Pairs(ペアーズ)で告白するベストタイミングは何回目のデート?告白されない場合の考え方も紹介

Pairs(ペアーズ)で告白するベストタイミングは何回目のデート?告白されない場合の考え方も紹介

Pairs(ペアーズ)で相手への告白を成功させるためには、告白するタイミング、ムードの作り方、デートの内容、告白する場所・セリフなどの各ポイントを押さえて少しでも成功確率を高めることが大切になります。

本記事では、Pairs(ペアーズ)で告白を成功させるベストタイミングは何回目のデートなのか、告白を成功させるコツ、相手が告白してこない場合の対処方法についてご紹介していきます。Pairs(ペアーズ)の告白で悩んでいる方は、本記事を是非参考にしてみてください。

本記事を読むと分かること

  • Pairs(ペアーズ)で告白するのにベストタイミングなのは3〜4回目のデート
  • 告白するデートはムードが大切。また告白する場所も事前に設計しておこう
  • 男性が中々告白してこない場合は、女性から告白してしまうのもあり

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

Pairs(ペアーズ)で告白するベストタイミングは何回目のデート?

Pairs(ペアーズ)で告白するベストタイミングは何回目のデート?

Pairs(ペアーズ)で告白を成功させて相手とお付き合いをするためには、告白をするタイミングを見極めることが大切になります。相手からOKをもらいやすいタイミングは何回目のデートなのか、具体的に見ていきましょう。

初回デートでの告白は早すぎる

Pairs(ペアーズ)でマッチングした後の初回デートでいきなり告白する場合、ほとんど成功する確率はありません。初回デートは互いに初対面の場となるため、相手のことについてまだよく知らず、デートの意味も顔合わせに近いものになります。

この初回デートの時点で告白をしても、自分のことを何も知らないのに、何を持って好意を伝えてくるのだろうかこの人はと思われ、ほとんどの場合お断りをされることになりますので、本命の相手に対しては特にこのタイミングで告白することは控えるようにしましょう。

2回目デートでの告白はまだ急ぎすぎ

Pairs(ペアーズ)の2回目のデートは、初回デートで互いのことを異性として見ることができる互いが判断した場合に進めるデートです。Pairs(ペアーズ)の2回目のデートは、実質異性同士での初めてのデートの意味合いが強く、初回デートよりも少し長い時間のデートをすることができます。

しかしこの段階ではまだ異性として見ることができるかを確認している段階のため、告白をして相手はまだ答えを持っておらず、断られるか保留されるかのどちらかになります。2回目のデートでの告白は早すぎるので控えるようにしましょう。

3、4回目デートでの告白がベストタイミング

Pairs(ペアーズ)でマッチングした相手に告白するタイミングとしてベストなのは、3〜4回目のデートになります。このタイミングでのデートは、相手を恋人として見ることができるか、相手の恋人になりたいかを確認するデートになります。

そのため、デートの終わりには相手に対しての結論を互いが持っている状態になりますので、自分が相手に対して好意を持っているのであれば、相手に告白をするのもありです。この場合、女性から告白してしまうのもありですので、男性から告白されない場合には自分から告白するようにしましょう。

5回目デートで告白しない場合はお別れを意識

Pairs(ペアーズ)の5回目のデートは特例で、ここで告白がない場合にはお別れを意識した方が良いでしょう。相手がデートをすることだけを楽しんでいる可能性があり、自分が恋人を望んでいるのであれば相手はふさわしい人ではありません。

ペアーズでは3、4回目のデートでの告白が良い理由

ペアーズでは3、4回目のデートでの告白が良い理由

ペアーズでマッチングした相手に告白するタイミングは、「3、4回目のデートの終わり」がベストタイミングです。

初回デートや5回目以降のデートで告白をする行為は、お付き合いできる確率を下げてしまいます。会って3回目の人に対して好意を持って告白するのは早すぎるのでは?と感じる人のために、なぜ「3、4回目のデート」での告白が良いのか、具体的に確認していきましょう。

だらだらデートだけ続けると異性の友達になる

ペアーズでマッチングした相手とは、だらだらとデートだけを続けていると、恋人関係ではなく、ただの異性の友達になってしまう場合があります。

恋人同士になりうる関係を維持したいのであれば、あまり時間をかけすぎずに、適度なタイミングで告白をして次のステップへ進んでいくことが大切になります。

時間をかけすぎると相手が別の人を選ぶ確率が高くなる

また、ペアーズは同時進行で複数の異性とメッセージ交換やデートをしていくことが普通です。

同時進行で進めている相手を比較して、自分にとって最良であると考える相手とお付き合いをしていくことになります。そのため、デートを何度も繰り返して時間をかければかけるほど、相手が別の人を選んでしまう可能性が高くなります。

もし自分が相手と本当にお付き合いしたいと考えているのであれば、「3、4回目のデート」に告白することを考えて、1回1回のデートの時間を意味のあるものにしていくことが大切になります。

告白されることを期待してされないと不安になる

ペアーズでは、「3、4回目のデートで告白があること」が一般的に知れ渡っています。そのため、女性側からするとそのタイミングでの告白がない場合には、相手が恋活目的ではなく、ただの暇つぶしとして自分とのデートを使っているのではないかと不安になってしまいます。

ペアーズでマッチングした相手とは、デートを重ねてきたとしても他人に近く、まだ信頼関係が強くありません。そのような状況の中で、疑心暗鬼の芽が出てしまうと、取り返すことが難しくなってしまいます。

相手との関係を真剣に検討しているのであれば、相手が不安を感じることのないようにフォローすることも大切です。

告白するべきタイミングでしないと優柔不断に思われる

ペアーズの「3、4回目のデート」で告白をせずにうじうじしていると、女性側から「優柔不断な男だな」とがっかりされてしまう場合があります。

ここぞという時の決断力がないことは、大きなマイナス印象に繋がってしまい、そこまで懸命に積み上げた好印象もなかったことになってしまいます。

最も気持ちの盛り上がりがあるのが3、4回目のデート

また、ペアーズでマッチングした相手に対して、最も気持ち的に盛り上がるのも「3、4回目のデート」になります。この時のデートは、「今日告白されるかもしれない」「この人と付き合うことになるんだ」と考えながらデートをしていきます。

そのため、このタイミングで告白をしてOKをもらい、お付き合いをスタートさせることによって、最初に幸せな感情を共有することができ、その後のお付き合いも良好な関係が維持されていく可能性が高くなります。

Pairs(ペアーズ)で告白を成功させるコツ

Pairs(ペアーズ)で告白を成功させるコツ

ここからは、Pairs(ペアーズ)で告白を成功させるコツについて確認していきましょう。Pairs(ペアーズ)で告白が成功するかどうかは、それまでのコミュニケーションにも大きく影響しますが、最後のデートの出来次第で結論が変わることもありますので、気を抜かずにベストを尽くすことが大切です。

告白するデートはムードを大切に

Pairs(ペアーズ)で相手に告白する場合には、それなりのムードを作ることが大切になります。日中の時間帯よりも、夜の夜景が綺麗なロマンティックな場所での時間を共有するなど、恋人になることに対して互いが助走をすることができるような、ムードのあるデートをすることが大切になります。

告白するタイミングは夜の時間がベター

ペアーズでの告白を成功させるためには、告白するタイミングとして夜の時間帯を選ぶことをおすすめします。

デートの終わり頃が最も気持ちが盛り上がっている時間帯であり、夜の時間帯の静かでロマンティックな場所で告白をすることによって、相手も「この人とお付き合いをしたら素敵な時間を過ごせそう」と再度感じることができ、OKをしてくれやすくなります。

デートのスタート段階では、相手の方もまだ告白を受け入れる状態ではないため、告白をしてもテンションの差が出てしまいます。

告白する場所はロマンチック&静かな場所が理想

実際に告白する場所は、人が多い賑やかな場所ではなく、ロマンティックだけれども静かで二人だけの空間を楽しむことができる場所がおすすめです。高層階のレストランの個室で綺麗な夜景を見ながらというシーンなどが良いでしょう。デートを考える場合は、どこで告白するかという点も考えてデートプランを設計しましょう。

告白するセリフはストレートに誠実に伝える

Pairs(ペアーズ)で相手に告白する場合は、セリフは回りくどいものではなく、ストレートに誠実に好意を伝えることが大切です。Pairs(ペアーズ)で出会った相手とはまだ日が浅いため、互いの信頼感はまだそこまで高くありません。その中で、相手に信頼してもらいOKをもらうためには、誠実に伝える以外に方法はありません。

ペアーズでの告白が失敗することになる主な要因

ペアーズでの告白が失敗することになる主な要因

ペアーズで互いに良いなと感じて3、4回デートを重ねることができたとしても、間違ったアプローチをしてしまうと告白でお断りをされてしまう可能性が高くなってしまいます。

ここでは、ペアーズでの告白が失敗になる主な原因について見ていきましょう。

デートがつまらない/内容が全部同じ

ペアーズでのデートで、3、4回目のデートもこれまでと変化のないデートをしてしまうと、相手としては退屈でつまらない思いをします。

「この人は一生懸命デートが楽しい時間になるように考えてくれないんだな」と感じさせてしまい、お付き合いをしてもつまらない時間が流れることを感じ取ってしまいます。

ペアーズでの告白を成功させるためには、各デートの意味と目的を明確に意識し、少しずつ趣の異なるデートを提案することが大切です。相手が飽きて退屈することのないように、常に新鮮なデート内容を提案するようにしましょう。

会話が楽しくない/自分の話ばかりする

ペアーズでのデート中の会話において、会話が一方通行でつまらなかったり、愚痴や人の悪口ばかりなど言って気分が悪くなるような状態になると、デート回数を重ねても告白でお断りをされてしまう可能性が高くなります。

ペアーズのデートは1回1回が重要ですので、会話も相手に楽しいと感じてもらうことができるよう、話す内容や姿勢、リアクションなどに注意して対応することが大切です。

え、ここで!?という空気の読めないタイミングで告白する

ペアーズでのデート前にもし告白をされたらOKしようと考えていたとしても、「え、ここで!?」などあまりに空気の読めないようなタイミングで告白をすると、常識を疑われてしまい、この人とお付き合いするのはやっぱり控えようと思われてしまう可能性があります。

告白をするときは、明るい日中の時間帯に人気の多い場所でするのではなく、夜の静かでロマンティックな場所でするようにしましょう。

何それ?とちょっと引く告白をしてくる

告白のタイミングと同様に、相手が引くような告白内容をしてしまった場合も、相手がOKしようと感じていたとしても、途端にお断りモードに変わってしまう場合があります。

「君のくるぶしが好きです。付き合ってください」というような独特な告白は、相手もどう反応して良いのか分からなくなります。告白をするときには、率直な言葉で好意を伝えるようにしていきましょう。

告白する前に結婚前提アピールでプレッシャーをかけてくる

ペアーズは恋活アプリではありますが、中には結婚相手を探すことを目的に利用している人もいます。そのため、告白する前に「付き合うなら絶対結婚前提」などとアピールをしてくる場合があります。

しかし、人によっては結婚についてはまだ将来のことと考えている場合もありますので、結婚アピールをしてしまうと相手のプレッシャーになり、結果として告白を断られてしまう可能性があります。

ペアーズでマッチングした相手とは、恋愛の発展として結婚をすることもありますが、最初から結婚前提でのお付き合いを相手に求めることは難しいです。その場合は婚活アプリを使うようにすると良いでしょう。

付き合ってもいないのにボディータッチしてくる

ペアーズでは、マッチングした相手とデートを重ねていっても、実際にはまだ警戒心を完全に解くことはできません。そのため、相手も好意があるだろうと考えて、告白をする前にボディタッチや手繋ぎなどをしようとすると、相手が強く警戒し、あなたをヤリモクだと思うようになります。

こうなると、そこまでに良い雰囲気を作ることができていたとしても、告白にOKの返事をもらうことができなくなります。

ペアーズでマッチングした相手とお付き合いするためには、誠実さを貫くことが大切です。告白をしてOKをもらい、恋人同士になるまでは、距離感をしっかりと意識するようにしましょう。

LINEやメッセージで告白してくる

ペアーズを通じて出会った相手との関係は、大学や職場などを通じて出会った人たちよりも希薄です。一緒に過ごしている時間も少なく、共通の知人も少ないため、信頼することはあまりできません。

そのため、ペアーズでお付き合いするためには、告白する際にもできるだけ誠実であることが必要です。そのためには、告白方法は直接相手の目を見て、率直に告白することが大切になります。

もしペアーズのメッセージ機能やLINEなどで告白をしてしまうと、相手に軽いなと思われて、断られてしまう可能性が高くなります。

Pairs(ペアーズ)で告白する/される前に確認しておきたいこと

Pairs(ペアーズ)で告白する/される前に確認しておきたいこと

Pairs(ペアーズ)で3〜4回目のデートをするときは、告白する/される可能性が高いため、事前に確認しておきたいことを抑えることが必要になります。準備をせずに告白の機会に望んでしまうと、例えOKをもらってもすぐに破局してしまいますので気をつけるようにしましょう。

お付き合いした後にどのような関係性を望むのか

Pairs(ペアーズ)でお付き合いした後、どのような関係性を望むのかについて互いに相違があると、良い関係性を構築していくことはできません。相手が結婚前提でのお付き合いを望んでいて、自分がライトなお付き合いを望んでいる場合には、互いに臨むものが違いうまくいかなくなりますので、告白する/される前にデートの中で確認するようにしましょう。

会う頻度やメッセージの頻度は合うのか

また、Pairs(ペアーズ)でお付き合いをすることになった場合、恋人としての常識が異なる場合があります。連絡をする頻度や会う頻度に大きな乖離があると、互いにストレスとなりますので、事前に確認しておくことが大切になります。

Pairs(ペアーズ)で告白された場合に相手を傷つけない断り方

Pairs(ペアーズ)で告白された場合に相手を傷つけない断り方

Pairs(ペアーズ)で相手に告白された場合、必ずしも相手の気持ちに答えることができない場合があります。しかし、告白をするということは相手にとっても一大事であり、また3〜4回目のデートをしているのであれば、相手に対して誠実に応えることは自分の責任でもあります。

告白された時にお断りをする場合は、好意は持っていたけれども、デートを重ねていく中で最終的に恋人になることはできないという結論に至った。その理由としては、やはり重要なところで互いに考え方や価値観に違いがあると感じたからというような伝え方をし、相手を責めて傷つけるような断り方はせず、互いに出会えたことを嬉しく感じながら綺麗に別れられるようにしましょう。

迷っているときは告白の返事を保留するのもあり

ペアーズで告白をされた場合、もし相手に対する答えが自分の中でまだ出ていないようであれば、率直に返事を保留させてもらうようにしましょう。

お付き合いしてみれば好きになるかも、と半端な気持ちでお付き合いしても、自分の価値が下がってしまうだけです。自分が相手に対して好意を持っていると確信できるまでは、確かに返事をするのは控えるようにした方が良いでしょう。

ペアーズで付き合った後に陥りがちな罠の回避方法

ペアーズで付き合った後に陥りがちな罠の回避方法

ペアーズで告白をして付き合った後も、安心することはできません。大学や職場などでの出会いと比較して、ペアーズを通じて出会った相手との関係は希薄ですので、むしろ付き合った後にこそ、良い関係を作っていこうとする努力が大切になります。

予定を調整してまで会いたいという気持ちが薄らぐ

特にペアーズでは、「3、4回目のデート」が気持ちのピークになってしまうことが多く、告白をされたOKをした段階でゴールと感じてしまうことが多々あります。

そのため、交際に発展してから、デートの日程調整を無理に頑張ろうとする気が起きなくなってしまい、恋人同士になったのに全然デートができないという状況になる場合もあります。これではすぐに自然消滅となってしまいますので、お付き合いした後こそ頑張って、定期的にデートする機会を設けるようにしましょう。

どちらかがペアーズを退会せずに続けている

ペアーズでお付き合いした後に陥りがちな罠は、どちらかがペアーズのアカウントを残してしまっており、疑心暗鬼になってしまうことです。

ペアーズを通じて知り合った相手とお付き合いに発展しても、まだ互いの信頼関係はそこまで強くありません。その状態で、相手がまだペアーズにアカウントを残していると知ってしまった時は、「自分とは真面目に付き合うつもりがないのではないか」と考えてしまうようになります。

そのため、ペアーズを通じてお付き合いができた場合は、目の前で一緒に退会するのが一番おすすめです。

付き合ってみてから知った一面でがっかりすることもある

ペアーズを通じてお付き合いすることになったとしても、まだ相手とは3回程度しか会っていない間柄です。そのため、まだ相手のことについては全然知らないといっても間違いありません。

お付き合いすることになり、一緒に過ごす時間が長くなるにつれて、知らなかった相手の一面を知るようになります。その中で相手にがっかりすることもあり、時にはどうしても受け入れられないこともあるでしょう。

これはペアーズなどの恋活アプリでの恋愛の宿命ともいえる事象です。もうダメだと思った時には、潔くお別れをして、別の恋を探しにいきましょう。

Pairs(ペアーズ)で全然告白してこない男性側の心理

Pairs(ペアーズ)で全然告白してこない男性側の心理

Pairs(ペアーズ)では、何回デートを重ねてみても告白してこない男性が存在します。この男性側の心理としては、単純に暇な日に女性とデートすることだけを楽しんでいる場合か、草食系で女性から告白してもらいたいと考えているかのどちらかになります。

前者の場合は恋活目的が達成しないのですぐにお別れし、後者の場合は状況によっては女性側から告白することを検討する必要があります。

女性から告白してしまうのはあり?

Pairs(ペアーズ)で女性から告白する好意は全く問題ありません。基本的には男性側から告白することが多いので、女性側から告白するなんてありなの?と思うこともありますが、特に問題ありませんので、もし相手の男性に好意を持っていて、相手から全然告白してこないような場合には、女性側から告白することを検討してみてください。

Pairs(ペアーズ)の告白まとめ

Pairs(ペアーズ)で告白を成功させるためには、告白するタイミングとムード、場所、セリフなどのポイントを抑えることが大切になります。また、告白成功した場合に上手にお付き合いをしていくことができるように、告白する前に大切なことは確認しておくようにしましょう。

これから相手に告白しようと考えている、または相手から告白されそう/告白してこないと考えている方は、本記事を参考にしてみて頂ければと思います。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます