Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会う提案をしてくる男女心理と対処方法

Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会う提案をしてくる男女心理と対処方法

Pairs(ペアーズ)では、マッチングしてすぐに会うことを提案される場合があります。マッチング後すぐに会いたがるのは業者やヤリモクが多く、提案を受けることには大きなリスクがあります。もしすぐ会うことを受ける場合も、最大限警戒しながら対応することが大切です。

本記事では、Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会う提案をしてくる男女の心理と対処方法についてご紹介していきます。タイプの異性からマッチング後すぐに会うことを提案され、受けていいか悩んでいる方は是非本記事を参考にしてみてください。

本記事を読むと分かること

  • Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会うことを提案してくる人は、業者かヤリモクが多い。平均的にはマッチングしてから2週間程度に初デートとなる
  • マッチング後すぐ会うことを提案してきた相手がタイプの異性で受ける場合でも、最大限警戒してトラブルに巻き込まれないようにすることが必須
  • 自分がマッチング後すぐ会うことを求めている場合は、タップル誕生の「おでかけ」やDineの「Dine Tonight」など適したサービスの機能を利用することがおすすめ

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

Pairs(ペアーズ)でマッチング後にすぐ会うってあり?

Pairs(ペアーズ)でマッチング後にすぐ会うってあり?

Pairs(ペアーズ)を利用しているとマッチング後すぐに相手からデートの提案を受けることがありますが、マッチング後すぐにあうことは、Pairs(ペアーズ)の利用に慣れている人でも不安を感じるものです。

まずは、Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐに相手と会うことはありかについて、基本的な考え方を見ていきましょう。

すぐ会うことは「怖い」と感じる人が大多数

ペアーズでマッチングした相手とすぐに会うことに対して、「怖い」と感じる人は大多数です。そのため、相手とマッチングしてすぐにデートの提案をされ、怖いと感じることは普通のことになります。

マッチングした相手は、互いに第一印象でいいなと感じていても、実際には赤の他人でお互いのことを全く知りません。そのような状況で実際に会うことにはリスクがあるため、警戒心を持っていることは安全にペアーズを利用する上でも良いことです。

もしも相手が強くすぐ会うことを要求してきても、相手に合わせる必要はありません。怖いと感じているのであれば、率直にお断りすると良いでしょう。

まずは会ってみないと何も分からない派の人もいる

ペアーズなどの恋活アプリの利用に慣れている人の中には、メッセージ交換をまず続けるよりも、実際に会って見ないと互いの本当の相性は分からないと考える人たちもいます。

初回デートも、時間帯や場所に注意をすれば安全性をある程度は確保することができますので、時間のかかるメッセージ交換はせずに、まずはデートしてみるという人達もいます。

マッチングから初デートの提案までは1週間程度メッセージ交換するのが普通

ただし、基本的にはペアーズでマッチングした相手にデートの提案をするのは、メッセージ交換を1週間程度続けた後のタイミングが望ましいです。

1週間程度メッセージ交換を続ければ、ある程度互いのことについて知り合うことができ、最低限会うだけの信頼関係を構築することができます。この状況になれば、デートの提案をしてもOKの返事をもらえる確率が高くなります。

マッチングから実際に会うまでの期間は平均2週間程度

Pairs(ペアーズ)では、マッチングしてから初デートまでの平均的な期間は2週間程度です。マッチングをして1週間程度メッセージ交換を重ね、そこまで続いて初めてデートの提案をするのがスタンダードです。

Pairs(ペアーズ)では、初デートが初対面の場となりますので、信頼できない相手とは会わないようにする方が無難です。そういう意味では、マッチング後すぐにデートを提案してくる相手とは、基本的に会わないようにした方が良いでしょう。

すぐ会うのは業者やヤリモクの可能性が高い

Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐにデートの提案をする人は、通常の恋活目的の利用者よりも、実際に会うことでその人の目的が達成されるタイプの人である可能性が高いです。具体的にはヤリモクや業者で、特に業者である可能性はとても高いと言えるでしょう。

マッチング後1ヶ月デートしないなどは逆にNG

また反対に、Pairs(ペアーズ)でマッチングした後1ヶ月程度メッセージ交換を続けてまったくデートに誘わないというのもNGです。

恋活を真剣に取り組んでいる人はとにかく忙しく、同時にメッセージ交換できる相手も最大でも5人程度です。そのうちの1枠を使って長々とメッセージ交換だけ続ける行為は相手にとっても失礼な行為に当たりますので、メッセージ交換が1週間程度続いたらデートの提案をするようにしていきましょう。

なぜ急ぐ?Pairs(ペアーズ)ですぐに会いたがる男性・女性のパターン

Pairs(ペアーズ)ですぐ会う提案をしてくる男女の目的

ここからは、Pairs(ペアーズ)ですぐ会うことを提案してくる男性や女性の目的についてご紹介していきます。相手からマッチング後すぐにデートの提案をされた場合は、相手が下記のどのタイプに当てはまるのか検討してみてください。

ヤリモク

可能性としては低いですが、Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会うことを提案してくる男性は、ヤリモク男性である可能性があります。彼らは実際に会うことでしか目的を達成することができないので、マッチング後すぐに会うことを数うちゃ当たる戦法でしている場合があります。

ただ、最近のヤリモク男性はどんどん狡猾になってきており、しっかり3〜4回デートをして相手からの信頼を得てから、自分の目的を達成しようと行動に移す場合があります。いずれにせよ、このタイプの男性とは実際に会っても損しかありませんので注意するようにしましょう。

業者・勧誘

Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会うことを提案してくる人で最も多いのが、「業者・勧誘」タイプの相手です。

高額商品の販売などのビジネス目的で利用している人も多く、ランチデートでいきなりオススメの商品の話や体験館、試飲会などに誘われた時には十分注意するようにしましょう。

また、商品販売だけでなくネットワークビジネスの勧誘をしてくる場合もあります。「一緒に成功しよう」「すごい人に会わせてあげる」などのワードを相手が発するようであれば、ネットワークビジネスの業者ですので、すぐにデートを切り上げて帰りましょう。

一目惚れでチャンスを逃さないためにすぐに会いたい

Pairs(ペアーズ)では、相手が自分のどストライクの相手で、このチャンスを逃してはいけないと、マッチングしてすぐにデートの提案をしてくる場合があります。

この場合は、相手からどんどん積極的にアプローチしてきますので、一瞬業者かと疑ってしまうことになります。このタイプの相手は、すぐに会うことを断ったとしても、その後もメッセージ交換を続けることができますので、その点で業者かどうかを区別するようにしていきましょう。

1デートにかかる単位時間の効率を重視している

Pairs(ペアーズ)の利用者の中には、とにかく効率的に利用することを大切にする人もいます。1回のデートをするために必要なメッセージ交換の頻度を、デートを誘うタイミング毎で期待値にして整理し、その結果すぐに会うことを提案することが、最も1デートあたりに要する消費時間が少ないと判断している場合は、すぐに会うことを提案してくる場合があります。

しかし、このタイプの相手は効率至上主義でそもそもなぜPairs(ペアーズ)を利用しているのかの目的を忘れている可能性もあり、デートをする相手としては不適切かもしれません。

早めに恋活を終了して身バレを防ぎたい

ペアーズでマッチング後すぐ会うことを求める人の中には、恋活アプリを利用していることが周囲にバレるのを恐れ、利用する期間を最短にしようと考えている人もいます。

そのため、時間のかかるメッセージ交換のステップを飛ばして、良いなと感じた人とは積極的に会おうとしている場合があります。

ただ、多くの場合はマッチング後すぐデートの提案をしても、相手が警戒してOKの返事をくれることは少ないため、逆に非効率的な恋活をしてしまうことになります。マッチング後すぐのデートを積極的に考えている場合には、専用の機能がある「タップル誕生」や、デート向けマッチングアプリの「Dine」や「東カレデート」を使っていくようにした方が良いでしょう。

>>タップル公式はこちら

>>Dine公式はこちら

>>東カレデートはこちら

Pairs(ペアーズ)ですぐ会う提案をされた場合の対処方法

Pairs(ペアーズ)ですぐ会う提案をされた場合の対処方法

Pairs(ペアーズ)ですぐ会う提案をされた場合には、基本的に断る方針で進めることが望ましいです。すぐ会うことはリスクに繋がる可能性が高く、実際に会う相手はもう少しメッセージ交換を重ねて、本当に相手との相性が合うのか、信頼できる相手なのかを確認してからにする方が良いでしょう。

しかし、もしすぐ会うことを提案してきた相手が自分のものすごくタイプの相手である場合は、その提案を断るとフェードアウトされてしまう可能性もあります。リスク承知で会うことを決めた場合には、トラブルに巻き込まれないように慎重に対応することが大切です。

会う前に相手の写真を送ってもらい本物か確かめる

Pairs(ペアーズ)ですぐ会うことを提案してくる相手は、待ち合わせ場所で別人が登場してくる可能性もあります。ヤリモク男性などは自分の顔写真がデータとしてPairs(ペアーズ)に残るのはまずいですし、業者においても同様です。

そのため、相手が本当にプロフィール写真の相手かどうかを確かめるためにも、メッセージで写真を別途送ってもらうようにすると良いでしょう。

会う前にLINE交換をして電話で感触を確かめる

Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会う場合には、実際に会う前にLINEアカウントなどを交換して電話をしてみることもおすすめです。電話をしてみて、ちょっとでも怪しい人と感じたり、恐怖心を感じるような相手であれば、実際に会うことは控えるようにした方が良いでしょう。

また、LINEは個人情報に近いものになりますので、疑わしい相手とアカウントを交換することはできるだけ避けたほうが良いでしょう。

本名などの個人情報は教えない

Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会うことを提案してくる相手については、警戒をいくらしてもしたりません。そのため、個人情報や住所、職場、SNSアカウントなどを知ることのできる情報は一切開示しないようにしましょう。

LINEを交換するときは、LINE IDと他のSNSで使用しているIDが同一でないかも確認することが大切です。

デート内容は自分で指定し大衆監視のあるランチデートにする

Pairs(ペアーズ)でマッチング後相手とすぐに会う場合には、デート内容については自分で提案することが大切です。相手に悪意がある場合は、密室に連れ込まれてしまうなどのリスクもあるため、常に周囲に人がいる環境に身をおくように注意するようにしましょう。

夜に会うのは絶対にNGで、会うとしても日中のランチデートで、開放的な人の多い場所にすることが必要です。また、帰り道もつけられていないかなどしっかり警戒することも大切です。

デートする際も距離感を近づけない

Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐにデートをする場合は、デート中も警戒心を解いてはいけません。相手を信頼することができない状態である以上、距離感はしっかり保ち、楽しい気分になっても乗せられないように注意することが大切になります。

また、会話が弾むとつい自分の個人情報を開示してしまいそうになりますが、相手を信頼できない場合は迂闊に自分のことを話してはいけませんので、気をつけるようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)ですぐ会うためにするべき準備

Pairs(ペアーズ)ですぐ会うためにするべきこと

反対に、Pairs(ペアーズ)で自分がマッチング後すぐに会うことを望んでいる場合のTipsについて見ていきましょう。

Pairs(ペアーズ)ですぐ会うのは基本的に難しい

基本方針として、Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会うことを提案することは、相手に業者やヤリモクであることを疑われますので、避けるようにした方が望ましいです。恋活に真剣に取り組むのであれば、マッチング後1週間程度はメッセージ交換を重ねて、互いにある程度の信頼関係を構築できるようにしていくと良いでしょう。

また、どうしてもマッチング後すぐに会いたいという場合には、そういった機能を兼ね備えているマッチングアプリを利用するのがおすすめです。

相手が嫌がっているのに強引に誘うのはNG

ペアーズでマッチング後すぐに会いたいと考えている場合も、相手の意向を無視して強引に誘っても成功しません。

相手が嫌がっている中でさらに押していくと、常識のない人だと思われ、ブロックされてしまう原因にもなります。そうなると、一から異性を探し、いいねを送り、などステップを繰り返さなければいけないので、逆に多くの時間を消費してしまうことになりますので注意しましょう。

プロフィール情報を充実させて信頼度を高める

ペアーズでマッチング後すぐ会うことを提案することは、相手に業者やヤリモクなのではないかと疑われてしまう大きな原因になります。

そのため、すぐ会うことを提案したい場合には、自分のプロフィール情報は全てきっちりと作り込み、相手が確認したときに信頼できる相手だと感じてもらうことが大切になります。プロフィール情報がスカスカで、すぐ会うことを提案してくる相手については、業者だと判断してブロックして対処するのが普通なので気をつけましょう。

相手の本名や住所など個人情報を聞こうとしない

ペアーズでマッチング後すぐ会うことを提案する場合には、相手が感じる不信感をできるだけ和らげることが大切になります。

そのため、相手がさらに警戒心を強めることになるメッセージは控えることが必要で、本名や住所などの個人情報を聞こうとする行為は絶対に避けるようにしましょう。他にも、勤務先などの質問も、メッセージ交換の中で聞くのは控えたほうが良いでしょう。

夜の時間帯や居酒屋など相手が警戒するデートは提案しない

ペアーズで相手とすぐ会うためには、夜の時間帯のデートや、お酒の入ることが前提の居酒屋デートなどは提案せず、日中の時間帯にお洒落なカフェレストランでのランチデートを提案するのが望ましいです。

すぐ会うこと自体に相手は警戒心を抱きますので、相手が警戒しないような内容のデートを提案しましょう。また、チェーン店のカフェだと、業者だと怪しまれますので、相手が喜んで行きたくなるような、お洒落なお店を選ぶようにした方が望ましいです。

ダブルバインドテクニックを活用する

ペアーズでマッチング後すぐ会うことを提案する際には、ダブルバインドテクニックを活用するのもオススメです。

ダブルバインドテクニックとは、Yes/Noの質問をするのではなく、A/Bの選択肢の質問をするというものです。提示する選択肢が実際にはYes/Yesなので、確率的にYesの返事をもらえることが多くなります。

「突然ですけど明日デートしませんか?」よりも、「突然のお誘いで驚かせてしまうかもしれませんが、明日土曜日のお昼がちょうど時間が空いていて、よければイタリアンかフレンチに行きませんか?」と誘った方が成功確率が高くなることでしょう。

タップル誕生の「おでかけ」機能を使う

タップル誕生

20代に大人気の恋活アプリ「タップル誕生」では、「おでかけ」機能というデート前提でマッチングする機能があります。女性がデート内容を提案して、男性がお誘いし、女性が承諾するとマッチングが成立する機能となっており、女性のデート内容が例えば今晩のディナーであれば、マッチング後すぐにお店や時間の調整をして、その日の夜にすぐに会うことも可能です。

また、おでかけは1対1だけでなく、複数人対複数人の合コン形式でのマッチングも可能ですので、すぐ会うことに対して二人きりでは不安だという方も安心して利用することができます。

Dineの「Dine tonight」活用する

Dine

Dineは食事デート前提でマッチングすることのできるマッチングアプリで、「Dine Tonight」という今晩のディナーを一緒にする相手を探す機能が提供されています。この機能を使えば、マッチング後すぐに当時夜に会うことのできる相手を探すことができます。

また、Dineは食事デート前提でのマッチングをすることができますので、Pairs(ペアーズ)とは異なり、マッチングしてから会うまでの期間が短く、メッセージもデートの調整の内容がほとんどで手軽です。マッチングしたらすぐ会いたいという方は、Dineの利用も検討してみてください。

Pairs(ペアーズ)ですぐ会うまとめ

Pairs(ペアーズ)でマッチング後すぐ会うことを提案してくる相手は、業者やヤリモクなどが多く、実際に会うことにはリスクが伴います。そのため、基本的にはタイプの異性からすぐ会うことを提案されたとしても、お断りする方針で考えておいた方が安心です。

Pairs(ペアーズ)で相手からすぐ会うことを提案された戸惑っている方は、本記事を参考に対応方針を検討していって頂ければ幸いです。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます