Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」が発生する確率と原因、対策方法

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」が発生する確率と原因、対策方法

Pairs(ペアーズ)では「会ってみたら可愛くなかった」という状況が発生することがよくあります。プロフィール写真は自分の魅力が最大限に表現された写真を登録していることが多く、その写真を基準に考えると実際との間に乖離が生じ、想像と違ったということになります。

本記事では、Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という状況が発生する確率と要因、見極め方、対処方法についてご紹介していきます。Pairs(ペアーズ)で本当に可愛い人とデートしたいとお考えの方は、是非本記事を参考にしてみてください。

本記事を読むと分かること

  • Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という状況はよく発生する。原因はプロフィール写真に盛れている写真を登録することがスタンダードになっていること
  • Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という状況を予防するためには、盛っている写真の特徴を把握して見極めることが必要
  • Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という状況に遭遇したら、機会を活かしてデートの練習をするのがお勧め

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」が発生する確率と原因

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」が発生する確率と原因

Pairs(ペアーズ)を利用していると、「会ってみたら可愛くなかった」という状況に遭遇することがあります。プロフィール写真や自己紹介文などから自分の想像の中ではとても可愛らしい人が待ち合わせ場所に登場するだろうと予測していたのに、想像と乖離が大きい相手が現れたときの落胆は言葉では表現しがたいものがあります。

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」は50%程度

しかし実際には、Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という状況になる確率は程度の差はあれ50%程度はあります。つまり、この状況が発生することはある程度見込んでマッチングをしたり、デートに向かう必要があるということになります。

Pairs(ペアーズ)で想像通りの人が現れる確率は20%程度と考えておこう

Pairs(ペアーズ)で実際に会った時に想像していた通りの可愛い人が現れる確率が20%程度です。これを20%しかないと捉えるか、20%もあると捉えるかは人によって分かれるところでしょう。しかし、20%という確率があるのであれば、5人会えば1人は想像通りの可愛い人が現れるということになります。

もしも本当にPairs(ペアーズ)を通じて可愛い人とデートをしたいと考えているのであれば、積極的にデートをしていくことがとても大切です。

Pairs(ペアーズ)では皆自己ベストの写真をプロフィール写真に登録している

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」が発生する要因としては、多くの人が自己ベストの写真をプロフィール写真として登録していることが挙げられます。自分の魅力が最大限に表現された写真を登録しているため、それを基準に考えていると、実際に会ってみたときにがっかりすることが多くなりますので気をつけましょう。

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」を防ぐための見抜き方

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」を防ぐための見抜き方

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」を防ぐためには、盛りまくっている写真を登録している人を見抜くことが大切になります。下記に盛っている写真の特徴をご紹介していきますので、Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という状況を防ぐためにも、下記の特徴を持った人とはできるだけマッチングしないように気をつけましょう。

加工アプリを使って写真を撮影している

加工アプリを使っている人は、盛っていることを隠そうともしていない堂々とした人です。しかし盛っている事実に代わりはありませんので、実際に会ってみた時にがっかりする確率はとても高くなります。Snowなどのわかりやすい加工から、美白効果や小顔効果のある分かりにくい加工もありますが、違和感を感じるような写真の場合は加工写真である可能性が高いので控えるようにすると良いでしょう。

斜め上から至近距離で顎に手を置いて撮影している

Pairs(ペアーズ)で斜め上の角度から比較的至近距離で、アゴに手を置いて輪郭を隠して上目遣いで撮影した写真をプロフィール写真で登録している場合は、かなり盛っている写真となっています。このポーズは可愛く見えるベストポーズの一つであり、この写真を期待して待ち合わせ場所で待っているとがっかりすることになります。

顔を髪の毛やマスクなどで隠している

また、顔の輪郭を、髪の毛やマスクなどで隠している場合も、かなり盛っている写真となっている場合があります。口を隠すと想像力が働いて多くの女性が美人に見えるように、顔の一部分を隠すことには盛る効果があります。顔全体がはっきり見えている写真がない人とのマッチングは控えるようにした方が良いでしょう。

メイン写真のみでサブ写真で顔が確認できない

また、Pairs(ペアーズ)でメイン写真のみに顔写真があり、サブ写真以降に顔写真がない場合には、メイン写真でかなり盛れている写真を登録している可能性があります。この場合も「会ってみたら可愛くなかった」という状況になる可能性がありますので気をつけましょう。

画質が粗くて正確に見れない

ペアーズで実際に会ってみたら可愛くなかったと感じる女性は、プロフィール写真に画像が粗い写真を掲載している場合があります。

全体写真を切り抜いて使用して画像が荒くなっている可能性もありますが、意図的に画像を粗くすることによって、自分を魅力的に見せようとしている場合があります。

ペアーズを通じて実際に会う女性を選ぶ場合には、メイン写真、サブ写真ともにきっちりと画質の良いはっきりと顔写真を掲載している人のみに厳選すると良いでしょう。

写真の光が明るすぎる

ペアーズのプロフィール写真で、あまりに光度の調整が強い人も、実際に会ってみたら可愛くなかったと感じる場合があります。

光を強くすることによって、プリクラのような効果で肌質が綺麗に見えたりするため、実際よりも魅力的な人に見えてしまうことがあります。そのため、あまりに加工で光の度合いが強いなと感じる写真を掲載している方とは、デートは控えるようにした方が賢明です。

全身写真のみで顔がほぼ見えない雰囲気美人は警戒する

ペアーズでは、メイン写真で顔写真を掲載することが推奨されていますが、全身写真で顔が小さくほぼ見えないような写真を登録している人もいます。

全身写真の雰囲気がよくかわいいなと感じても、実際に会ってみたら想像と違うことはよくあります。本当にかわいい女性とデートをしたいのであれば、顔がはっきり見えるサイズの顔写真を掲載している女性とデートに行くようにしましょう。

振り向き顔や横顔なお顔の全貌が見えない

ペアーズに掲載するメイン写真で、顔全体が見える顔写真を掲載しておらず、振り抜き顔や横顔、少し下に俯いている顔写真を登録している人も、実際にデートをするときに想像とのギャップが大きくなる可能性が高くなります。

自分のルックスにも自信のある人は、普通の顔写真を掲載しますので、そうでない場合には何か問題があるのだろうと判断すると良いでしょう。

プロフィールで「おブスです」宣言をしている

ペアーズの自己紹介文で「おブスです」と自分で宣言をしている女性も、プロフィール写真が魅力的でも実際には可愛くないことが多いです。

プロフィール写真が何年も前の奇跡の一枚である可能性もありますので、自分でブス宣言をしている女性とはデートをしない方が良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」を防ぐ方法

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」を防ぐ方法

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という状況になるのを防ぐためには、プロフィール写真以外で相手の顔を確認することが大切になります。相手の顔を確認することはハードルが高いですが、会ってがっかりするのを防ぐためにも、一手間加えて対応するようにすると良いでしょう。

メッセージ交換中に写真を送ってもらう

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」を防ぐためには、メッセージ交換中に写真を送ってもらうことが一つの手段となります。もちろん相手に顔写真を送ることには抵抗感があるので、少なくとも自分の写真を相手に送ることが求められると考えておくようにすると良いでしょう。

また、相手に写真を送ってもらいたい理由も伝えることが大切で、以前なりすまし被害に遭遇して待ち合わせ場所に違う人が現れたなど、正当な理由をつけると相手もOKしやすくなります。いきなり頼んでも基本断られ、またブロックされる可能性もありますので気をつけましょう。

LINE交換をしてビデオ通話をする

Pairs(ペアーズ)でマッチング後にLINE交換をしている場合は、LINEのビデオ通話機能を使って相手の顔を確認しながら電話をするのもありです。ビデオ通話機能であれば、静止画ではなく動画で相手の顔や表情を確認することができますので、イメージとのギャップを最も少なくすることができます。

プロフィール欄の体型で「やや細め」「スリム」を選択する

ペアーズを通じて可愛い女性と出会いたいのであれば、検索条件の体型で「やや細め」と「スリム」のみを指定するのが望ましいです。少しぽっちゃりしている人は、「普通」を登録することが多く、検索で「やや細め」「スリム」のみに絞ることによって、魅力的な女性が表示される確率が高くなります。

検索結果の表示順を「いいね順」に変更する

また、多くの人が魅力的だと感じる女性は、自分から見ても魅力的なことが多いです。そのため、検索結果の表示順として「いいね順」を指定することで、ペアーズの中でより多くの男性から「いいね」の評価をもらっている女性を一覧で確認することができるようになります。

ペアーズで中々自分が可愛いと思える女性を見つけられないと感じる場合には、「いいね順」を使って検索してみると良いでしょう。

コミュニティで美人が多そうなものから女性を探す

ペアーズでは、コミュニティ機能があり、自分と関連する趣味や価値観のものに登録することができます。また、特定のコミュニティに登録している異性の中から相手を検索することもできるため、可愛い女性が登録しているコミュニティから、「いいね」を送る女性を探すのも一つの手法です。

例えば「読者モデル」コミュニティや、「CA」コミュニティなどから女性を探していくと、高確率で素敵な女性を見つけていくことができるでしょう。

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」状態に遭遇した場合の対応方法

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」状態に遭遇した場合の対応方法

もし上記の対策を施してもPairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という状況が待ち合わせ場所で発生した場合はどのような対応手段が選択肢としてあるのでしょうか。時間を無駄にしないためにも、機会を有効活用することも大切です。

待ち合わせ場所で発見したら帰る

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という状況になったら、待ち合わせ場所で相手を発見したらそのまま帰るというのも一つの手段です。しかし、ドタキャンは利用規約に抵触する行為となり、通報されれば強制退会の対象となる可能性がありますので、この方法はお勧めできません。

少なくとも待ち合わせ場所で実際に会ってみて、相手に写真と違いすぎてなりすましの疑いがあり、不安と恐怖心を感じているので帰りますと伝えてから帰るようにした方が良いでしょう。

1時間程度で急用ができたと伝えて帰る

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という場合には、少なくともデートを開始して、直後に急用ができたとして予定よりだいぶ早めにデートを終了させるという手段も一つの方法です。相手との時間を過ごす中で何も良いことがないと感じている場合は、早々に見切りをつけることも大切です。

会話などの練習台として考えて予定通り時間を過ごす

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」という場合のおすすめの対策方法としては、デートの練習台として時間を有効活用する方法になります。デートをスムーズにエスコートし、会話を盛り上げることは、経験をすればするほど上達していきます。

本命の可愛い人とデートをする時に楽しいデートだったと感じてもらうことができるように、可愛くなかった人が現れても練習として捉えて予定通りデートすることもありです。

ルックス以外の面を見て好意を持つ努力をする

もしもペアーズのデートで、プロフィール写真とは異なる可愛くない女性が登場したときには、ルックス以外の面で好きになることができる面がないか、探す努力をしてみるのも一つの対応方法です。

デートをするまでにあたっては、メッセージ交換などで話が盛り上がっていたことでしょうから、性格的な相性は良いかもしれません。好きになれば見た目も好きになっていく可能性もありますので、まずは相手の良い面を見てみることから始めてみましょう。

ペアーズで会ってみたら可愛くなかった女性の言い訳

ペアーズで会ってみたら可愛くなかった女性の言い訳

ペアーズで実際に会って見たら可愛くなかった女性は、「プロフィール写真と違くない?」とストレートな質問をすると、ちょっと怒り気味に言い訳を繰り出してきます。言い訳は「そんなことないよ〜同じだよ〜」というものから、「どういう意味?」などキレ気味のものまで複数ありますが、多くの場合は下記のような言い訳になります。

プロフィール写真は昔の写真

ペアーズに掲載しているプロフィール写真は、昔の写真という場合は非常に多く、「昔は痩せていた」「これは2、3年前かな」などと言い訳をしてきます。

ペアーズが恋活アプリである以上、メイン写真は今の状態であることを期待するものですから、この言い訳は自分の不誠実さをアピールしているようなものです。「自分と付き合って痩せてもらったら可愛いかも」などと淡い期待はせずに、早めにデートを切り上げてしまいましょう。

プロフィール写真は奇跡の一枚

ペアーズのプロフィール写真で、加工に加工を繰り返した写真を「奇跡の一枚」などと称して言い訳をしてくる人もいますアングルなどで奇跡的な一枚が撮影される場合もありますが、それでも実物にも面影があるものです。加工をしているものに対して「奇跡の一枚」と称するの不適切であり、「加工努力によって生み出された一枚」の方が適切な表現です。

この相手とも、誠実なお付き合いをすることは難しいので、早めにデートを切り上げて帰りましょう。

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」まとめ

Pairs(ペアーズ)で「会ってみたら可愛くなかった」というのはよくあることです。プロフィール写真は自己ベストの盛り盛り写真を登録していることが多く、実際とは乖離がある場合が多いことが要因です。しかし、一定確率で本当に想像通りの可愛い人が待ち合わせ場所に登場しますので、その機会のためにもスムーズにデートをエスコートできるように、毎回最大限の準備をしておくことが大切になります。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます