休会制度のないPairs(ペアーズ)で休会する方法とメリット・注意点

休会制度のないPairs(ペアーズ)で休会する方法とメリット・注意点

Pairs(ペアーズ)には、機能として休会機能は提供されておりませんが、無料会員のまま放置することで、検索結果にも表示されにくくなり、事実上の休会状態にすることができます。Pairs(ペアーズ)では退会するとアカウントデータが全て消えますので、再開する可能性があるうちは休会状態にしておく方が良いでしょう。

本記事では、Pairs(ペアーズ)で休会状態にする方法とメリット・注意点についてご紹介していきます。Pairs(ペアーズ)で休会にすることにはメリットと注意点がありますので、比較した上で休会か退会かを選ぶようにしていきましょう。

本記事を読むと分かること

  • Pairs(ペアーズ)では昨日として休会機能は提供されていない。ログインしなくなることで検索に表示されにくくなるので、事実上の休会状態にすることはできる
  • 休会であればデータも失われず、いつでも再開できるので、再開可能性があるうちは休会状態がお勧め
  • ただし、休会状態は検索結果に表示され続け、将来的に友達や恋人に発見される可能性があるため、長期間利用しない場合はしっかりと退会することが必要

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

Pairs(ペアーズ)には休会制度はない

Pairs(ペアーズ)には休会制度はない

Pairs(ペアーズ)では、退会するとアカウントの全データが削除され、再登録しても引き継ぐくことはできません。そのため、再度Pairs(ペアーズ)を利用する可能性がある場合は休会することが望ましいのですが、機能としてはPairs(ペアーズ)に休会制度はありません。

Pairs(ペアーズ)で休会する場合は無料会員になって放置

Pairs(ペアーズ)で休会する場合には、全ての有料契約を解約して無料会員になって放置することが必要になります。Pairs(ペアーズ)を利用しなくなれば、自然と検索結果も下の方になり、よほど詳細な検索をされない限りはヒットされることもなくなります。

また、既にマッチングしている相手からメッセージがくることもあれば、あなたの最終ログイン時間がどんどん経過していくことによって、Pairs(ペアーズ)の利用を辞めたのだと理解してもらうことができます。既にデートした相手など親密な相手に対しては一言連絡を入れておくのが礼儀でもありますが、スルーでも伝わります。

Pairs(ペアーズ)で退会ではなく休会するメリット

Pairs(ペアーズ)で退会ではなく休会するメリット

ここからは、Pairs(ペアーズ)を退会するのではなく休会することのメリットについて確認していきましょう。基本的にPairs(ペアーズ)を長期間利用する意向がない場合は、退会してしまうことをお勧めします。休会したままずっとPairs(ペアーズ)のアカウントを放置し続けると、何年後かに友達に見つけられてしまう可能性もあるので注意しましょう。

再開する場合にアカウントに紐づいている情報を再利用できる

Pairs(ペアーズ)を休会しておくと、再開するときに前のアカウントのデータを引き継ぐことができます。期間が過ぎればマッチングしていた相手なども利用をやめていることが多くなり、あまり意味がないかもしれませんが、プロフィール情報などはそのまま利用することが可能なので登録の手間が省けます。

また、再開までの期間が短ければ、既存のマッチング相手やいいねを送ってくれた相手とも継続して関係性を続けられる可能性があります。再開の可能性が少しでもあるのであれば、退会ではなく休会を選ぶことをお勧めします。

30日間経過するのを待たずにPairs(ペアーズ)を再開できる

Pairs(ペアーズ)では、一度退会すると再登録までに30日間空けることが必要になります。そのため、休会にしておけば、やっぱりPairs(ペアーズ)を利用したいと翻した時にすぐにアカウントのデータを引き継いで利用を再開することができます。

退会してしまうと、30日間はPairs(ペアーズ)の利用ができず、他のマッチングアプリを利用することが必要になります。最も会員数の多いPairs(ペアーズ)を利用できないのは、真剣に恋活マッチングアプリを利用するときには痛手です。

Pairs(ペアーズ)で退会ではなく休会する場合の注意点

Pairs(ペアーズ)で退会ではなく休会する場合の注意点

Pairs(ペアーズ)で退会ではなく休会を選ぶことにはメリットもありますが注意点もあります。休会することを検討するときには、メリットと注意点を比較して適切な選択肢を選ぶようにしましょう。

休会中は検索結果に表示される場合がある

Pairs(ペアーズ)で無料会員のまま放置する休会をするときは、その間も異性の検索結果にはあなたが表示され続けます。休会期間が長くなればなるほど検索結果に表示されにくくなりますので、見つかる心配はありませんが、検索結果で詳細な条件を指定したときには表示されることもあります。

場合によって、10年後などに友人などに見つかる可能性もゼロではありませんので、長期間利用しない場合には休会ではなく退会するようにしましょう。

恋人ができた時などにPairs(ペアーズ)を利用していたことがバレる可能性がある

Pairs(ペアーズ)で休会を選ぶ場合は、退会しない限りは検索結果に表示され続けることになります。そのため、恋人ができたときなどに友人づてなどでPairs(ペアーズ)の利用がバレると、恋人に今も利用しているのではないかと問い詰められる可能性があるので注意することが必要です。

有料契約の自動更新を解約していないと課金され続ける場合がある

Pairs(ペアーズ)で休会する場合、万が一有料契約の解約手続きを忘れてしまうと、定期更新の度に契約が更新されて料金が請求され続けることになります。Pairs(ペアーズ)の解約手続きは支払い方法ごとによって異なりますが、手順はとても簡単ですので、休会する場合には必ず有料契約も解約しておいてください。

プライベートモードを利用すれば休会中も身バレを防げる

ペアーズの無料会員に戻り休会をしている場合、検索結果には自分が表示され続けてしまうことになります。

そのため、ペアーズの利用をお休みしている間に知り合いにバレる可能性もあります。料金はかかってしまいますが、プライベートモードを利用することで、自分が「いいね」を送った相手もしくは「マッチング」が成立した相手にしか、自分を表示させないようにすることもできます。

ペアーズの利用を一定期間お休みする場合、身バレを防ぎたい時にはプライベートモードの活用も検討してみてください。

メイン写真を風景写真に変えれば休会中も身バレを防げる

ペアーズの無料会員に戻り休会する際、プライベートモードを利用すれば身バレを防ぎますが、料金がかかってしまうことは大きなネックとなります。

メイン写真に顔写真を登録している場合、身バレの原因となるのはこのメイン写真になりますので、現在の顔写真から風景写真など個人を特定できない写真に切り替えることで、休会中も身バレを防ぐことができるようになります。

ただし、いきなりメイン写真を変更すると、今やりとりをしている相手がビックリしますので、事前に告知をすることも大切です。

Pairs(ペアーズ)の休会まとめ

Pairs(ペアーズ)には休会機能はありませんが、無料会員のまま放置することで事実上の休会とすることができます。退会するとアカウントデータが全て消失し、30日間は再登録することができなくなりますので、再開する可能性があるうちは休会状態にしておくことがおすすめです。

しかし、休会のままでは検索結果に表示され続けることになりますので、長期間利用することがない場合には、休会ではなく退会手続きを取るようにしましょう。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます