Pairs(ペアーズ)でいいねがもらえる自己紹介文のポイントと男女別例文

Pairs(ペアーズ)でいいねがもらえる自己紹介文のポイントと男女別例文

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は、異性からいいねをもらえるかに重大な影響力を持つプロフィール情報です。異性があなたについて知りたい情報が伝わる自己紹介文を書くことによって、あなたについてもっと知りたいと感じてもらい、結果として異性からいいねがもらえるようになります。

本記事では、Pairs(ペアーズ)でいいねがもらえる自己紹介分のポイントと作り方、男女別の自己紹介文の例文についてご紹介していきます。これから自己紹介文を作成される方や、現状の自己紹介文で良いのか悩んでいる方は、是非本記事を参考にしてみてください。

本記事を読むと分かること

  • Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は、プロフィール写真に次いで重要な情報
  • Pairs(ペアーズ)での良い自己紹介文とは、異性が知りたい情報について網羅的に紹介されている文章
  • Pairs(ペアーズ)の自己紹介文には作り方と流れのテンプレがあるので、それに従って書けば良い自己紹介文を誰でも作れる

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文とは

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文とは

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は、相手があなたのプロフィールページを閲覧した時に確認することのできるプロフィール情報です。自分について紹介する情報を自由入力のテキストで登録することができ、異性に自分の魅力をアピールすることができます。

プロフィール写真と並ぶ重要プロフィール情報

Pairs(ペアーズ)のプロフィール情報の中で最も重要なのはプロフィール写真になりますが、次に重要なのがこの自己紹介文です。おおよそこのプロフィール写真と自己紹介分のできで、ほぼ異性からいいねをもらえるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は1,000文字まで入力可能

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は1,000文字まで入力することができます。1,000文字というとかなり多い文量になります、いっぱいまで入力する必要はありません。相手が知りたいであろう自分の情報について、しっかりと整理して相手に伝わるように書くことが大切です。

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文の登録・変更方法

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文の登録・変更方法は、アプリ「その他」からプロフィール確認ページにアクセスし、「プロフィールを編集」ボタンをタップすると変更画面に行くことができます。プロフィール変更時には運営側の審査も入りますので、利用規約に抵触するような内容は登録しないように気をつけましょう。

Pairs(ペアーズ)でいいねがもらえる自己紹介文のポイント

Pairs(ペアーズ)でいいねがもらえる自己紹介文のポイント

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は異性からいいねをもらえるかを分ける重要なプロフィール情報です。ここからは、いいねをもらいやすい自己紹介文のポイントについて見ていきましょう。実際に自己紹介文を作成する場合には、下記のポイントを抑えた文章を作成てください。

500文字以上のしっかりとした文量で書かれている

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は1,000文字まで入力することができますが、およそ500文字程度の文量が望ましいとされています。相手が自分について知りたい情報を網羅的書けば、整理して簡潔に書いたとしても500文字程度になります。

短すぎると恋活を真剣に取り組んでいないと思われ、業者かもしれないと勘違いされる場合があります。反対に長すぎても相手が読む気になれないので、500文字程度の文量で自己紹介文は作成するようにしましょう。

丁寧な言葉遣いで文章を書く

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は、書く内容だけでなく文章そのものの丁寧さも大切になります。相手があなたの書いた自己紹介文を読んで、誠実さや知的さを感じてもらうことが、Pairs(ペアーズ)で異性にいいねをもらう上で大切なことになります。

一度作成した文章は何度か推敲して、異性にとって魅力的な文章になっているかチェックするようにしましょう。

適度に改行をして相手が読みやすいようにする

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は自由に改行することができます。一度も改行しない文章はとても読みづらいので、適度に改行や空行を入れて、視覚的にも相手が読みやすい自己紹介文にするようにしましょう。

最初に挨拶とプロフィールページを見てくれたお礼を伝える

Pairs(ペアーズ)では、プロフィールページの最初からいきなり自分についての紹介を始めるのではなく、最初に簡単な挨拶とプロフィールページを閲覧してくれたことへの感謝を伝えることが大切になります。

Pairs(ペアーズ)のプロフィールページは、誰に対してでも閲覧するというものではなく、数ある人の中から気になる人を選んで閲覧します。そのため、まずは選んでくれたことに対する感謝を伝えて、恋活に誠実に取り組んでいる人だということを知ってもらいましょう。

相手が知りたいであろう情報を網羅的に簡潔に伝える

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は、自分の強みや自己PRをする場というよりも、相手が自分について知りたい情報を適切に開示する場所です。自分の話したいことだけを文量多めに伝えても、相手が知りたいことが記載していなければ、この人とは縁がなかったと思われていいねをもらえない可能性が高くなってしまいます。

詳しい話はメッセージ交換後の楽しみにとっておき、まずは相手が知りたい自分についての情報を網羅的に紹介するようにしましょう。具体的には、下記の項目を入れた自己紹介文を作成するようにしましょう。

  • 仕事
  • Pairs(ペアーズ)に登録した理由
  • 趣味・興味関心・好きなこと
  • 休日の過ごし方
  • 好きな異性の相手、望む付き合い方
  • 恋愛のペース、進め方

「仕事」は具体的な内容が伝わるように説明する

ペアーズの自己紹介文では自分の「仕事」を紹介することが大切です。ただ単純に「営業」や「プログラマー」などの職種を説明するのではなく、具体的にどのような仕事をしていて、どんな楽しみがあるのかを説明すると、相手がより強い興味を持ってくれます。下記を参考にしてみてください。

石炭を高品質にするための大型機器を、国内外の製鉄会社に営業する仕事をしてます。出張ベースなので毎月全国にある製鉄所のどこかに行き、ご当地グルメを堪能するのが楽しみの一つになってます。

1つのプロジェクトの売上が大きく、2〜3年単位でかかるもので、受注が成立し、無事に機器の工事が完了したときにメンバー全員で喜びを共有できるのが仕事での嬉しい点です。

「趣味」はライフスタイルや価値観を伝える気持ちで書く

また、ペアーズの自己紹介文においては、自分がどのような人間かが伝わるような「趣味」を紹介することも大切です。

「趣味」は、それを見る人にとっては人柄や性格を連想させるものになりますので、相手から見てどう見えるかという視点も大切に、趣味を登録するようにしましょう。

「休日の過ごし方」は恋人になった後の付き合い方を表現する

また、ペアーズの自己紹介文では、「休日の過ごし方」の項目も作って紹介していきましょう。休日の過ごし方は、マッチングした後のデート内容や、お付き合いした後にどのような交際をするのかを相手にイメージしてもらうことに役立ちます。

休日の過ごし方の項目では、自分が特に好きな過ごし方だけでなく、楽しむことが可能な休日の時間を記載しておくことも大切です。休日の過ごし方が限定されていると、相手が「この人とは合わないかな」と感じてしまう異性が多くなってしまいます。

より多くの人が、この人と交際することになったら、楽しい時間を多く共有できそうだなと感じることができるよう、なるべく多く自分の好きな休日の過ごし方を紹介するようにしましょう。

「好きな異性の相手」では自分の恋愛観を表現する

ペアーズの自己紹介文では、「自分の好きな異性の相手」や恋愛に対して求めることなど、恋愛観についても紹介することが大切です。

より多くの時間を共有できる恋愛をしたいのか、将来を考えられるような真剣な恋ができると嬉しいのか、自分の目的を明確にしておくことで、そこに共感する異性からアプローチをしてもらえるようになります。

好きな異性の相手を曖昧にしてしまうと、幅広い異性からアプローチされ、また恋活の目的が異なる異性とマッチングすることにもなり、効率的な恋活をすることができません。ただし、あまりに条件付けをしてしまうのも、高飛車のように思われる可能性がありますので、バランスを考えることも大切です。

文章が読みやすいように見出しをつけてあげる

ペアーズの自己紹介文は、ダラダラと文章だけで説明するのではんかう、見出しや箇条書きを用いながら説明することが大切です。相手に読んでもらうためにも、読みやすい自己紹介文になるように工夫をしていきましょう。

休日の過ごし方を書いていくのであれば、「■好きな休日の過ごし方」や「【好きな休日の過ごし方】」など見出しをつけ、ここからの文章で何が書かれているのか、読む異性が簡単に認識でき雨量にしていきましょう。

恋活に対して真剣に取り組んでいることを伝える

Pairs(ペアーズ)を利用する人は誰しも不安を抱えているため、自己紹介文で自分が誠実に恋活に取り組んでいることを伝えることが大切になります。自分がなぜPairs(ペアーズ)を利用し始めたのか、どのような未来を描いているのかを誠実に伝えることによって、相手の不安感を和らげることができます。

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文の流れ

最後に、Pairs(ペアーズ)の自己紹介文の流れについてご紹介していきます。下記の流れで自己紹介文を作成すると、相手が知りたい情報が網羅され、またスムーズに読める良い自己紹介文を作成することができます。これからPairs(ペアーズ)に登録する自己紹介文を作成するという方は、参考にしてみてください。

  • 挨拶、御礼
  • Pairs(ペアーズ)に登録した目的
  • 職業・仕事内容
  • 趣味・好きなこと
  • 休日の過ごし方、アウトドア派/インドア派
  • 好きな異性のタイプ、求める恋愛のペース・進め方
  • 締めの挨拶

マイナス印象になりそうなことは書かない

ペアーズの自己紹介文で相手に良い印象を持ってもらい、「いいね」や「ありがとう」をもらい、マッチングを増やして行くためには、相手が見たときにマイナス印象になるそうな文章は書かないという点も大切になります。

相手の好印象になる自己紹介文を書くのと同じように、悪印象になる自己紹介文を書かないことも重要です。具体的に確認していきましょう。

仕事の愚痴や世間に対する批評は書かない

まず、ペアーズの自己紹介文では、仕事のぐちや世間に対する批判的な姿勢など、「この人と一緒に居ても楽しくなさそうだな」と相手が感じるような文章は、ほんの少しでも書くのはNGです。

自己紹介文は、あなたの性格や価値観、恋活に対する本気度を異性に伝えることが目的となります。その中で、否定的な姿勢の文章が記載されていると、恋人候補としてすぐに除外されてしまうことになります。

不満要因を持っている人として、業者やヤリモクに狙われる要因にもなりますので、注意するようにしましょう。

ネットスラングは使わない

ペアーズの自己紹介文で、「www」などネットスラングを使用するのも避けた方が良いでしょう。

ネットスラングは特定の界隈で使用するためのものであり、リアルに会ってデートをすることになる恋活アプリでの使用は控えた方が望ましいです。

将来的に結婚するかもしれない相手と出会う可能性もありますので、誠実な文章で自己紹介文を書くように心がけていきましょう。

自分を卑下することはしない

ペアーズの自己紹介文では、胸を張って堂々と自分の価値観や性格などを紹介することが大切です。「こんな私で良かったら、、」など自分を卑下する表現でハードルを下げようとするのは不適切です。

自分を卑下する表現は、相手の期待値を下げる効果があるため、実際に会った時にがっかりされないようになるなど、自己防衛には役立ちます。しかし、ペアーズで異性を探している相手が見たときには、「ネガテイブな人だな」と感じ、これから恋を前提とした関係性を構築していこうとする人の対象にすることができなくなります。

モテないアピールで期待値を下げようとしない

上記の自分を卑下する表現と同様に、ペアーズの自己紹介文でモテないアピールをするのもあまりよくありません。

魅力的な異性は、わざわざモテないアピールをしている人とお付き合いをしていこうとは考えません。そのため、モテないアピールをしてしまうと、同じようにモテない異性を引き寄せてしまい、魅力的な異性を弾いてしまう可能性が出てきます。

ペアーズを通じて素敵な恋人を作りたいのであれば、モテないアピールは封印するようにしましょう。

「使い方がよくわかりません」発言はしない

ペアーズの自己紹介文や「つぶやき」において、「使い方がよくわかりません」という文章を登録する人がいますが、これは多くの場合、「わざわざ登録することじゃない、調べることもできない、つまり一人では何もすることができない自立していない人」と認識されることになります。

少なくとも、ある程度の社会人経験のある人から見たら、この文章を登録している人に時間を使おうという気にはなれません。

上から目線の文言は記載しない

ペアーズの自己紹介文で、相手に対して非常に厳しい条件を設けるなど、最初から上から目線での文言を登録することは避けたほうが望ましいです。

実際に厳しい条件を相手に対して持っていたとしても、自己紹介文などで記載してしまうと、その条件を持っている人もドン引きしてしまい、せっかくの出会いの機会を失ってしまうことにもなりかねません。

世間受けの悪い趣味・オタク活動は隠しておく

ペアーズの自己紹介文では「休日の過ごし方」や「趣味」などを紹介することが大切です。ただし、世間一般的に評判の悪い趣味やオタク活動については、あえて自己紹介文で公開する必要はありません。

例えば、同じオタク趣味を持つ恋人が欲しい場合においても、自己紹介文でアピールをするのではなく、コミュニティを通じて共通趣味を持つ異性を探した方が望ましいです。

絵文字は極力使用しない方が良い

また、ペアーズの自己紹介文では、絵文字は極力使わないようにした方が良いでしょう。絵文字は少し子供っぽく見えてしまうことがあり、大学1、2年生頃までで卒業した方が望ましいです。

ペアーズを通じて素敵な恋活をしようと考えているのであれば、大人に相応しい文章での自己紹介文を書くようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)で相手がフェードアウトするNG自己紹介文

Pairs(ペアーズ)で相手がフェードアウトするNG自己紹介文

ここからは、Pairs(ペアーズ)で相手がフェードアウトしてしまうNGな自己紹介文についてご紹介していきます。プロフィール写真などにせっかく力を入れていても、このような内容の自己紹介文を登録していると、異性があなたのプロフィールページを閲覧した時にすぐに閉じて、二度と見てもらえなくなりますので注意するようにしましょう。

短すぎる/長すぎる自己紹介文

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文が100文字程度など非常に短い場合は、この人は真面目には恋活に取り組んでいないんだなと思われてしまいます。また、業者かもしれないと思われ、いいねを送ることがなくなってしまいますので気をつけましょう。

また反対にダラダラとした文章を書いてしまい、上限である1,000文字に近い文章を書くと、相手がまずそもそも読む気がなくなってしまいますので、結果としていいねをもらうことができなくなります。また読んでもらえたとしても、ダラダラとした文章には知的さを感じることができず、恋活相手として見てもらえないことが多いため、こちらも結局いいねをもらうことができなくなります。

自分を卑下するネガティブ表現を使用する

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は相手が知りたい自分についての情報を伝える場所でありますが、ネガティブ表現や自分を卑下するような文章を掲載することはNGです。

初めからネガティブな人とお付き合いをしてみたい、デートをしてみたいと思う人は稀です。そのため、異性からいいねをもらえず、出会いの機会を失ってしまう可能性が高くなりますので気をつけましょう。

自己PRポイントを自慢っぽく書く

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文で、自分のPRポイントについてやたら自慢っぽく書く人もいますが、相手から傲慢な人やプライドが高くて公平なお付き合いはでき無さそうと思われ、結果として良い縁に恵まれなくなりますので注意が必要です。

Pairs(ペアーズ)でモテる男性の自己紹介文の例文

Pairs(ペアーズ)でモテる男性の自己紹介文の例文

下記に、Pairs(ペアーズ)で異性から多くのいいねをもらうことのできる、男性の自己紹介分の例についてご紹介していきます。男性会員でこれから自己紹介文を書く予定の方は参考にしてみてください。

初めまして、プロフィールを見ていただきありがとうございます。

保険代理店に勤めており、関西から東京へ転勤になったことをきっかけに、本格的に恋人を探せればと思いペアーズを始めてみました。

仕事は保険の営業をしており、主に法人を中心に日々歩き回っています。転勤も多く、3〜5年に1回は営業所が変わりますが、いろいろな場所に住むことができて楽しいです。

○趣味、好きなこと
・釣り
・野球
・キャンプ
・ミュージカル鑑賞

休日は友人や同僚と上記の趣味などで遊んでいることが多いです。ただ、たまにのんびり家で過ごしたいときもあり、一日引きこもって好きな映画を見てるときもあります。

どちらかというと尽くしたい派で、もっとこの人のことを知りたいと思える人と縁があれば嬉しいなと思います。土日が休みのため、メッセージ交換を重ねもし気が合えば、休みの日にどこかに一緒にお出かけできると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Pairs(ペアーズ)でモテる女性の自己紹介文の例文

Pairs(ペアーズ)でモテる女性の自己紹介文の例文

下記にPairs(ペアーズ)でモテる女性会員の自己紹介分の例文をご紹介します。女性の方で自己紹介文について悩んでいる方は参考にしてみてください。基本的には、本記事上部でご紹介している自己紹介文の流れについて沿って書けば大丈夫です。

初めまして、みゆといいます。プロフィールページを閲覧いただきありがとうございます。

女性の多い仕事場で近くに良縁がなく、将来を考えられる真剣なお付き合いをできる人を探そうと、一念発起してペアーズに登録してみました。

音大を卒業した後はしばらく一般企業に勤め、今はピアノ教室の先生として小さな子供達から大人の方まで楽しくピアノを教えています。

趣味や好きなことはやはり音楽関連のものが多く、コンサートを観に行くのが一番の楽しみです。ただ、社会人になってから少しずつ趣味の幅を広げ、今まで試してみたものでは下記のものがお気に入りです。
・相撲観戦
・パラセーリング
・渓流釣り
・野球観戦
・フィギュアスケート観戦

他にも好きなものを見つけられるように、これからもどんどん挑戦していけたらなと思っています。

マイペースなタイプなので、どっしりと受け止めてくれるような人と良い縁があれば嬉しいなと思っています。マッチングしてすぐに会うのはちょっと怖いので、メッセージ交換をして気が合えば、ランチなどからお願いできると嬉しいです。

もしよろしければお願い致します。

文章に自信がない方はペアーズが用意している例文を参考にするのもおすすめ

文章に自信がない方はペアーズが用意している例文を参考にするのもおすすめ

ペアーズの自己紹介文を作成する際、文章に自信がない場合には、ペアーズ側で用意している例文を参考にするのもオススメです。また、ペアーズでは同性の人気会員のプロフィール情報を数人参考として見ることができますので、現在ペアーズで人気になっている人が、どのようなプロフィールで登録しているのか確認するのに役立ちます。

ペアーズの自己紹介文の例文は5種類用意されている

ペアーズの自己紹介文の例文は5種類用意されており、自己紹介文の編集画面で確認することができます。「次の例文を見る」ボタンをタップすることで、ペアーズが用意している全ての自己紹介文の例文を確認することができますので、まずは例文を確認して感覚を掴みましょう。

穴埋めではなく参考にしてオリジナル文章にすることが大切

ペアーズの例文は「〇〇」や「■■」などで、空白を埋めることで自己紹介文が完成するような仕様となっています。

しかし、実際には穴埋めをしたものをそのまま登録するのではなく、例文を参考にしながら、オリジナル文章に直すことが大切になります。

例文をそのまま使うと相手にバレ、恋活に対する本気度を疑われることになりますので気をつけましょう。

同性人気会員の自己紹介文を参考にするのもグッド

ペアーズでは、同性人気会員のプロフィール情報を参考として閲覧することができます。

ペアーズの自己紹介文の編集画面の下部に「他の男性/女性会員を見る」ボタンがありますので、タップしましょう。四人ほど現在のペアーズの同性人気会員が表示され、相手のプロフィールページを見ることで、登録している自己紹介文を確認することができます。

ペアーズで人気となっている同性がどのような自己紹介文を登録しているのかを確認し、自分の自己紹介文を作成するときの参考にしましょう。

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文まとめ

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文はプロフィール情報の中でも、プロフィール写真に次いで重要な情報となります。自己紹介文の出来次第で、異性からいいねをもらえるかが大きく変わってきますので、ポイントを抑えて、異性にあなたの魅力が伝わる自己紹介文を作成できるようにしていきましょう。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます