マッチングアプリに既婚者はいる?特徴と見分け方を解説

マッチングアプリに潜む既婚者の特徴

マッチングアプリを利用する時には、「既婚者」の存在に注意することが必要です。

恋活や婚活に人気のマッチングアプリですが、独身証明書の提出義務がないサービスでは、既婚者が利用している可能性があります。

本記事では、マッチングアプリに潜む「既婚者」について下記のポイントでご紹介していきます。

  • マッチングアプリに既婚者はいるのか
  • 既婚者のプロフィールの特徴
  • 既婚者のメッセージの特徴
  • 既婚者のデートの特徴
  • 既婚者と遭遇した時の対処方法

本記事をお読みになって頂くことで、マッチングアプリに潜む既婚者を見抜きやすくなり、より安全に恋活・婚活に取り組めるようになるでしょう。

マッチングアプリに既婚者がいるのではと不安に感じている方は、本記事を参考にしてください。

マッチングアプリに「既婚者」はいる?

マッチングアプリに「既婚者」はいる?

マッチングアプリは、独身男女が恋活・婚活目的で利用するサービスです。

そのため、どのマッチングアプリの利用規約を見ても、「既婚者の登録」は禁止されています。

しかし、既婚者の新規登録を本当に防げるかは、利用規約での禁止と別問題です。

既婚者がいるマッチングアプリと、いないマッチングアプリで何が違うのか、次の項目で見ていきましょう。

1.独身証明書の提出機能があるか

独身証明書」は、地方自治体が発行する「戸籍上、独身であることを証明する公的証明書」のことです。

結婚相談所などでは提出が必須となっており、利用者が独身であることを保証してくれます。

独身証明書の提出機能があるマッチングアプリを選べば、既婚者と出会う心配はありません。

独身証明書の提出機能があるマッチングアプリ

独身証明書の提出機能があるマッチングアプリは次の通りです。

アプリ 目的 有料必須 独身証明書
男性 女性
ユーブライドユーブライド 婚活 任意
ブライダルネットブライダルネット 婚活 任意
マッチドットコムマッチドットコム 婚活 任意
ペアーズエンゲージペアーズエンゲージ 結婚相談所 必須

一部の老舗婚活サイトでは、任意ではありますが独身証明書の提出機能が提供されています。

独身証明書必須のサービスで安心して婚活をしたい方には、結婚相談所の方が向いているかもしれません。

結婚相談所の中でも、最近は店舗を持たない「オンライン結婚相談所」の人気が出てきており、リーズナブルな価格で本気の婚活をすることができます。

自分に合う結婚相談所がないか、「国内人気結婚相談所の徹底比較」の記事を参考に探してみてください。

独身証明書の提出機能がないマッチングアプリ

独身証明書の提出機能がないマッチングアプリは次の通りです。

アプリ 目的 有料必須 独身証明書
男性 女性
ペアーズペアーズ 恋活/婚活 ×
OmiaiOmiai 恋活/婚活 ×
withwith 恋活 ×
ゼクシィ縁結びゼクシィ縁結び 婚活 ×
マリッシュマリッシュ 再婚活 ×
DineDine デート ×
東カレデート東カレデート デート ×

人気の恋活・デート向けのマッチングアプリでは、独身証明書の提出機能はありません。

利用者の中に既婚者が混ざっている可能性があるため、既婚者の特徴を理解し、自分で見抜けるようにすることが大切になります。

本記事で、既婚者の「プロフィール」「メッセージ」「デート」の特徴をご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

また、より安全に利用できるマッチングアプリを見つけたい方は、「安全に利用できる人気おすすめマッチングアプリの比較記事」を参考にしてください。

1.既婚者のプロフィールの特徴

マッチングアプリに潜む「既婚者」のプロフィール情報の特徴

既婚者のプロフィールの特徴は次の通りです。

  • 顔写真の一部が途切れている
  • 車内での自撮り写真を登録
  • 登録項目が少ない
  • Facebookの交際ステータスが既婚
  • 勤務地が都心なのに自宅が郊外
  • 「結婚に対する意思」がわからない/未記入
  • シークレットオプションを利用している

プロフィール情報でお相手が既婚者であると見抜ければ、既婚者とマッチングすること自体を回避できます。

既婚者のプロフィール情報の特徴について具体的に確認していきましょう。

1-1.顔写真の一部が途切れている

既婚者は、知り合いや家族にマッチングアプリの利用がバレないよう、ハッキリと顔が分かる写真は登録しません。

顔写真を登録する場合も、顔の一部が何かで隠されていたり、写真が途中で途切れているものが多いです。

顔がハッキリ見えない写真を登録している相手とは会わないようにした方が安全です。

マチアプ編集部マチアプ編集部
顔がはっきり見えない写真を登録している人は、マッチングアプリの利用の真剣度が高くありません。既婚者でないにせよ、会わない方が良いでしょう。

1-2.車内での自撮り写真を登録

既婚者は、マッチングアプリの利用を少しでも周囲に感づかれないように気を配ります。

車内はプライベート空間であるため、自撮り写真を繰り返しても、撮影しているところを周囲に見つかる心配はありません。

そのため、プロフィール写真を、車内で撮影した自撮り写真にしている既婚者は多いです。

一般的に、「自撮り」や「暗い場所」でのプロフィール写真は、異性から良い印象をもらいにくいです。

そのため、車内の自撮り写真を1枚目に登録しているお相手は、何か理由があるということになります。

マチアプ編集部マチアプ編集部
特に男性会員は、車内での自撮り写真を使うことが多いです。この場合も、恋活や婚活のお相手として適切ではないので、会わない方が賢明です。

1-3.登録項目が少ない

既婚者は、マッチングアプリのプロフィール項目の登録数が少ない傾向があります。

マッチングアプリで真面目に恋活・婚活をしている人は、プロフィールが充実しています。

そのため、プロフィールがスカスカな人は、既婚者や業者など、丁寧さよりも時間効率を優先したい迷惑な利用者である可能性が高いです。

1-4.Facebookの交際ステータスが既婚

マッチングアプリを通じて出会ったお相手と仲良くなってくると、お相手の本名などを聞き出せる場合があります。

本名などからお相手のFacebookアカウントを発見した場合には、念の為交際ステータスを確認してみると良いでしょう。

ここが「既婚」になっている場合は、相手がどんな言い訳をしても、その時点で関係を断つようにした方が望ましいです。

1-5.勤務地が都心なのに自宅が郊外

子持ちの既婚者は、広い間取りが必要となることが多いです。

そのため、職場が都心なのに、自宅が郊外で間取りが広い場合には、相手が既婚者である可能性があります。

それとなく、住んでいるエリアや家の間取りなどを確認して見るのがおすすめです。

1-6.「結婚に対する意思」がわからない/未記入

マッチングアプリのプロフィール項目の中には、「結婚に対する意思」という項目がある場合が多いです。

このプロフィール項目は、希望する結婚時期を回答するもので、お相手は結婚に対する本気度を知ることができます。

既婚者は、ここで「分からない」や「未記入」である場合が多いです。

特に婚活アプリで上記の回答をしている場合には、既婚者であることを疑うようにしましょう。

1-7.シークレットオプションを利用している

シークレットオプション」とは、身バレを防止するための機能です。

「プライベートモード」など名称はマッチングアプリによって異なり、月額料金がかかるオプションプランとして提供されていることが多いです。

シークレットオプションの効果は次の通りです。

  • 「いいね」または「マッチングが成立済み」の相手にしか自分が表示されなくなる
  • 相手のプロフィールを見ても足跡が残らなくなる

異性の検索結果などの画面に自分が表示されなくなるため、知り合いにマッチングアプリの利用がバレなくなります。

既婚者は、マッチングアプリを利用していることがバレると大問題になるため、浮気目的で利用する場合は、ほぼ100%この機能を利用しています。

シークレットオプションが提供されているマッチングアプリは次の通りです。

アプリ 目的 名称 月額料金
ペアーズペアーズ 恋活/婚活 プライベートモード 2,980円
withwith 恋活 プライベートモード 2,900円~
*VIPオプション
タップルタップル 恋活 透明マント 980円~
*有料カード100枚
ゼクシィ縁結びゼクシィ縁結び 婚活 シークレットモード 4,378円~
*プレミアムオプション

上記のアプリを利用する場合には、お相手の「いいね数」を確認しましょう。

「いいね数」が少ない場合はシークレットオプションを利用している可能性があります。

シークレットオプションを利用している全ての人が既婚者である訳ではないですが、可能性はありますので、他の既婚者の特徴もチェックして警戒することが大切です。

2.既婚者のメッセージ・連絡の特徴

マッチングアプリに潜む「既婚者」のメッセージの特徴

既婚者のメッセージ・連絡の特徴は次の通りです。

  • マッチング後すぐに会おうとする
  • 土日や平日夜に連絡が取りづらい
  • 電話に出ない
  • LINEではなくカカオトークを利用しようとする

メッセージの特徴を理解しておくことで、マッチングした相手が既婚者であると見抜きやすくなります。

実際に会う前に相手が既婚者だと判断できるように、連絡の特徴について具体的に確認していきましょう。

2-1.マッチング後すぐに会おうとする

マッチングアプリに潜む既婚者の利用目的は「体関係」です。

誠実な関係を構築していこうとは考えておらず、ガードの緩い相手と、都合の良い関係を構築したいと考えています。

マッチング直後にすぐ会うことを提案するのは、既婚者にとって次のメリットがあります。

  • 相手のガードの固さが分かる
  • 成功すればすぐに会える

上記のような理由から、既婚者はすぐに会うことを提案してくるケースが多いです。

ヤリモクも同様の理由でマッチング直後に会うことを提案してきますので、十分に注意するようにしましょう。

マチアプ編集部マチアプ編集部
マッチング後、すぐ会うことを提案してくる相手とは、会わないようにした方が良いです。

2-2.土日や平日夜に連絡が取りづらい

既婚者は、土日や平日夜は家族と一緒に過ごしており、マッチングアプリの利用に時間をかけることはできません。

相手の休日や平日夜に連絡が取りづらい場合は、既婚者である可能性があります。

あなたと将来の結婚に向けて誠実な関係を構築していこうと考えているならば、忙しい中でも返信してくれるはずです。

マチアプ編集部マチアプ編集部
マッチングアプリでは、お相手との「信頼関係」がとても大切です。相手に対して信頼できないと感じる部分があれば、違う人を探した方が良いでしょう。

2-3.電話に出ない

マッチングアプリにいる既婚者は電話でのコミュニケーションを回避しようとする傾向があります。

電話は、「浮気がバレてしまう大きな原因の一つ」であるため、浮気相手に対しては、「電話嫌いなんだよね」などといって、電話をかけさせないようにする人が多いです。

電話しても出てくれないことが多い人は、既婚者かもと疑うようにしましょう。

2-4.カカオトークを利用しようとする

メッセージ交換をするツールとして、カカオトークを提案してくる人も疑いましょう。

LINEは家族に見られてしまうことがあるため、浮気相手との連絡はカカオトークにしようとする人もいます。

3.既婚者のデートの特徴

マッチングアプリに潜む「既婚者」のデートの特徴

既婚者のデートの特徴は次の通りです。

  • 相手側での家デートを断る
  • ホテルかこちらの家でのデートが多い
  • 誕生日やクリスマス、連休に会えない
  • 自宅住所や勤務先など個人情報を教えてくれない
  • 左手薬指に指輪の跡がある

デートでの既婚者の行動の特徴を理解しておくことで、早い段階で相手が既婚者であると疑えるようになります。

既婚者のデートでの特徴について詳しくご紹介していきます。

3-1.相手側での家デートを断る

マッチングアプリで出会った相手と交際を重ねていく中で、「相手の家での家デートを提案しても断られる」場合には、既婚者である確率がグッと高くなります。

相手が「実家だから」などの言い訳をした場合には、「最寄り駅」を聞くなどしてみましょう。

既婚者は、自分の職場や住所などの個人情報がバレないように注意をしています。

そのため、詳しい住所を教えてくれることは少ないです。

3-2.ホテルかこちらの家でのデートが多い

デート場所も、ホテルやあなたの家での家デートが多く、毎回関係を持つような場合には、既婚者かヤリモクであると考えられます。

マッチングアプリは、互いのことを知らない状態で関係が始まるため、まずは会話が多くできるデートを重ねることが大切です。

毎回体の関係を求めてくる場合は、あなたと誠実に向き合おうとは考えていない可能性が高いでしょう。

マチアプ編集部マチアプ編集部
出会いがマッチングアプリだからこそ、誠実に相手と向き合うことが大切です。毎回体の関係を求めてくる場合は、既婚者かヤリモクである可能性が高いです。

3-3.誕生日やクリスマス、連休に会えない

既婚者は、相手の誕生日やクリスマスなどのイベント、大型連休などは家族と過ごします。

そのため、恋人同士であれば一緒に過ごすはずのこれらの日に、会うことも連絡を取ることもできません。

既婚者ではなく、浮気や遊び目的で利用している可能性もありますが、いずれにせよ良いお相手とは言えません。

マチアプ編集部マチアプ編集部
イベントや記念日に会えない場合は、相手に別の大切にしたい本命の相手がいると考えられるでしょう。

3-4.自宅住所や勤務先など個人情報を教えてくれない

相手と暫くお付き合いを重ねても、自宅住所や勤務先など、身元特定に繋がる情報を一切教えてくれない場合も、既婚者であることを疑いましょう。

身元が相手に把握されると、既婚者だとバレてしまった時にプライベートに影響が出るトラブルに発展します。

このトラブルを避けるために、既婚者は個人情報をまず教えてくれません。もしくは嘘の情報で誤魔化そうとしてきますので注意してください。

マチアプ編集部マチアプ編集部
ある程度の信頼関係が構築できてきたら、互いのプライベートな情報も共有していきます。それがない場合は、相手がどこかで裏切ろうとしている可能性があります。

3-5.左手薬指に指輪の跡がある

結婚指輪を普段つけている人は、指輪の跡が残ってしまうものです。

相手の左手薬指に指輪の跡がある場合には、もはや既婚者確定であると考えることができるでしょう。

恋人同士であれば、相手の手をじっくり観察する機会も訪れます。

既婚者かもと疑っている場合には、指輪の跡がないかチェックしてみてください。

マッチングアプリで既婚者と遭遇した時の対処方法

マッチングアプリに潜む「既婚者」と遭遇した時の対処手順

マッチングアプリで、万が一お相手が既婚者だと判明した場合は、次の手順で対応していきましょう。

  • 証拠はできるだけ残しておく
  • 弁護士先生に相談する
  • 運営に通報・ブロックする

相手が既婚者である場合、相手の配偶者から、あなた自身も加害者だと認識される可能性があります。

思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、適切に対応をしていきましょう。

1.証拠はできるだけ残しておく

マッチングアプリでお相手が既婚者かもと疑った段階で、次のことを証明できる証拠を残しておきましょう。

  • 相手が既婚者であることを知らなかった
  • 既婚者であることが判明した段階ですぐに関係を絶った

方法としては、「スクリーンショット」や「録音」があります。

しかし、録音は相手の顔が映っていないため、証拠として成立しない可能性もあります。

そのため、メッセージ交換で「念の為確認してくけど、既婚者じゃないよね?」などと聞いておき、相手の返答をスクリーンショットで保存しておく、などの対応がおすすめです。

2.弁護士先生に相談する

相手が既婚者であると判明した際、弁護士先生に相談することをおすすめします。

弁護士先生に相談するメリットは次のものがあります。

  • 身を守るために必要な証拠の確認ができる
  • 場合によっては賠償請求の相談ができる

相手の配偶者の訴えから自分を守る」「相手に賠償請求を行う」いずれの場合でも、法律のプロである弁護士先生に相談をすることで、必要な行動を明確にすることができます。

一人で悩むよりも、専門家に相談して対応する方が確実です。

ただし、弁護士先生への依頼は、当然ながら費用がかかります。

依頼費用が出せない場合は、「法テラスの無料相談」を受けられる場合がありますので、確認してみてください。

3.運営に通報・ブロックする

最後に、運営に対して違反報告を行い、相手をブロックするようにしましょう。

違反報告をすることで、運営会社によって事実確認の調査が実施されます。

相手が既婚者であると運営の調査で判断されれば、利用規約違反となり、強制退会の措置が取られます。

強制退会となったお相手は、ブラックリストに登録され、2度とそのマッチングアプリを利用することができなくなります。

マッチングアプリの安全性を高めることにも繋がりますので、既婚者を見つけたら、すぐに通報するようにしましょう。

既婚者のいないおすすめマッチングアプリ4選

ここからは、独身証明書の提出機能がある「既婚者のいないマッチングアプリ」をご紹介します。

  • ペアーズエンゲージ
  • マッチドットコム
  • ユーブライド
  • ブライダルネット

絶対に既婚者と会わないマッチングアプリを使いたい方は、次のマッチングアプリの中から、自分に合うものを探していきましょう。

1.ペアーズエンゲージ

ペアーズエンゲージ公式サイト

ペアーズエンゲージは、オンライン型の結婚相談所です。

独身証明書だけでなく、収入証明書や学歴証明書などの提出も必須となっており、お相手のプロフィール情報の信頼度が非常に高いです。

結婚相談所ではありますが、毎月1万円以下のリーズナブルな価格体系で利用できますので、真剣に婚活に取り組みたい方におすすめです。

専属コンシェルジュのサポートも充実しており、初めての婚活にも向いていますので、一度チェックしてみてください。

2.マッチドットコム

マッチドットコムの評判

マッチドットコムは、世界最大級の婚活サイトで、日本国内にも250万人の利用者がいます。

男女共に有料会員になることが前提であるため、真剣に婚活に取り組みたい人にオススメの婚活サービスです。

各種証明書の提出は任意ではありますが、独身証明書以外にも「収入証明」や「勤務先証明」、「卒業証明」など証明機能が充実しています。

証明機能で認証されたお相手とだけマッチングしていけば、既婚者と会わずに婚活を進めていくことが可能です。

本格的に婚活に取り組もうと考えている方は、マッチドットコムが非常におすすめですので、一度チェックしてみてください。

3.ユーブライド

ユーブライド成婚実績

ユーブライドは、国内最大級の会員数を誇る老舗婚活サイトです。

累計会員数が200万人弱まで迫っており、20代後半から40代前半の幅広い年齢層のお相手と出会うことができます。

独身証明書の提出は任意ではありますが、本気で婚活に取り組んでいるお相手は証明書を提出しているので、証明書の有無でお相手の本気度を見分けることができます。

また、プロフィールに年収700万円以上を登録する場合には「収入証明」も必須となるため、お相手の情報の信頼度も高めです。

30代以降で婚活を考えている方には「ユーブライド」がおすすめです。

4.ブライダルネット

ブライダルネットの特徴

ブライダルネットは、男女共に有料会員登録が必須の婚活サービスです。

会員登録時点で有料会員になる必要があるため、婚活への本気度が高い人しかおらず、快適に婚活を進めていくことができます。

提出は任意ではありますが、「独身証明」や「年収証明」、「学歴証明」の証明書機能があります。

婚活サイトには非常に珍しく、専任のコンシェルジュである「婚シェル」がつき、丁寧にサポートしてくれます。

リーズナブルな料金体系で、充実したサポートを受けながら婚活をしたい方は「ブライダルネット」をチェックしてみてください。

マッチングアプリの既婚者まとめ

本記事では、マッチングアプリに潜む既婚者について、下記のポイントでご紹介してきました。

  • マッチングアプリに既婚者はいるのか
  • 既婚者のプロフィールの特徴
  • 既婚者のメッセージの特徴
  • 既婚者のデートの特徴
  • 既婚者と遭遇した時の対処方法

全てご覧になって頂いたことで、マッチングアプリに潜む既婚者の特徴と見抜き方をマスター頂けたかと思います。

独身証明書の提出義務のないマッチングアプリを利用する時には、相手の中に既婚者がいる可能性があると疑うことが大切です。

もし万が一既婚者と遭遇してしまったときは、証拠を残し、必要があれば弁護士先生に相談をして、適切な対応を取ることが大切です。

迷惑な既婚者に恋活や婚活を邪魔されないよう、本記事を参考にして頂きながら、より安全にマッチングアプリの利用をしていってください。