に使って分かった悪い評判・口コミの実際のところ

Dineを実際に使って分かった悪い評判・口コミの実際のところ

Dineはアッパー層向けのマッチングアプリであり、食事デートを実現することにサービス全体が最適化されていますので、人によってはあまり利用が向いていない場合もあります。Dineを実際に使ってみて不便に感じるところや、不安に感じるところなど、悪い評判・口コミのほんとのところについて確認していきましょう。

メッセージ交換もあまりせずにデートになるため不安を感じる

Dineではマッチングが成立した段階で食事デートをするレストランが決まっており、ほとんどメッセージ交換をせずにデートをすることになります。

一応プロフィールページもあるため、丁寧に登録している方もいますが、他の恋活アプリでのデートの流れと比較すると、あまり相手のことを知らずにデートに臨むことになるので、特にDineでの最初のデートは緊張してしまいます。

しかし、Dineでの初回デートはDine提携店での食事デートと決まっており、怪しいお店に連れていかれたり、初回デートからドライブデートやカラオケデートなどを提案されることもありません。きちんとデート向きの雰囲気の良いお店でのデートをすることができますので、その点では安心してデートに臨むことができるでしょう。

また、いくらメッセージ交換を重ねても、実際に相手と会って話してみなければ、本当のところの相性は分かりません。実際は相性が悪い相手と、何通もメッセージ交換をする行為は非効率的であるとも考えることができ、まずは食事デートをしてみて、そこで互いの印象がよければメッセージ交換をしていく、という方が効率的に時間を使えているとも言えるでしょう。

検索条件を詳細に指定できないため会うまでどんな人か分からない

Dineでは、検索条件が「年齢」と「居住地」しか提供されていません。また、検索結果の一覧表示などはなく、「TODAY’S PICK」で表示される10名の異性から相手を探すか、「TOP PICKS」で人気会員を探す、もしくは「Dine Tonight」で今晩のディナー相手を探すかの3通りでしか相手を見つけることができません。

詳細に条件を指定して、自分の希望する条件に合致する相手から本命候補を探すということができないため、実際に会ってみたら結婚に対する考え方が違っていたり、休日が同じでなかったりなどの微妙なズレが発生することもあります。

これについては、条件に合致する異性であることを優先するのか、好意を持った相手と互いの希望を擦り合わせて上手な関係性を構築していくのか、考え方の違いになるところです。Dineでは後者の考え方に沿っての恋活となりますので、リアルの場での恋愛と同じ様な流れで進んでいくことになります。

TPOを間違えると高級店で場違い感が出てしまう

Dineが提携しているレストランは価格帯も多岐にわたり、4段階評価で分かれています。本命の相手とは高級レストランでのディナーをすることになりますが、基本的なマナーについてはきちんと理解しておかないと、お店と自分の服装や態度、雰囲気が合わず、場違い感がでてデートを楽しむことが難しくなってしまう場合があります。

そのため、食事デートで利用するお店がどの様なお店なのかは事前にリサーチし、そのお店の雰囲気に合った服装等でデートに行く様にしましょう。

ハイクラス層でないとマッチングしにくい

Dineは、アッパー層がメイン利用者層となっているため、男性は高年収であることが主に求められており、女性は高年収男性が求めるものを持っていることが必要になります。

Dineでマッチングできる男女は、他の恋活アプリでも人気会員になることが普通のことで、そのため他の恋活アプリでマッチングできなかったからといって、Dineを利用するというのはおすすめできません。

他の恋活アプリで多くの人とマッチングしすぎて、もっと効率よく自分の希望に合う人との恋活をしていきたいと考える方が、Dineの利用を検討する様にすると良いでしょう。

Dineにサクラや業者、メシモクなどの要注意人物はいるのか?

Dineにサクラや業者、メシモクなどの要注意人物はいるのか?

Dineを利用する際で気になる点は、サクラや業者、メシモクやヤリモクなどの一般的な恋活アプリにも存在する要注意人物が存在するかという点です。

要注意人物が多いマッチングアプリを利用しても、非効率な恋活となってしまい、良縁に恵まれることが難しくなってしまいます。そのため、Dineを利用する前に要注意人物が存在するのか、またどの様に対策を取ればいいのかを考えてういくことが大切になります。

Dineにサクラはいない

結論から申し上げれば、Dineにサクラは存在しません。サクラとは、運営企業によって雇われた一般利用者のサービス利用促進を目的とした人のことを指します。従量課金制などを採用している出会い系サービスで用いられてきた収益手法ですが、Dineは月額制のサービスとなっており、運営企業もきちんとした企業ですので、まずサクラを用いることは考えられません。

Dineには業者やパパ活目的、メシモクなどの利用者はいると考えて利用する

Dineでは、利用規約において業者や「パパ活」、既婚者やヤリモクなどの恋活利用者に迷惑となる行為は明確に禁止されています。Dineをよくパパ活アプリなのではないかと勘違いする人もいますが、Dineではパパ活は禁止されており、発覚した場合は通報&強制退会の措置の対象となります。

Dineは比較的安全性の高いマッチングアプリにはなりますが、他の恋活アプリと同様に、迷惑行為をする利用者である子は登録時点では判別することができないため、業者やヤリモク、メシモクの利用者がゼロであるとは言い切ることができません。

一度通報されて強制退会となった相手については、それ以降はDineの本人確認手続きの審査が通過しなくなりますので、同一人物での再発は防ぐことができます。この仕組みがあるため、基本的にはDineで迷惑行為をする利用者と遭遇する確率は低いですが、それでも遭遇するときはありますので、ある程度の警戒心は忘れずに持っておくことが大切です。

ハイクラス層の男女であれば、少し相手のことを真剣に観察すれば、恋活目的なのか、それ以外の目的なのかは見極めることができるでしょう。ヤリモク対策も、お酒を飲みすぎないことや、デート後はすぐに帰ることを徹底するなどの対策をとることでトラブルを防ぐことができます。

Dineで要注意人物と遭遇した時は通報してブロックする

Dineで要注意人物に該当する人と遭遇した場合には、すぐに運営に通報をしてブロックすることが大切になります。もし実被害が出ている場合などは、警察や弁護士先生にまず相談をしてから対応手順を決める様にしましょう。

Dineの運営に通報することによって、事実確認調査が実施され、違反報告が事実であると判断されれば強制退会の手続きをとってもらうことができます。相手が強制退会になることで、二度とDineで見ることがなくなる他、Dine全体の安全性向上にも寄与したことになります。

Dineを快適に利用するためにも、迷惑行為をする利用者を発見した場合には、すぐに運営に通報をして、その後にブロックする様にしましょう。

Dineでの基本的なマッチングからデートまでの流れ

Dineでの基本的なマッチングからデートまでの流れ

Dineで恋活する場合には、ペアーズなどの一般的な恋活アプリとは、マッチングからデートまでの流れが異なるという点を理解することが大切です。Dineでのマッチングからデートするまでの基本的な流れについて理解していきましょう。

「デートに行きたいお店」を登録しておく

Dineを通じて異性と食事デートをする場合には、自分からリクエストをするか、相手からリクエストをしてもらうことが必要になります。相手からのリクエストをもらうためには、自分のプロフィールで「デートに行きたいお店」を登録しておくことが必要になります。

デート候補のレストランは3店まで選んで登録することができますので、自分が行きたいお店の中で、価格帯のバランスを考えながら登録しておく様にしましょう。

相手の「デートに行きたいお店」を選択してリクエスト(いいね)を送る

自分から異性に対してリクエストを送る場合には、相手の「デートに行きたいお店」の候補のレストランから1つを選択し、相手にそのお店でのデートをリクエストします。

お店を選択して上のメイン写真に対してスワイプすることによって、異性にデートのリクエストを送ることができます。反対にスキップする場合には、写真を左側にスワイプしてしまうか、右下の「SKIP」ボタンをタップすることによって、スキップしたことになります。

リクエストを承認してマッチングを成立させる

Dineで相手からリクエストをもらった側の画面では、「リクエスト承認」ボタンが表示され、このボタンをタップすることによってマッチングを成立させることができます。

相手のプロフィール写真をタップすることによって、相手のプロフィールページにアクセスすることができ、プロフィール文章などを読むことができる様になります。相手が真面目に恋活に取り組んでいる人なのか、また自分のタイプの人なのかを確認し、その上でマッチングを成立させる様にしましょう。

プロフィールページがスカスカな人は真面目にDineを利用していないことが多く、マッチングが成立してもデートの日程調整がされないことが多くありますので気をつけましょう。

デートの候補日を送って日程調整をする

Dineでマッチングが成立した後は、まずはデートをする日の日程調整を行うことが必要になります。専用の機能があり、提案する側が直近の日程から複数の候補を提示し、相手が承認することによってデートの日程を決めることができます。

日程調整が完了することによって、メッセージ交換をすることが可能になりますので、まずは日程調整を行う様にしましょう。

時間と待ち合わせ場所をメッセージで相談して決める

Dineで相手とのメッセージ交換が可能になったら、具体的なデートの時間と待ち合わせ場所を決めることが大切になります。日程調整機能では大まかな日程しか決めることができませんので、具体的なデート日時はメッセージ交換の中で相談して決めることが必要です。

Dineのレストラン予約代行機能でレストランを予約する

Dineで相手とのデート日時が決定しましたら、Dineのレストラン予約代行機能を使用してレストランの予約をする様にしましょう。

Dineプロテクトを利用できるお店であれば、レストラン予約代行機能を使用することによって、ほぼドタキャンが発生することがなくなります。お店を予約する上で一番困るのはドタキャンが発生することですが、Dineでは現在ほとんどドタキャンが発生することはありませんので安心してレストランを予約することができます。

後は当日まで簡単なメッセージをしながら連絡を取り続け、当日のデートに臨みましょう。

Dineのデートのドタキャンを防ぐことのできる「Dineプロテクト」とは

Dineプロテクト機能とは、Dineのレストラン予約代行機能をしようしてレストランを予約する際、双方のクレジットカード登録が必要となる機能になります。万が一ドタキャンなどで当日/前日にキャンセルをした場合は、キャンセル料がかかり、双方のクレジットカードに支払いの請求がされます。

Dineではかつてドタキャンが横行していた時期がありましたが、このDineプロテクトを導入したことにより今ではほとんどドタキャンが発生することがなくなりました。デートの提案をする男性側も、ドタキャンがないと分かれば安心して利用することができますので、Dine全体の信頼性向上にも寄与した大成功の施策となっています。

Dineプロテクトは多くのレストランで導入されていますが、一部導入していないお店もありますので見分けることが必要です。レストラン一覧では価格帯マークの横に黄色の盾マークが表示されていれば加盟店です。その他、Dineプロテクトの加盟店であればレストラン詳細の備考に「キャンセル料」が発生することについて明記がされています。

Dineでマッチングを成立させるためのポイント

Dineでマッチングを成立させるためのポイント

Dineはハイクラス層が主に利用しているデート向けマッチングアプリです。Dineの利用が合う人は週2〜3回のデートの機会を簡単に得ることができますが、合わない人は全くデートできないということも良くあります。

Dineで相手とマッチングするためには、ポイントを押さえておくことがとても重要になります。下記にDineでのマッチングのポイントについてご紹介していきますので是非チェックしてください。

プロフィールはメイン写真とサブ写真を登録する

Dineで異性とマッチングするためには、一目見て魅力的だと感じることのできるメイン写真と、自分の多面的な魅力が伝わるサブ写真を登録することが大切になります。

写真をメイン写真1枚だけの登録にしてしまうと、相手になりすましではないかと疑われてしまうことにもなり、マッチング率が下がってしまう要因にもなってしまいます。そのため、Dineで異性とマッチングしたいと考える場合には、メイン写真と複数写真を複数枚登録することがとても大切になります。

自己紹介文で自分のことを網羅的に紹介する

Dineでマッチングするためには、必ずプロフィール文章をきちんと登録することが大切になります。Dineには検索条件を指定して異性を探す機能が充実していないため、相手のことを知るためには、相手のプロフィール文章を読み込むことが必要になります。

Dineのプロフィール文章をきちんと登録できていないと、異性から遊び半分で登録している人かもしれないと思われてしまい、マッチングを成立するのを躊躇われてしまう可能性があります。異性から信用してもらい、マッチングを成立してもらうためには、きちんとした内容と充実したボリュームのプロフィール文章を登録することは欠かせませんので気をつけましょう。

「デートに行きたいお店」をバランスよく選ぶ

Dineで異性からリクエストを受けてマッチングをするためには、相手が誘いたくなるレストランを登録しておくことが大切になります。

登録レストランはつい最高級のレストランばかりを登録しようとしてしまいがちですが、Dineでのマッチング率を高めるためには、価格帯はバランスをとって登録することが大切になります。ランチ時間帯にも利用しやすいお店や、本命の相手との食事デートに使いたい料理店など、登録可能な3店舗はバランスよく登録していく様にしましょう。

Dineの料金体系と会員プラン別できることの違い

Dineの料金体系と会員プラン別できることの違い

Dineはハイクラス層向けのマッチングアプリであるため、料金設定もかなり強気となってのみとなっています。一般的な恋活アプリの料金体系と比較しても、1.8倍程度高となっており、1ヶ月プランでは毎月6,500円かかるなど、Dineを有料会員として利用しているというだけでもステータスがつきそうな価格となっています。

また、Dineでは相手が有料会員であれば無料会員の方は、マッチング後にメッセージ交換をすることが可能となっています。そのため、男性会員であっても、女性が有料会員であれば無料で恋活をすることが可能です。ただし、基本的には男性が有料会員となり、女性が無料会員でマッチングするというパターンが多く、この点は他の恋活アプリと変わりはありません。

Dineの有料会員(Dine Gold)の料金体系とできるようになること

Dineの有料会員は「Dine Gold(ダインゴールド)」という名称となっており、男女共に登録することができます。DineはWebブラウザ版からの使用はできず、iPhoneアプリまたはAndroidアプリからの使用になり、OSによる料金体系の違いはありません。

Dine有料会員の料金体系は下記の様になっております。長期プランになると月あたりの料金は下がりますが、実際には半年もあれば十分にDineでの恋活を成功させることができますので、3ヶ月プランから6ヶ月プランを選ぶと良いでしょう。

料金プラン 月額料金 総額料金
1ヶ月プラン 6,500円 6,500円
3ヶ月プラン 4,800円 14,400円
6ヶ月プラン 3,800円 22,800円
12ヶ月プラン 2,900円 34,800円

なお、Dineの有料会員(Dine Gold)は自動更新契約となっており、契約の更新日までに解約手続きが完了されていないと、自動的に最初の契約と同じ期間が自動延長され、新しい課金が発生してしまうことになります。利用しなくても料金を支払うことが必要となってしまい、また返金なども受け付けていないため、もしDine有料会員であることを辞める場合には、きちんと解約手続きをすることが必要になります。

Dineの無料会員と有料会員(Dine Gold)のできることの違いは下記の通りです。大きな違いは、マッチング後のメッセージ交換を誰とでもできるようになるか、Dineのレストラン予約代行機能を使用できるかという点になります。また、Dine有料会員になると毎月Dineコインを30枚もらえるようになることも嬉しい特典です。

比較機能 無料会員 有料会員(Dine Gold)
プロフィール登録
検索条件設定
リクエスト
マッチング
無料会員とのメッセージ交換 ×
有料会員とのメッセージ交換
レストランの予約代行 ×
コイン付与 × ○0枚

Dienのオプションプラン(Dine Platinum)の料金体系とできるようになること

Dineには「Dine Platinum(ダインプラチナム)」というオプションプランが提供されており、Dineをより有利に、かつ便利に利用したい時におすすめです。「Dine Platinum」はオプションプランであるため、単独で契約しても有料会員(Dine Gold)になることで解放される機能は利用することができません。

そのため、Dineの有料会員(Dine Gold)になった後に、「Dine Platinum」に加入するかどうかを検討することとなります。「Dine Platinum」の料金体系は下記の通りです。

料金プラン 月額料金 総額料金
1ヶ月プラン 6,500円 6,500円
3ヶ月プラン 4,800円 14,400円
6ヶ月プラン 3,800円 22,800円
12ヶ月プラン 2,900円 34,800円

「Dine Platinum」に登録することで、下記のようなDineにおいて非常に有効な機能を使用することができるようになります。

  • 「TOP PICKS」の異性にリクエストを送ることができるようになる
  • 身バレを防げる「シークレットモード」を利用できるようになる
  • 毎月もらえるコイン数が30枚増える
  • スペシャルリクエストを送信できるようになる

特に「TOP PICKS」はDineの人気会員をログイン順に表示させることのできる機能で、Dineで自分から好みの異性を探すことのできる唯一の機能です。ハイクラス層向けのDineで人気会員となっている異性をチェックすることができますので、多くの人が魅力的だと感じる異性ばかりが表示されています。

「Dine Platinum」に加入することによって、「TOP PICKS」に表示される異性に対して「スペシャルリクエスト」を送信してアプローチすることができるようになりますので、本気でDineで活動していくことをお考えの方は、ライバルから一歩抜き出ることのできる「Dine Platinum」の利用をご検討ください。

Dineのコインの料金体系と使用できること

Dineには、「Dine Coins」というコイン制度が提供されています。Dineの有料会員と「Dine Platinum」に登録することで、それぞれ毎月30枚ずつ付与してもらえる他、有料で購入することもできます。Dine Coinsの料金体系は下記のようになっています。

コイン枚数 料金 1枚あたり料金
10枚 2,200円 220円
30枚 6,000円 200円
100枚 18,800円 188円
300枚 42,800円 143円

Dine Coinsは、主に異性への「スペシャルリクエスト」の送信や、「Today’s Picks」や「Dine Tonight」でアプローチすることのできる異性の数を増やすために使用することができます。

  • Today’s Picksに5人追加する(1枚)
  • Dine Tonightの募集を5人に追加で送信する(1枚)
  • Dine Tonightの募集を5人に追加で送信する(5枚)
  • スペシャルリクエストを送信する

Dine Coinsを活用することによって、Dineをより快適に利用していくことができるようになりますので、積極的に活用していくようにしましょう。

Dineの評判・口コミまとめ

Dineは国内で大人気のデート向けマッチングアプリです。デート前提のマッチングをすることができ、時間をかけることなくハイスペ層の男女との食事デートを楽しむことができます。他の恋活アプリでは中々デートにいけないハイスペ層との食事デートを簡単に実現することができるので、まずは食事デートをして互いの相性を知りたいと考えている方は、Dineの利用がとてもおすすめです。

本記事を参考にDineの利用が自分に合致しているか検討していただき、利用される場合には、どうぞ素敵なデートの時間を過ごしていってください。

↓↓↓さっそくdine(ダイン)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめデートアプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
Dine 恋活 「デートにコミット」がコンセプトのマッチングアプリ。素敵なお店で食事をしながら恋活をしたい人は、デート率が高いDineがおすすめです
東カレデート 恋活 アッパー層向けマッチングアプリ。男性は30歳以上の年収1,000万超えクラスがスタンダード。女性は芸能系など目を疑うような美人が多い。審査が厳しいが一度は挑戦する価値あり

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます