Dineのサクラ/業者/既婚者/ヤリモク/パパ活など要注意人物への対策方法まとめ

Dineのサクラ/業者/既婚者/ヤリモク/パパ活など要注意人物への対策方法まとめ

Dineにサクラはいませんが、業者/既婚者/ヤリモク/パパ活など要注意人物が存在する可能性は否定することができません。そのため、Dineを安全に利用するためには、自分で業者などの要注意人物を見分けられるようにすることが大切になります。基本的にはDineは安全なマッチングアプリであり、業者などの数も少ないです。しかし、より安心してDineを利用するためにも、要注意人物の種類と特徴を理解し、万が一遭遇した時に判別できるようにしておきましょう。

本記事では、Dineにいる要注意人物について、サクラ/業者/既婚者/ヤリモク/パパ活などの種類と特徴、Dineで要注意人物と遭遇した場合の対処方法についてご紹介していきます。Dineを安全に利用していきたいという方は、本記事を参考にしてみてください。

本記事を読むと分かること

  • Dineにはサクラはいないが、業者/既婚者/ヤリモク/パパ活など要注意人物が存在する可能性はある
  • 通報と強制退会のシステムがあることで、要注意人物はどんどんDineから除外されていっている
  • もしも実害にまで及んでいる場合には、警察や弁護士先生にも相談することが大切

↓↓↓↓↓まずはdine(ダイン)を見てみる↓↓↓↓↓

Dineのサクラ/業者等を防ぐ安全性対策

Dineのサクラ/業者等を防ぐ安全性対策

Dineは、ハイスペ男性とハイクラス女性に人気のデート向けマッチングアプリです。Dineを利用する上で気になることはサービスの安全性やサクラや業者がいるかという点です。まずは、Dineのサクラや業者を防ぐための安全対策について見ていきましょう。

年齢確認手続き

Dineで異性と食事デートに行くためには、必ず18歳以上であることを証明する年齢確認手続きを完了していなければなりません。年齢確認手続きは、免許証などの公的身分証を提出することになりますが、一部でも隠していると審査に通過することができないため、年齢だけでなく、身元確認にも適用されており、この手続きがあることによって業者などの迷惑な利用者が蔓延することを防いでいることができています。

通報制度&強制退会システム

Dineには、業者や既婚者などの迷惑行為をする利用者に対しては、運営に企業に対して違反報告の通報をすることができます。通報をし、運営の事実調査によって通報内容が事実であると判断されれば、相手に対して警告や強制退会などの措置が取られます。

もし一度Dineを強制退会になれば、以後、Dineの年齢確認手続きの審査で通過することがなくなりますので、二度とDineを通じて異性と食事デートにいくことができなくなります。

Dineに業者などの迷惑行為をする利用者が少ない大きな要因はここにあり、業者等の新規流入を完全に防ぐことは全てのマッチングアプリにおいて難しいのが現状ですが、一度問題が発生した相手の再登録を予防することで、Dineの安全性がどんどん高まり続けていっています。

Dineにサクラはいない

また、Dineにはサクラは存在しません。サクラは運営企業が雇ったサービスの利用促進を目的に他者に関わる人のことですが、サクラユーザーは存在しないため、安心してDineで異性とマッチングをして食事デートをすることができます。

「友達と一緒に」を活用して複数人で会う

Dineは食事デートのマッチングをすることができ、マッチングからデートまで、他の恋活アプリとは異なり、あまりメッセージ交換をしなくても進めていくことができます。他の恋活アプリに慣れているとこの短縮手順に対して不安を感じる事もあるかもしれません。

Dineでは、ファーストデートについて「友達と一緒に」という選択肢があり、合コン形式でのファーストデートを希望することができます。一人で行くのに不安を感じるような場合には、複数人でファーストデートをするのが良いでしょう。

Dineプロテクトでお店を予約する

Dineの迷惑行為をする人の中には「ドタキャン」がいますが、Dineプロテクトが導入されたことにより、今ではDineを通じてドタキャンが発生することはほとんどなくなりました。

Dineプロテクトはレストランの予約をする際に両者のクレジットカードを登録し、ドタキャンが発生した場合はキャンセルポリシーに基づいてクレジットカードにキャンセル料が請求されるというものです。金銭的なペナルティが課されるため、本当に食事デートをしたい相手としかマッチングしなくなる環境になっています。

Dineにいる業者/既婚者/ヤリモク/パパ活などの要注意人物の種類

Dineにいる業者/既婚者/ヤリモク/パパ活などの要注意人物の種類

Dineにいるる業者/既婚者/ヤリモク/パパ活などの要注意人物の被害に遭遇しないためには、要注意人物達にどのような種類の人がいるのかを理解しておくことが大切になります。

Dineの要注意人物の種類を理解しておくことで、実際に遭遇した時に危険を嗅ぎ分けることができるようになりますので、下記を参考にしてください。

商用目的の業者

Dineには、商用目的の業者がいる可能性があります。業者の中には高額商品の販売をしようと色恋営業をかけてくる業者が存在します。

このタイプの業者は、仲良くなってから実行してくるタイプと、ファーストデートで実行してくるタイプに分かれるため、実際にお付き合いをした後もある程度は相手に対して警戒心を持っておくことが必要になります。身元がしっかりと確認されていれば、商用目的の業者でない可能性が高くなりますので、相手の職業や仕事についての質問をし、業者ではないことを確認すると良いでしょう。

ネットワークビジネス等への勧誘目的の業者

Dineには、ネットワークビジネスなどへの勧誘目的の業者がいます。恋活目的ではなく、勧誘目的で色恋をしてくるため、このタイプの相手に時間を使ってもただただ無駄になるだけです。

勧誘目的の業者はファーストデートから勧誘をしてくることが多く、そのためDineのファーストデートにはある程度の警戒心を持ちながら利用することが大切になります。

Dineはハイスペ男性・ハイクラス女性が多く利用しているため、業者に引っかかるようなリテラシーの低い人はあまり多くありません。そのため、業者としても業者行為をするのにDineは適したマッチングアプリであるとは言えませんが、業者の数としてはゼロではありませんので、Dineを利用する際には注意しておくようにしましょう。

パパ活・ママ活目的の利用者

Dineでは、パパ活・ママ活目的の利用者も一部存在します。しかし、パパ活は利用規約で禁止されている行為であり、発覚すれば警告や強制退会の対象となってしまいます。そのため、ご飯を奢ってもらうことだけを目的としたメシモクに近い、ナチュラルパパ活となっている人が多いです。

その分においてはDineの利用目的と近いところがあり、あまり表立って問題であるとは言えないかもしれません。ただし、本格的なパパ活をDineでするのは難しいので、パパ活やママ活を目的に活動するのであれば、その目的に合ったサービスを利用すると良いでしょう。

ヤリモク

Dineにはヤリモクも一定数存在しますので注意が必要です。特にDineでは、ファーストデートから雰囲気のあるロマンティックなお店でのディナーデートになることも多いため、通常の恋活よりも注意して利用することが必要となります。

少なくともファーストデートは約束したレストランで一度終了するようにしましょう。

既婚者

Dineは独身者のための食事デートアプリであるため、既婚者の利用は禁止されています。しかし、独身証明書の提出が義務化されている訳ではありませんので、相手が既婚者である可能性はゼロではありません。特に年齢が30代後半以降となると、既に相手が結婚している可能性もあり、浮気相手探しの目的でDineを利用していることも考えられますので、注意深く観察することが大切になります。

なりすまし

Dineでは、プロフィール写真に越の人物の写真を登録する「なりすまし」ユーザーもいます。なりすましとマッチングをしても、実際にデートに行くことができることは少ないため、避けることが大切です。相手の自己紹介文などから本当に真剣にDineを利用しているユーザーなのかを確認し、なりすまし行為に騙されないようにしましょう。

ドタキャン

Dineはデート向けマッチングアプリであり、食事デート前提でのマッチングとなり、メッセージ交換をほとんどしなくても相手と食事デートに行くことができます。この気軽さからかつてはドタキャンが発生しており、キャンセル料の支払いなどの実害を受けている男性が多くいました。しかし、現在はDineプロテクトが導入され、ほとんどドタキャンが発生することはありません。

ただしドタキャン発生率はゼロではありませんので、前日にリマインドを送るなどし、ドタキャンを防ぐ努力をすることが大切です。

Dineで業者/既婚者/ヤリモク/パパ活などの要注意人物と遭遇した場合の対策方法

Dineで業者/既婚者/ヤリモク/パパ活などの要注意人物と遭遇した場合の対策方法

Dineでは、業者/既婚者/ヤリモク/パパ活などの要注意人物と遭遇した場合には、順序を守って冷静に対応することが大切です。

実害がある場合にはまず警察や弁護士先生に相談する

もしもDineを通じて出会った要注意人物から、実害のある被害を既に受けている場合には、警察や弁護士先生に相談し、今後の対応方針を決めることから始める必要があります。一人で立ち向かうのは危険ですし、心細い点もありますので、警察や弁護士先生にまずは味方になってもらうようにしましょう。

運営に通報する

次に、Dineで違反行為をしていた利用者を、運営に通報をして対処してもらうことが必要です。通報内容が運営の調査によって事実だと判定してもらえれば、警告や強制退会などの措置を取ってもらうことができるようになります。

Dine全体の安全性向上にも寄与しますので、必ず通報はしておくようにしましょう。

相手をブロックする

Dineで相手を通報した後は、相手のプロフィールからブロックの手続きをします。ブロックをすることによって、「マッチを解除しました」と表示され、今後相手から自分のプロフィールにアクセスすることはできなくなり、メッセージを送ることもできなくなります。

Dineのサクラ/業者/既婚者/ヤリモク/パパ活などの要注意人物まとめ

Dineを利用する上で注意しなければならないのが、サクラ/業者/既婚者/ヤリモク/パパ活などの要注意人物です。Dineにサクラはいませんが、業者などの要注意人物は存在しますので、相手が迷惑行為をする人なのではないかは自分で見極められるようになることが必要です。

Dineでの要注意人物の種類を理解することで、実際に遭遇した時に判別しやすくなりますので、本記事を参考にして、Dineを安全に利用できるようにしていってください。

↓↓↓さっそくdine(ダイン)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめデートアプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
Dine 恋活 「デートにコミット」がコンセプトのマッチングアプリ。素敵なお店で食事をしながら恋活をしたい人は、デート率が高いDineがおすすめです
東カレデート 恋活 アッパー層向けマッチングアプリ。男性は30歳以上の年収1,000万超えクラスがスタンダード。女性は芸能系など目を疑うような美人が多い。審査が厳しいが一度は挑戦する価値あり

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます