Pairs(ペアーズ)のサクラ・業者の違いと見分け方

Pairs(ペアーズ)のサクラ・業者の違いと見分け方

Pairs(ペアーズ)にはサクラはおりませんが、業者は存在します。しかし、年齢確認時の本人確認の徹底により、現在はPairs(ペアーズ)で業者と遭遇することは非常に稀な状態になりました。

Pairs(ペアーズ)の業者の種類や目的、見分け方を理解しておくことで、より安心してPairs(ペアーズ)を利用できるようになります。

本記事では、Pairs(ペアーズ)のサクラ・業者の違いと見分け方についてご紹介していきます。

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

Pairs(ペアーズ)のサクラと業者の違い

Pairs(ペアーズ)の口コミ評価の中には、「サクラと遭遇した」「業者被害にあった」というものを見かけることがたまにありますが、サクラと業者の言葉を混同して利用している場合があります。状況を正確に理解するためには、言葉の定義を大切にすることが大切です。まずは、サクラと業者の違いについて見ていきましょう。

サクラとは

サクラとは、運営会社に雇われたサービスを盛り上げる役割の人のことを指し、従量課金の場合はサービスの利用促進を促したりします。Pairs(ペアーズ)においては、このサクラはおりませんので安心してください。サクラと遭遇したという口コミの多くは、業者と勘違いをしております。

業者とは

業者は、恋活目的以外でサービスを利用して利益を得ようとする個人または組織のことを指します。商品販売のビジネス目的や個人情報取得目的の業者など、複数の種類と目的に分かれます。

Pairs(ペアーズ)では、年齢確認の際に本人確認手続きをしているため、一度問題を起こして強制退会となった業者については再登録することができないようになっています。そのため、従来よりもPairs(ペアーズ)の中に存在する業者の数はかなり減ってきましたが、それでも100%除外できているわけではありません。

問題をまだ起こしていない業者の登録は検知・防ぐことはできませんので、完全に業者をゼロにすることは難しいのが現状です。

業者はいずれの恋活・婚活アプリにもいる

業者は、ペアーズだけに限らずあらゆるマッチングアプリに存在します。本人確認手続きが導入されているサービスであれば、一度強制退会となった業者は、二度とそのサービスを利用することができなくなるため、同一人物による業者行為の再発は防ぐことができ、ほぼ業者と遭遇することがなくなります。

しかし、新規の業者については、会員登録時点で業者であると判断し予防することが難しいため、どうしても少数は業者が入り込んでしまう状況があります。

ペアーズで業者に遭遇する確率

ペアーズにおいても、本人確認手続きが導入されているため、実際にペアーズを利用していく中で業者と遭遇する確率は1%もありません。

しかしながら、業者が完全にいないとは言い切ることができないため、ペアーズを利用する場合には、相手が業者かもしれないという視点を持って、異性とマッチングやメッセージ交換をしていくことが必要になります。

男性アカウントよりも女性アカウントに多い

また、ペアーズ内の業者については、男性アカウントよりも女性アカウントに多く、ターゲットは主に男性となっています。

高額商品の販売やネットワークビジネスなどへの勧誘は、可愛い女性から男性にすると確率が高いため、結果として男性が狙われやすい状況となっているのでしょう。男性の方は、ペアーズを利用していく中でやたら可愛い人が積極的にアプローチしてくる場合には、業者ではないかと十分に警戒してください。

ペアーズに業者が少ない理由

ペアーズに業者が少ない理由

とはいえ、ペアーズを利用している中で、実際に業者と遭遇するようなことはそう多くありません。マッチングを成立させる人数が100人、200人と増えていくにつれ、その中に業者が紛れ込む確率は高くなります。

業者は一般の恋活目的の利用者とは、登録情報や行動に違いが見受けられることが多いため、業者の特徴を理解しておけば、比較的簡単に見分けることができます。

本人確認手続きによる身分証明

ペアーズでは、18歳以上であることを確認するための手続きとして、本人確認手続きが導入されています。18歳以上であることを確認する年齢確認だけではなく、氏名や住所などを確認し、ペアーズを利用している本人の情報を確認します。

万が一ペアーズで迷惑行為をし、利用者からの通報などで禁止行為への抵触が確認された場合には、強制退会の手続きをとる場合もあり、強制退会となった場合は、ブラックリストとして情報が保持され、別のアカウントを作成したとしても、二度と本人確認手続きの審査に通過しなくなります。

24時間365日の監視・サポート

また、ペアーズは24時間365日の監視体制・サポート体制が提供されています。そのため、利用規約に抵触するような内容のプロフィール情報や写真、メッセージなどは送信することができず、何度も繰り返すと警告や強制退会の対象となります。

また、利用者が通報をした場合も、即座に対応されるため、業者はペアーズからすぐに除外されてしまうようになっています。

強制退会&再登録禁止のシステム

上記でも触れております通り、ペアーズの利用規約に抵触する迷惑行為をした業者など悪質な利用者については、運営によってアカウントが削除され、強制退会の手続きを取られる場合があります。

一度強制退会となった利用者については、アカウントを変更しても、二度と本人確認手続きの審査に通過することがなくなり、ペアーズを通じて異性に対してメッセージを送ることができなくなります。

Pairs(ペアーズ)に潜んでいる業者の主な種類と目的

Pairs(ペアーズ)に潜んでいる主な業者の種類と目的について確認していきましょう。業者の種類や目的について理解しておくことで、実際に遭遇したときにすぐに業者だと判定することができるようになります。

商用目的:商品販売、ぼったくりバー

まず、商品販売やデート先としてぼったくりバーに連れて行くなど、商用目的・ビジネス目的の業者が存在します。この場合の対策は非常に簡単で、デート中に高額商品の販売やローンの提案、年収のさぐりがあった時などは、すぐにデートを終了させて帰り、その後ブロックして連絡を取れないようにすることです。

ぼったくりバーに連れていかれないようにするためには、事前にデートプランはきっちり決めておき、デート中に行く予定のお店が安心できるものであるかどうかをチェックすることが大切です。

勧誘目的:マルチ講、ネットワークビジネス

Pairs(ペアーズ)の業者の中には、マルチ講やネットワークビジネスへの勧誘を目的に利用している業者もいます。大体はランチデートの際に勧誘されますので、初回デートは特に気をつけることが大切になります。

「成長」「副業」「自由」などのワードを連発することがこの業者の特徴になりますので、プロフィールでこのような言葉が書かれている人は避けるようにした方が良いでしょう。

個人情報取得目的:他アプリ・サービスへの会員登録誘導

Pairs(ペアーズ)には、個人情報取得が目的の業者もいます。他アプリへの会員登録などを通じて個人情報取得をすることが主な手段となっており、登録することによって住所や電話番号、最悪の場合はクレジット情報などが抜かれてしまうこともありますので注意することが大切です。

Pairs(ペアーズ)での業者の見分け方

ここからは、Pairs(ペアーズ)における業者アカウントの見分け方についてご紹介していきます。業者に対して時間を1秒でも使うことは、真面目に恋活している人にとっては何らメリットのないことです。その1秒を将来の恋人候補のために使えるように、無駄な時間を取られないよう業者の見分け方を覚えておきましょう。

ハイスペ高収入男子

Pairs(ペアーズ)には不自然なほどのハイスペ高収入男子が利用している場合があります。若いときは仕事に打ち込んでいて、ハイスペでもまだ結婚していないということも十分考えられますが、情報が全て嘘である場合も考えられます。

また、年齢に対して不自然に豪華な旅行や食事をしている場合は、ネットワークビジネスなどに参加している可能性がありますので注意するようにしましょう。

美女すぎるのにグイグイアプローチしてくる女子

Pairs(ペアーズ)では、誰からも魅力的に見えるような美女から、積極的にアプローチを受ける場合があります。しかし、多くの場合は魅力的な美女は多くの男性からアプローチを受けるため、あえて自分からグイグイアプローチしてくるようなことは稀です。

稀なことが発生している可能性もありますが、基本的には相手は業者であり、プロフィール写真と同一人物であっても、恋活ではなく別の目的で近づいてきていると考えた方が良いでしょう。

「儲かる」「成功」「自由」などのワードを連発

Pairs(ペアーズ)の業者の中で、特にネットワークビジネス系の人たちは「儲かる」「成功」「一緒に自由を獲得しよう」などのワードを連発してきます。そのため、プロフィールやメッセージ交換、またデート中の発言でこのような話を出された場合においては、すぐにフェードアウトするようにしましょう。

マッチング後すぐにLINE交換・デートの提案をしてくる

Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐにLINE交換やデートの提案をしてくる相手も業者である可能性が高いです。

LINE交換をするのは、規約に違反する内容のメッセージ交換をPairs(ペアーズ)上ですると、すぐに強制退会の対象となるため、そのリスクを避けるための行為になります。また、すぐにデートの提案をしてくるのは、実際に相手に合うことで自分の目的が達成される業者であるからです。

急に携帯が壊れて謎に別のアプリ・サービスの利用を促す

Pairs(ペアーズ)の個人情報取得も畔の業者については、他の聞いたこともないようなアプリやサービスへ誘導しようとしてきます。誘導の理由は様々なものがありますが、突然スマートフォンが壊れ、謎の理由で別サービスの利用を促進しようとしてくることがほとんどです。

誰がこんな手に引っかかるのだろうと不思議に思う気持ちは分かりますが、誰かが引っかかるのでこの不思議な誘導をするのでしょう。もし自分がこの手の誘導をされたときは、絶対にアクセスすることもしないでください。

デートの日時・場所指定をかなり細かくしてくる

ペアーズの業者、デートの日時や場所をかなり細かく指定してくるタイプもいます。これはネットワークビジネスなどへの勧誘を行うタイプの業者の行動の特徴で、仲間が揃っている時間帯に、自分達のアジトとなっているようなお店に連れて行こうとしているためです。

相手から指定されたお店については、一度インターネットなどで怪しいお店でないかを確認し、少しでも怪情報があるのであれば、デートはお断りした方が無難です。

聞いたこともないようなお店に連れていこうとする

ペアーズでは、待ち合わせ場所で合流をしてから、当初予定と変更して、別のお店へ連れて行こうとするパターンがあります。これはボッタクリバーや上記のような自分達の怪しいアジトに連れて行く場合に多く発生するパターンで、事前に相手がインターネットなどで調査することを防ぐことが目的です。

そのため、ペアーズを通じて出会った相手とのデートについては、必ず事前に利用するお店は決めておき、そこからの変更は受け付けないようにすることが大切です。半ば相手が強引である場合は、一度化粧室などに逃げ込んで、そこでお店を調べるようにした方が良いでしょう。

プロフィール項目の登録がスカスカ

ペアーズの業者は、効率重視の数打ちゃ当たる戦法でペアーズでマッチングをしています。

そのため、メイン写真などの異性がより注目する箇所は登録をしていますが、選択式の細かいプロフィール項目の登録がスカスカであることが多くあります。

真面目に恋活目的で利用している人は、プロフィール項目もしっかり登録していることがほとんどですので、プロフィール項目がスカスカな人は、少なくとも真面目に恋活している人ではない可能性が高いと考えましょう。

コミュニティにもほぼ入っていない

ペアーズの業者は、コミュニティにも入っていないことが多いです。入っている場合も、申し訳程度に2〜3個「気軽にデートしたい」系のものに入っている場合が多く、相手の人柄や性格、趣味などをきちんと知ることができるようなコミュニティの活用はしていません。

自己紹介文から恋活に対する本気度が感じられない

また、ペアーズの業者については、自己紹介文を見るとやる気の低さが顕著に現れています。恋活目的の利用者は500文字程度で基本的な情報が網羅的に紹介されているのに対し、業者の自己紹介文はテイストが非常に軽く、恋活目的というよりも、友達作り目的であるかのような雰囲気の短い文章が登録されています。

メッセージ交換の中で「副業に興味ある?」と聞いてくる

ペアーズでマッチングした相手が業者である場合、メッセージ交換の中で「副業とか興味ある?」などと聞いてくる場合があります。

これは相手がネットワークビジネスのタイプの業者であり、それを勧誘する行為をしようとしている状況になります。副業を誘ってくるタイプの業者は、プロフィール情報で金持ちアピールをしていたり、登録している年収情報が高かったりしますので、チェックしてみてください。

プロフィール写真でお金持ちアピールをしている

ペアーズのプロフィール写真において、豪華なレストランや海外旅行、高級ブランドのバッグ・財布など、お金持ちアピールをひたすらしている場合も、ネットワークビジネスなどへの勧誘目的の業者である場合があります。

少しでも相手の豪華な写真について触れてしまうと、途端に「副業に興味ある?」や「自分が今のとこに来れたのはある人のおかげなんだ。特別に紹介してあげようか?」などの怪しい勧誘をされることになります。

プロフィール写真にパーティー写真がある

ペアーズのプロフィール写真に、大勢の人で楽しそうにパーティーをしている写真を登録している人も、恋活目的ではなく業者である可能性が非常に高いです。

このタイプもネットワークビジネスなどへの勧誘目的の業者である可能性が高いので、他の行動の特徴にも該当していないかチェックしてみてください。

顔写真を登録していない職業が「経営者」や「医者」

ペアーズで顔写真を登録せずに恋活をするのはかなり難易度が高いです。顔写真を登録しておらず、職業を「経営者」や「医者」と登録している場合は、完全に遊び目的の利用者であるか、業者の可能性が高いので注意しましょう。

職業的に公に顔写真を公開することのできない人もいますが、その場合はプライベートモードなどのオプションプランを利用することがほとんどです。顔写真を登録していない人に対しては、きちんと警戒するようにしましょう。

プロフィールに「37」と入ってたらアムウェイ

ペアーズのプロフィールの自己紹介文に「37」という数字が出てきた場合は、相手がアムウェイ信者である可能性が非常に高いので、マッチングすることは避けましょう。37というのはアムウェイの有名な人の誕生日のことらしいです。

職業が「個人事業主」「自由業」で成功者アピールをしている

ペアーズでお金持ちアピールをしている人の中で、職業が「個人事業主」や「自由業」となっている人も、業者である可能性が非常に高いです。

このタイプの職業を登録している人は非常に危険性が高いので、特に業者でないか注意して観察するようにしましょう。

最終ログイン時間がずっと「オンライン」

ペアーズの業者は、一日中ペアーズで業者行為をしていることも多く、いつみても最終ログインが「オンライン」になっている場合もあります。

恋活目的で利用している人は、そこまでペアーズを頻繁に開いてはいませんので、常に「オンライン」の人は業者である可能性が高いと考えるようにしましょう。

ペアーズで業者に遭遇した場合の対処方法

ペアーズで業者に遭遇した場合の対処方法

ペアーズで万が一業者と遭遇してしまったときは、初動を間違えずに適切に対処することが大切です。まず被害を被ることのないように距離を置き、そこから対処を始めましょう。

まず関わりを持たないようにする

最も大切なことは、業者と関わりを持たないようにすることです。業者の特徴について理解し、恋活目的の利用者と見分けられるようにしておくことが、業者対策として最も重要なことになります。

少しでも怪しいと感じた行動があれば、相手のプロフィール情報などをくまなくチェックするようにし、本当に恋活目的で利用している人なのかを確認するようにしましょう。

すぐに運営に通報する

ペアーズで業者と遭遇してしまった場合には、まず運営に通報することが大切になります。運営側によって独自調査が実施され、違反報告の内容が事実であると認定されれば、相手に対して警告や強制退会などの措置をとってもらうことができます。

相手が強制退会されれば、二度とペアーズで会うこともなくなりますので、安心して利用できるようになります。

場合によっては警察や弁護士先生に相談する

また、既にペアーズで業者によって実被害がもたらされてしまっている場合には、警察や弁護士先生に相談をし、法的な対応をとってもらうことも大切です。

警察に相談する場合は証拠を一緒に持ち込むと良いので、相手のプロフィールページのスクリーンショットや、デート中に会話の録音、連れていかれたお店の情報、支払い金額などの証拠画像などを保存しておくようにしましょう。

また、弁護士先生に相談する場合も、市区町村などでの無料相談サービスを利用すれば、初回相談を無料で対応してもらうこともできます。まずはどのような対応が可能なのか、弁護士先生に相談してみるのも良いでしょう。

ブロックする

また、業者に自分のプロフィールページを閲覧され続けてしまうことは気持ちの悪いことです。警察や弁護士先生に相談した上で、問題ないようであれば相手をブロックしてしまうのも良いでしょう。

ペアーズはサクラだらけ?サクラや業者だと勘違いされやすい行動

ペアーズはサクラだらけ?サクラや業者だと勘違いされやすい行動

ペアーズの評判や口コミを見ると、「サクラだらけ」と書き込まれているものもあります。しかし、実際に利用してみればわかるとおり、ペアーズで業者と遭遇する機会はそう多くありません。ほとんどが恋活目的で真面目にペアーズを利用している人たちになります。

サクラや業者についての理解が乏しい人からみると、サクラではないか?と疑われる行為があり、口コミなどで「サクラばかり」と表現される場合は、主にこれらの行動に原因があります。

送られてきた「いいね」を無視する

ペアーズでは、特に女性会員は非常に多くの男性から「いいね」をもらうことになり、全ての男性会員に対して丁寧に対応するということはできません。

そのため、魅力のない男性はいくら女性に対して「いいね」を送っても、誰からも相手にされない状態が普通に発生します。この場合、「利用者は多いのに誰も真面目に恋活していない」=「サクラだらけ」と思ってしまうことに繋がります。

ペアーズは、きちんと真面目に恋活に取り組めば、異性とマッチングをしてデートを重ね、恋人を作ることのできる恋活アプリです。評判や口コミで「サクラばかり」と書かれていても、鵜呑みにしないようにしましょう。その人に魅力がなかっただけというパターンもあります。

マッチング後の最初のメッセージだけ送る

ペアーズでは、マッチング後の最初のメッセージだけ送り、その後に返信がないという状況も結構な確率で発生します。

ペアーズのマッチングは簡単操作で行うことができますが、メッセージの文章作成は時間がかかるため、同時進行で進めるとしても、最大5名程度が限界となります。

そのため、最初のメッセージで相手のTOP5に入ることができなければ、例えマッチングしたとしても、1、2通でメッセージが途絶えることになります。

返信をもらえなかった側からすると、マッチングしたのにメッセージを返してくれないのは、課金させるためのサクラ行為だと勘違いしてしまう原因になります。

女性側から積極的にLINE交換やデートのお誘いをする

ペアーズでは、ほとんどの男性は自分から「いいね」を送り、積極的にアプローチしていくことが求められます。しかし、中には女性から積極的にデートやLINE交換の提案をしてくる場合もあり、この時に驚いて「サクラだ!」と疑ってしまう人もいます。

実際、とても魅力的な女性とマッチングした直後から、デートやLINE交換の提案をされた場合には相手が「業者」である可能性が高くなります。また、あなたのルックスなどがドストライクで、このチャンスを逃してはならないと勇気を出して積極的にアプローチしてくれている可能性もあります。

いずれにせよ、ペアーズが雇った「サクラ」ではありませんので、相手の目的を見定めて適切に対応するようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)のサクラ・業者まとめ

Pairs(ペアーズ)にはサクラは存在しませんが、業者は存在します。しかし、本人確認手続きの徹底によって、従来と比較してほとんど業者と遭遇することもなくなってきており、安心してPairs(ペアーズ)を利用できる環境が整ってきています。Pairs(ペアーズ)に存在する業者の種類や目的を知り、見分け方を理解しておくことで、自衛することも可能となります。本記事を参考に、Pairs(ペアーズ)をより安全に利用できる環境を整えていってください。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます