Pairs(ペアーズ)で返信をもらえる最初のメッセージのポイント

Pairs(ペアーズ)で返信をもらえる最初のメッセージのポイント

Pairs(ペアーズ)では、最初のメッセージで相手から返信をもらうことができれば、その後のメッセージ交換も続く傾向があります。そのため、相手に返信したいと思ってもらえるような最初のメッセージを送ることが大切です。

本記事では、Pairs(ペアーズ)で相手から返信をもらえる最初のメッセージのポイントと、相手にブロックされる可能性のあるNGメッセージについてご紹介していきます。

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

Pairs(ペアーズ)の最初のメッセージで返信を返してもらえる好印象な内容

Pairs(ペアーズ)でマッチング後に相手とメッセージ交換を続けるためには、最初のメッセージで好印象を持ってもらうことが大切です。初回メッセージに返信を返してもらうことができれば、その後のメッセージ交換も続く確率が高いですが、最初にメッセージを返してもらえないと、その後頑張ってもメッセージに返信を返してもらえないことがほとんどです。

マッチングを成立してくれたことに対してお礼を伝える

Pairs(ペアーズ)で最初に相手に送るメッセージについては、まずマッチングしてくれたことのお礼を伝えるようにしましょう。これは、自分からいいねを送った場合も、相手からいいねを送った場合もきちんとお礼を伝えるようにすると好感度アップです。

自分との共通点について触れる

ペアーズで相手に送る最初のメッセージでは、相手と自分の共通点について触れることがオススメです。

相手になぜ好意を持つに至ったのかの説明にもなり、また相手に自分への親近感を持ってもらうためのきっかけにもなります。

相手のプロフィールページをしっかりとチェックし、趣味や休日の過ごし方、登録しているコミュニティなど、相手との共通点をチェックして最初のメッセージで話題として活用しましょう。

相手にいいねをした理由を端的に伝える

次に、相手になぜいいねを送ったのか、相手のどこに魅力を感じたのかを率直に伝えるようにしましょう。この時、外見やスタイルばかりを褒めてしまうと、ヤリモクと勘違いされてしまうことがありますので、外見が好きなタイプであったことを伝えると同時に、最終的には内面のいずれかの部分に惹かれていいねを送っていたと伝えるようにするのがおすすめです。

相手の呼び方を確認する

ペアーズの最初のメッセージでは、互いの呼び方について確認することも大切です。

自分から最初のメッセージを送る場合には、どう呼んで欲しいのかを相手に伝え、また相手の呼び方も確認するようにしましょう。下記のような形で呼び方を確認するのがオススメです。

「ケンって呼んでください。マリさんで呼び方は大丈夫ですか?」

共通の趣味などから簡単な質問を送る

また、相手のプロフィールページをしっかりと確認し、自分との共通点から簡単な質問を最後に付け加えるのもおすすめです。こちら側から話題を提示し、返信しやすい最初のメッセージにしておくことで、相手もこの人とのメッセージ交換は楽しいかもしれないと思ってもらうことができ、返信をもらいやすくすることができます。

ペアーズで返信をもらいやすい最初のメッセージの例文

ペアーズの最初のメッセージでは、相手へ本気で好意を持っていることを伝えることが大切です。

ペアーズでは、非常に多くの相手とマッチングが成立していきますが、実際にメッセージ交換の対応をするのは極少数で、同時進行でメッセージの対応をできるのは最大5名程度が限界です。

そのため、最初のメッセージで相手への好意を示し、相手が同時進行でメッセージ交換の対応をする人の中に入ることが、返信をもらう上で非常に重要になります。最初のメッセージについては、下記のテンプレートを参考に作成していくようにしましょう。

  • 挨拶
  • マッチングしてくれたことへの御礼
  • 呼び方の確認
  • 相手のどこに魅力を感じたのか
  • 自分との共通点
  • 簡単な質問
  • 締めの挨拶

返信をもらいやすいペアーズでの最初のメッセージの例文は下記の通りです。

初めまして、ケンといいます。マリさんで呼び方は大丈夫ですか?
マリさんにマッチングしてもらえて、今とても嬉しいです。

見た目もすごく可愛らしいなと思っていたんですが、アウトドア趣味が共通してて、なんとかマッチングできないかなと思っていました。

僕も山登りやキャンプが好きで、休日はレジャーを楽しんでばかりの日々を過ごしてます。マリさんも大学時代から山登りを続けているということでしたが、今年の夏もどこか登ったりしましたか?

是非これから仲良くしてもらえると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

相手のプロフィール写真について触れるもOK

ペアーズの最初のメッセージの話題では、相手のメイン写真やサブ写真に関連する話題を提示するのもオススメです。

相手がサブ写真で風景写真やペットの写真を登録しているのであれば、写真関連の話題を出してみると、返信をもらいやすくなるかもしれません。他のライバルとなる同性があまり質問していないけれども、相手が聞いて欲しい・話したい内容の話題を質問できるようにしていきましょう。

Pairs(ペアーズ)の最初のメッセージで返信がもらえなくなるNGな内容

反対に、Pairs(ペアーズ)の最初のメッセージでこのようなメッセージを送ったら返信をもらえないというものもあります。マッチング後のメッセージ交換で最初から返信をもらえないと悩んでいる場合は、NGメッセージを送っていないか下記をチェックしながら確認してみてください。

メッセージが短文・長文過ぎる

まず、最初のメッセージから短文・長文すぎると相手はこの人とメッセージ交換するために時間を使いたくないなと思われ、返信を返してもらえなくなる場合があります。

短文の場合は、そもそも話題を提示する気も、なぜ自分にいいねを送ったのかの理由もないため、自分に対する本気度がとても低いと相手は感じてしまいます。

また、長文の要領の悪いメッセージについては、そもそも読むのも大変で、メッセージ交換する度にこの面倒臭い作業が必要になるのかと思うとぐったりしてしまいます。また、デートなどもこの人とは楽しくなさそうだなと想像してしまうので、結果として返信をしないという結果に繋がりやすくなりますので注意しましょう。

挨拶だけのメッセージ

ペアーズの最初のメッセージで、「マッチングありがとうございます、よろしくお願いします。」などの挨拶だけのメッセージを相手に送っても、相手の印象に残ることはなく、返信をもらえないことがほとんどです。

ペアーズで相手に最初に送るメッセージは、相手への本気度を伝えられるかが、返信をもらえるかに大きく影響しますので、挨拶だけの簡単なメッセージではなく、なぜ相手に「いいね」をしたのか、どこに魅力を感じたのかをきっちりと文章で伝えられるようにしていきましょう。

テンプレートで誰にでも送れる内容のメッセージを送ってくる

Pairs(ペアーズ)の最初のメッセージで、テンプレ通りの誰にでも送ることのできるようなメッセージ内容を送るのもNGです。マッチングしたからには、その人に向き合ってメッセージ交換をすることが大切で、特に最初のメッセージについては、しっかりと相手のプロフィールを確認してそこからオリジナルのメッセージを作っていくことが大切になります。

言葉遣いが敬語ではなくタメ口

Pairs(ペアーズ)では、ずっと敬語でいると距離感が空いてしまう感じがしますが、最初からタメ口を使うことはNGです。礼儀のない人だと思われ、最初から返信を返してもらえないどころか、業者やヤリモクだと思われブロックされる対象になりやすいです。

自己紹介文に答えがある内容を質問する

ペアーズの最初のメッセージで、相手に返信をもらうためには、相手の趣味や休日の過ごし方に関する質問をすることも一つのテクニックです。

しかし、もし相手の自己紹介文などに既に答えが書いてある質問をしてしまうと、相手に自己紹介文も呼んでくれないということは、自分は本命ではないなと感じさせてしまうことになり、返信をもらえない原因となってしまいます。

Pairs(ペアーズ)の最初のメッセージはどちらから送るべき?

Pairs(ペアーズ)の最初のメッセージは、最初にいいねを送った方からした方がいいという考え方がありますが、特に決まりはありません。いいねを送ってきたのは相手だけれど、相手が自分のタイプの異性であれば、自分から積極的にアプローチするために、最初のメッセージを自分が送ってしまうのもありです。

男性から初回メッセージを送ることが多い

ただ、Pairs(ペアーズ)では、多くの場合は男性から最初のメッセージを送ることが多いです。これは、いいねを送るのも男性側からの方が多いことに起因しています。

女性から初回メッセージを送っても全然OK

ですが、女性から最初のメッセージを送ることも全然問題ありません。むしろ、男性側は女性から積極的にアプローチしてくれることなどに慣れていない部分がありますので、女性から最初のメッセージをもらえたことによって嬉しくなり、その後のメッセージ交換にも良い影響が出る可能性があります。

ただし、メッセージ交換直後にデートの提案をするなど、あまりに早急に進めようとしてしまうと、相手に業者だと思われてフェードアウトされてしまう可能性がありますので注意するようにしましょう。

ペアーズでマッチング後の最初のメッセージを送るタイミング

ペアーズでマッチング後の最初のメッセージを送るタイミング

ペアーズでマッチング後に相手に最初に送るメッセージに返信をもらうためには、メッセージを送るタイミングにも気を使うことが必要になります。

最初のメッセージはマッチング後できるだけ早く送ることが大切

ペアーズのマッチング後の最初のメッセージは、マッチングが成立してから、できるだけ早めに送ることが大切です。

初回メッセージの返信率は、マッチングしてから時間が経過する程に低くなってしまいます。特に日をまたいでしまうと、相手のテンションも下がってしまい、力作のファーストメッセージであっても、返信をもらうことが難しくなってしまうため、少なくとも当日中に最初のメッセージを送信するようにしましょう。

初回メッセージをすぐに送るためにも年齢確認は事前に済ませておく

ペアーズでマッチング後すぐに最初のメッセージを送るためには、男女ともに年齢確認手続きを完了しておくことが必要になります。年齢確認手続きが完了していれば、男性無料会員であっても、初回メッセージの送信まではすることができます。

そのため、本命の相手を見つけたときには、まず年齢確認手続きを完了させてからアプローチするようにしましょう。

初回メッセージの審査はオプションプランに加入すると優先対応してもらえる

ペアーズで相手に最初に送るメッセージは、運営によって審査が行われ、審査に通過してから相手に届くようになります。

プレミアムオプションやレディースオプションに加入することによって、この最初のメッセージの審査を優先対応してもらうことができるようになります。

最初のメッセージが早く相手に届くことによって、より返信をもらいやすくなるため、ペアーズで本気で恋活することを感がている場合には、少しでも有利になるように、オプションプランへの加入も検討してみてください。

Pairs(ペアーズ)の最初のメッセージまとめ

Pairs(ペアーズ)の最初のメッセージは、その後のメッセージ交換を続けることができるかが懸かっている重要なメッセージです。マッチングしてくれたことへのお礼と、相手のどこに魅力を感じたのか、共通点からの話題提示など、ポイントを抑えて相手が返信したくなる最初のメッセージを作成できるようにしていきましょう。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます