Pairs(ペアーズ)のブロック機能を使う主な理由とブロックされた時の表示の変更点

Pairs(ペアーズ)のブロック機能を使う主な理由とブロックされた時の表示の変更点

Pairs(ペアーズ)にはブロック機能があり、互いの画面に互いを表示させなくすることができます。しつこく足跡を残してくる相手や、知り合いなど、相手にも自分を表示させたくない時に利用するのがおすすめです。

本記事では、Pairs(ペアーズ)のブロック機能の使い方とブロックされる主な理由、ブロックされた時の表示の変更点についてご紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)のブロックを使いこなして、より快適にサービスを利用できるようにしていきましょう。

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

Pairs(ペアーズ)のブロック機能の基本

Pairs(ペアーズ)には「ブロック」機能があり、ブロックを有効活用していくことで快適にPairs(ペアーズ)を利用することができるようになります。

Pairs(ペアーズ)には、ブロックと似た機能で非表示機能もありますので、ブロックと非表示の違いも含めて、まずはブロック機能の基本について確認していきましょう。

お互いの画面から互いが表示されなくなる

Pairs(ペアーズ)のブロック機能は、利用することによって互いの画面から互いが表示されなくなります。そのため、迷惑行為をしてくる人や、友達や知り合いなど、Pairs(ペアーズ)上で表示させたくない人に対してブロックをすることで、より快適なPairs(ペアーズ)の利用環境が整っていきます。

ブロックした相手はユーザーリストで確認できるが解除はできない

一度Pairs(ペアーズ)でブロックした相手については、各種設定画面のブロックした人一覧から確認することができますが、ブロックを解除することはできませんので注意が必要です。

誤操作であっても、ブロックを解除してしまうと、相手にブロックしていたことがバレる可能性があり、トラブルの原因となり兼ねません。そのため、Pairs(ペアーズ)では一度ブロックした相手については、ブロック解除することはできませんので、ブロックをするときは間違えないかしっかり検討するようにしましょう。

相手が別アカウントを作成するとブロックしたことがバレる場合もある

Pairs(ペアーズ)の利用規約で禁止されていますが、本アカウントと別のログイン方法などを利用することによって、Pairs(ペアーズ)の別アカウントを作成することもできてしまいます。強制退会の対象となるため推奨することはできませんが、ブロックされた相手側がリスクを覚悟で別垢を作成する可能性もあり、検索であなたを見つけることもあります。

ブロックをされた側は、いいねや足跡、お気に入りのリストで「退会」表示となっており、別垢でまだ利用していることを確認されてしまうとブロックされたという意味になります。つまり、ブロックは相手が執拗な相手であればバレる可能性もあるという点を理解しておくことが必要です。

Pairs(ペアーズ)のブロックと非表示の違い

Pairs(ペアーズ)のブロックと非表示の違いについては、相手の画面に変化があるかどうかという点が大きな違いとなります。

ブロックの場合は、相手の画面からも自分の表示を消すことができ、プロフィールの閲覧やメッセージの送信なども一切することができなくなります。

非表示の場合は、自分の画面からは相手の表示が消えますが、相手の画面からは自分の表示が継続され、プロフィールの閲覧やメッセージの送信は可能です。また、非表示した相手についてはいつでも非表示を解除することができるという点も大きな違いになります。

Pairs(ペアーズ)で相手をブロックする手順

Pairs(ペアーズ)で相手をブロックする手順はとても簡単です。ここでは、スマートフォンアプリで相手をブロックする手順をご紹介します。具体的な手順は下記の通りです。

  • Pairs(ペアーズ)アプリを開く
  • 相手のプロフィールページにアクセスする
  • 右上の「…」をタップ
  • 「非表示・ブロックの設定」をタップ
  • 「自分と相手の画面にお互い表示されないようにしたい」をタップ
  • 「設定内容を更新する」をタップ

上記手順で相手をブロックすることができました。今後、互いの画面に互いが表示されることがなくなります。

Pairs(ペアーズ)でブロックされた時の表示の変更点

次に、Pairs(ペアーズ)で相手にブロックされた時の自分の画面の変化について確認していきましょう。相手がブロックをしてきたのか、退会したのか、自分の画面がどのように変化するのかを理解することで、判別できるかどうかを知ることができます。

検索で相手が表示されなくなる

まず、相手にブロックをされると検索画面で相手が表示されることがなくなります。フリーワード検索でピンポイントにヒットする内容を入力したとしても、今後検索結果で相手が表示されることはありません。

これは、コミュニティ内の検索機能を使った場合も同様です。

いいねや足跡では「退会済み」と表示される

既にいいねや足跡、お気に入りなどを利用して相手が自分のアカウントの各機能のユーザーリストに表示されている場合は、消えるのではなく「退会済み」と表示されるようになります。

足跡をつけてきた相手がいきなり「退会済み」と表示される場合がありますが、これは高い確率でブロックされたものと考えると良いでしょう。

互いのプロフィールは一切閲覧できなくなる

ペアーズでは、相手をブロックすることによって、互いのプロフィールページを閲覧することはできなくなります。

メイン写真やサブ写真はもちろんのこと、自己紹介文やプロフィール項目など全ての情報を閲覧することができなくなります。

そのため、相手にプロフィールページの閲覧をされたくない場合には、相手をブロックするのが有効です。毎日のようにしつこく足跡を残してくるような相手がいる場合には、ブロックで対処するのが良いでしょう。

互いに一切のメッセージ交換は利用できなくなる

ペアーズでブロックをすると、互いに一切のメッセージ交換をすることができなくなります。それまでのメッセージの履歴も閲覧することができなくなりますので、もし相手からセクハラ発言をされるなどしてブロックしたいと考えている場合には、証拠としてブロック前にスクリーンショットなどを撮影しておくことをおすすめします。

ブロックと退会の区別はつけられなくなった

従来は、退会者一覧を確認することができたため、退会者一覧に掲載されていない相手で「退会済み」と表示された相手はブロックしてきた相手だと認識をすることができました。しかし、現在は退会者一覧を確認することができなくなってしまったので、明確にブロックと退会どちらかを知ることができなくなっています。

Pairs(ペアーズ)で相手の男性・女性をブロックする主な理由

ここからは、Pairs(ペアーズ)で相手の男性・女性をブロックすることになる主な理由についてご紹介していきます。下記の項目に該当するような行動をとっていると、相手にブロックされてしまうことがありますので注意するようにしましょう。

しつこく足跡を残してきた

Pairs(ペアーズ)で相手をブロックする主な理由は、相手がしつこいくらいに足跡を残してきた場合です。足跡を残されると、足跡ページの上部に相手が表示されるようになります。何度も同じ興味のない相手が足跡画面で表示されるのはストレスになり、快適なPairs(ペアーズ)の利用を妨げる行為です。

そのため、しつこく足跡を残してきた相手に対しては、ブロックをして今後互いの画面に表示させないように対処することが一般的となります。

検索や足跡で知り合いを発見した

Pairs(ペアーズ)の検索や足跡画面において、同僚や友達などの知り合いを発見することがあります。この場合、先手必勝で相手に気づかれる前に相手をブロックすることによって、Pairs(ペアーズ)の利用がバレることはありません。

足跡を残してきている場合、ブロックしてこないということは、自分はPairs(ペアーズ)の利用を知っているよというアピールになりますが、大半の場合はリアルでも接点のある人で冗談半分でやっています。そうでない場合は、あなたに対して好意を持っている可能性もありますが、基本対応はブロックと考えておくと良いでしょう。

アプローチしてきた異性に自分が興味がない

Pairs(ペアーズ)では、特に女性は多くの男性からいいねやメッセージなどのアプローチを受けることになりますが、あまりに人数が多いので、快適に利用するためには本命となりうる数人に絞ることが大切になります。

本命の相手以外を表示させておくと、本命の相手のメッセージなどが埋れてしまう可能性もあり、またすぐに見つけられない、どうでもいい通知がくるなどのデメリットがありますので、そのほかの人たちは全員ブロックしてしまうのもありです。

セクハラや誹謗中傷など不快な言動をされたから

Pairs(ペアーズ)でマッチングをしてメッセージ交換が始まると、相手がいきなりセクハラ発言をしてきたり、またデートの提案やLINE交換を断ると誹謗中傷を浴びせてくる可能性もあります。その場合は、ブロックして忘れることによって、損害を最小限に抑えて次の人へ頭を切り替えることができます。

また、セクハラや誹謗中傷の言動は規約違反となり強制退会へ繋げることもできますので、忘れずに運営に違反報告しておくようにしましょう。

メッセージでストーカーっぽくなってきた

Pairs(ペアーズ)のメッセージ交換中に相手が徐々にストーカーっぽくなってきてしまうことがあります。この場合は、できるだけ早めに相手から離れることが大切です。

それ以上の情報を相手に与えないためにも、まずは相手をブロックして自分のプロフィールを今後見られないように、加えて相手が別アカウントを作成することを想定して、プライベートモードを活用するなど身バレ防止策を打つことが必要です。

相手が既にあなたのプロフィール画面のスクリーンショットを撮っているなどすると既存情報を消すことはできませんが、できるだけ早めに対処することをお勧めします。

自分が相手に迷惑行為をしてブロックされることを防ぐため

Pairs(ペアーズ)では、自分が相手に対してセクハラや誹謗中傷などの利用規約に違反する迷惑行為をしてしまった場合は、通報されることを恐れてブロックするケースも考えられます。

通報は、相手のプロフィールページから行うことになるため、ブロックして相手が自分のプロフィールページにアクセスできないようにすれば、通報するために別の窓口を探して連絡することが必要になります。この手間を面倒臭がって通報しないという場合も考えられるため、通報させないためにブロックする、という人もいます。

この場合はPairs(ペアーズ)の問い合わせ窓口から、相手の基本的な情報を伝えることによって対応してもらうことができますので、泣き寝入りせずにしっかりと通報するようにしましょう。

ルックスがそもそも好みではない

ペアーズでは、しつこく足跡を残してくる相手やメッセージを送ってくる相手など、ルックスがそもそも好みではなく、恋活の対象として見ることができないと相手に思われると、ブロックをされてしまうことになります。

1回のみのアプローチなどであれば、相手もブロックする程ではありませんが、しつこいアプローチは相手のペアーズの利用を阻害するものとなるため、利用の快適さを維持するためにも、自分の画面にタイプではない相手が表示されないようにブロックする場合があります。

相手からの最初のメッセージがいまいちだった

ペアーズは非常に会員数が多く、多くのマッチングが成立していきます。しかし、同時進行でメッセージ交換できる相手は5人程度が限界であるため、早い段階で相手が同時進行する1人にする価値があるのかを見極めようとします。

そのため、最初のメッセージがイマイチな内容であったりすると、相手から「この人はなし」と思われ、ブロックされる場合もあります。

下ネタや傷つくようなメッセージが送られてきた

ペアーズの禁止行為で定められておりますが、下ネタ発言や誹謗中傷は相手に送ってはいけません。相手にこのような内容のメッセージを送ると、通報されてブロックをされてしまうことになります。

特にペアーズのメッセージ機能を通じてセクハラや誹謗中傷をすると、ペアーズの運営からも確認することができるため、強制退会の対象にもなります。一度強制退会となると、二度とペアーズを通じて異性とメッセージ交換ができなくなりますので注意しましょう。

同時進行する相手候補から外れた

上記でも少し触れている通り、ペアーズでは同時進行でメッセージ交換やデートができる相手は3〜5人程度が限界です。

そのため、相手が新しくマッチングした人がとても魅力的で、あなたが同時進行中の末席に位置している場合は、入れ替わりをされてしまう場合があります。同時進行でも、まだそこまでメッセージ交換などをしていなかった場合は、丁寧にお断りの連絡をするというよりも、返信をしないなどで対応する人もいます。

中には、相手からのメッセージが視界に入らないようにするために、スパッとブロックする場合もあります。

ペアーズでブロックされても気にしないことが大切

ペアーズでブロックされても気にしないことが大切

ペアーズを利用していると、相手が突然「退会済み」と表示されることが多くあります。多くの場合は退会したのではなく、相手からブロックされています。しかし、このブロックは相手からの拒絶というよりは、「縁がなかった見たい。良い人探してね」などのライトな意味合いのものです。

そのため、ペアーズで一人の人に執着してしまうのではなく、あまり気にせず、別の人にアプローチを切り替えていくことが大切になります。

ペアーズには多くの異性がいるため一人に粘着する必要はない

ペアーズは累計会員数が1,000万人を超えており、どうしてもその人とマッチングしなければいけないという状況にはなりません。

ある人と関係性を構築できなくても、他の人を探せば良いわけです。自分がブロックをされているかを調べるために、時間を消費してしまう必要は一切ありません。

Pairs(ペアーズ)のブロックまとめ

Pairs(ペアーズ)では、互いの画面に互いを表示させなくする「ブロック」機能があります。ブロックを使用することによって、自分の画面もスッキリして快適にPairs(ペアーズ)を利用することができるようになりますので、積極的に活用していきましょう。

また、ブロックは解除することができないため、一度ブロックされてしまうと、その人とのマッチングの可能性はゼロとなってしまいます。ブロックされないように注意することも大切になります。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます