with(ウィズ)にサクラや業者はいる?withの要注意人物のタイプと見分け方、対処方法

with(ウィズ)にサクラや業者はいる?withの要注意人物のタイプと見分け方、対処方法

with(ウィズ)は真剣に恋活・婚活に取り組んでいる利用者の割合が非常に高い恋活・婚活マッチングアプリで、サクラもいないため安全にサービスを利用することができます。しかし、業者や要注意人物は少数ながら存在するため、with(ウィズ)で安全に恋活や婚活をするためには、業者や要注意人物の特徴を理解して見分けられるようにしておくことが大切になります。

本記事では、with(ウィズ)にサクラや業者はいるのかについての検証、業者や要注意人物の種類、見分け方、対処方法についてご紹介していきます。with(ウィズ)をより安全に利用していきたい方は、本記事を参考にしてみてください。

本記事を読むと分かること

  • with(ウィズ)は上場企業運営の安全なマッチングアプリであり、サクラは存在しない
  • with(ウィズ)には業者や既婚者などの要注意人物が存在するため、特徴を理解して見分けられるようにしておくことが必要
  • with(ウィズ)で万が一業者や要注意人物に遭遇した時には、実害があれあ警察や弁護士先生に相談し、運営への違反報告・ブロックをする

↓↓↓↓↓まずはwith(ウィズ)を見てみる↓↓↓↓↓

with(ウィズ)にサクラや業者はいる?

with(ウィズ)にサクラや業者はいる?

with(ウィズ)を利用する上で気になる点は、サクラや業者がいないかという点です。もしもサクラや業者が蔓延している状態であると、マッチングが成立しても恋活や婚活には繋がらず、無駄な時間とお金を消費してしまうばかりとなります。with(ウィズ)で本当に恋活や婚活を成功するためには、まずサクラや業者がいないことを確認することが大切です。

with(ウィズ)にはサクラはいない

まず、with(ウィズ)にサクラは存在しません。サクラは運営企業に雇われた他の利用者の利用促進をすることが目的の人ですが、with(ウィズ)ではサクラは使用する必要はなく、また運営企業が上場企業であるためサクラを雇うリスクが大きすぎるため、必要性もなく、メリットもなければ、サクラを雇うという行為に至ることはありません。

with(ウィズ)には業者や要注意人物は少数ながらいるので注意が必要

with(ウィズ)では、業者や既婚者、ヤリモクなどの恋活・婚活目的以外でサービスを利用することは利用規約で禁止されていますが、登録時点では相手が業者であると判定することはできないため、少数ながら業者や要注意人物が存在しています。

ただ、with(ウィズ)には通報と強制退会のシステムがあり、一度強制退会となった人は二度とwith(ウィズ)の年齢確認手続きの審査が通らなくなり、with(ウィズ)を通じて異性とメッセージ交換やデートをすることができなくなります。

この制度があることによって、with(ウィズ)ではほとんど業者や要注意人物に遭遇することがなくなっています。もしwith(ウィズ)を利用する中で業者や要注意人物に遭遇することがあれば、運営への違反報告は忘れずに行いましょう。

with(ウィズ)いる業者や要注意人物のタイプ

with(ウィズ)いる業者や要注意人物のタイプ

with(ウィズ)で業者や既婚者などの要注意人物に遭遇しないようにするためには、with(ウィズ)に存在する要注意人物のタイプについて理解しておくことが大切になります。

どのようなタイプの要注意人物が存在するのかを理解しておくだけでも、実際に遭遇したときに気付きやすくなり、被害に遭うのを防ぐことができます。

商用・ビジネス目的

with(ウィズ)では、商用・ビジネス目的の業者が存在します。高額商品をローンで購入するように迫ってきたり、何らかの金銭的やりとりを要求してくるタイプの利用者がこのタイプに該当します。

with(ウィズ)は恋活・婚活アプリになりますので、いかなる場合においても相手に対して金銭が動くような行為をすることはありません。そのため、相手が金銭的動きのある要求をされた場合には、残念ながら業者であったと判断するようにしましょう。

勧誘目的(ネットワークビジネスなど)

with(ウィズ)の業者には、ネットワークビジネス等への勧誘を目的とする業者も存在します。いわゆる色恋営業であり、自分の利益のために異性を怪しいセミナーに勧誘したり、謎の幹部を紹介してきたりする手口がこのタイプの業者の特徴です。

勧誘目的の業者は一番タチが悪いので、すぐに関係性を断つようにしましょう。

個人情報取得目的(別サイトへ誘導)

with(ウィズ)には個人情報取得目的の業者も存在します。with(ウィズ)でメッセージ交換を続けていると、突然何らかの理由をつけて他サイトのURLが送られてきて、今後のやり取りはこちらで、などと言ってきます。

このサイトにアクセスをしたり、間違って会員登録などをしてしまうと、相手に個人情報を盗まれてしまいますので気をつけるようにしましょう。

既婚者・ヤリモク・セクハラ

with(ウィズ)には、既婚者やヤリモク・セクハラ行為をする人も存在します。特に既婚者は相手の不倫活動に巻き込まれてしまい、金銭的リスクも発生してしまいますので、絶対に関わりを持たないようにすることが大切です。

with(ウィズ)を利用していく中で、多くの魅力的な異性とデートをすることができるようになりますが、相手との距離感は間違えないようにすることがとても大切です。

パワハラ

with(ウィズ)では、タイプではない異性からのアプローチも多くあります。相手にしている時間はないため、基本的には本命の相手以外にはあまり時間は使わず、メッセージがきてもスルーし、しつこければブロックや非表示をします。

毎日数十人の人からのアプローチを、一人一人丁寧に対応していくことは難しいため、with(ウィズ)などのマッチングアプリを利用する人にとっては常識的な対応ですが、場合によっては冷たくされたことに怒りを感じ、誹謗中傷をしてくる人も中にはいます。このタイプの人は、自分の思い通りに進んでいかないと爆発するタイプであることが多いので、やはり関わりを持たないようにできたことに嬉しさを感じるべきでしょう。見つけたらすぐに通報して強制退会となってもらいましょう。

なりすまし

with(ウィズ)の会員の中には、自分とは違う人の顔写真を利用している「なりすまし」のユーザーがいます。なりすましユーザーは遊び半分でwith(ウィズ)を利用しているため、マッチングを成立し、メッセージ交換を続けても、実際にデートすることはできません。恋活・婚活の相手候補にすることは難しいので、このタイプの相手は関わるだけ時間の無駄となってしまいます。

with(ウィズ)の業者や要注意人物の特徴と見分け方

with(ウィズ)の業者や要注意人物の特徴と見分け方

with(ウィズ)で業者や要注意人物に遭遇しないようにするためには、相手の行動の特徴を理解し、真面目に恋活・枯渇に取り組んでいる人と見分けられるようにすることが大切になります。

プロフィール写真が1枚しか登録されていない

with(ウィズ)の業者や要注意人物は、プロフィール写真をメイン写真1枚しか登録していないことがよくあります。プロフィールなどは必要最低限に留めて効率的に自分の目的を達成しようと考えていることが多く、異性とマッチング可能な1枚目の写真だけを力を入れて、サブ写真は全く登録しない、もしくは風景写真のみとする場合がほとんどなので、この場合は業者や要注意人物であると判断するようにしましょう。

魅力的な人なのにやたら積極的にアプローチしてくる

with(ウィズ)で非常に魅力的なメイン写真の人から積極的にアプローチがされた場合には、相手が業者や要注意人物である可能性を検証することが必要になります。インターネット上から魅力的な人の写真をダウンロードして悪用している可能性もありますので、画像検索などでヒットしないか確認することも大切です。

マッチング後すぐにデートの提案をしてくる

with(ウィズ)でマッチング後すぐにデートの提案をしてくる相手は、業者や既婚者、ヤリモクである可能性があります。実際に相手に会うことによって自分の目的が達成しやすくなる要注意人物の場合には、マッチング後すぐにデートの提案をしてきます。

ここでの提案にOKをするような相手であれば、ガードが緩いことがほとんどであるため、業者行為などもうまくいく可能性が高くなります。通常はマッチングしてからデートの提案まで1週間程度はメッセージ交換を続けますので、それがなくデートの提案をされた場合には、相手が業者や要注意人物である可能性が非常に高いと考えるようにしましょう。

初回デートから夜の時間帯でお酒の入るデートを提案してくる

with(ウィズ)で初回デートから夜の時間帯で、居酒屋などのお酒が入ること前提のデートの提案をしてくる場合は、相手がヤリモクなどの要注意人物である可能性が非常に高くなります。

初回デートは相手も警戒心が強いため、相手が安心してデートに臨むことができるようにランチデートなどにするのが一般的です。そのため、初回から夜の時間帯のデートを提案されるような場合は、相手にとってそうすることにメリットがあるからだと考えることが普通で、それがヤリモクなどに繋がります。

メッセージの口調がタメ口で馴れ馴れしい

with(ウィズ)にいる業者や要注意人物は、相手との距離感を早めに近づけようとしてくるため、メッセージもタメ口で馴れ馴れしい感じであることがほとんどです。真面目に恋活・婚活に取り組んでいる人ほど、相手とのメッセージ交換では丁寧な言葉の文章を使いますので、相手から馴れ馴れしい感じのタメ口メッセージが送られてきてら、業者や要注意人物であると考えるようにしましょう。

メッセージ交換中に別サイトのURLを送ってくる

with(ウィズ)でマッチングした後のメッセージ交換の中で、何らかの理由で別サイトのURLが送付され、今後はこちらでメッセージ交換をしようという提案がされた場合には、まず間違いなく個人情報取得目的の業者になります。そのURLにアクセスをし、会員登録をすると、IPアドレスや個人情報が抜き取られてしまいますので、絶対にアクセスしてはいけません。

with(ウィズ)で業者や要注意人物に遭遇した時の対処方法

with(ウィズ)で業者や要注意人物に遭遇した時の対処方法

with(ウィズ)で万が一業者や要注意人物に遭遇してしまった時は、一人で抱え込まずに、周囲に相談しながら適切に対応することが大切になります。

実害があった場合は警察や弁護士先生にまず相談して対応方法を決める

もし既に実害が発生している場合には、まず警察や弁護士先生に相談をして、それからどのように対応するかの対応方針を決めることが大切になります。困ったときはプロの力に助けてもらうようにしましょう。

運営に違反報告・通報をする

with(ウィズ)で業者や要注意人物に遭遇した時には、必ず運営に通報をすることが必要です。通報した後、運営によって違反報告内容の事実確認がされ、調査の結果事実であると認定されれば、強制退会などの適切な措置をとってもらうことができるようになります。

一度with(ウィズ)を強制退会になった相手は、二度とwith(ウィズ)に登録して異性とメッセージ交換やデートをすることができなくなるため、with(ウィズ)のサービス全体の安全性の向上にも寄与することができます。

相手をブロックする

最後にwith(ウィズ)で遭遇した業者や要注意人物をブロックし、二度と自分の画面に表示されないようにする、相手から自分を見れないようにしておくことが大切になります。ブロックすることで、意識の中に相手が入ってくることがなくなり、嫌な思い出も早めに忘れることができるようになります。

最初にブロックしてしまうと、運営への通報や、警察や弁護士先生への相談が大変になってしまいますので、ブロックは最後に行うようにしましょう。

with(ウィズ)のサクラ・業者・要注意人物まとめ

with(ウィズ)のサクラ・業者・要注意人物まとめ

with(ウィズ)を安全に利用するためには、サクラや業者が存在しないかを確認することが大切です。with(ウィズ)にはサクラはいませんが、業者やヤリモク、既婚者などの要注意人物は存在します。新規の要注意人物は登録時点では見分けることができないため、流入を完全に防ぐことはできません。

そのため、with(ウィズ)を安全に利用するためには、業者や要注意人物の特徴を理解し、恋活・婚活目的の利用者と見分けられるようにしておくことが必要になります。

↓↓↓さっそくwith(ウィズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます