Pairs(ペアーズ)で本名を教えることのリスクとメリット、教えても良いタイミング

Pairs(ペアーズ)で本名を教えることのリスクとメリット、教えても良いタイミング

Pairs(ペアーズ)で出会った相手に本名を教えることは、SNSアカウントだけでなく、住所や職場の特定、ストーカー行為への発展に繋がるリスクがあるため望ましくありません。Pairs(ペアーズ)を安全に利用するためにも、本名はデートを重ねてお付き合いをすることになった一人にのみ明かすようにする方が良いでしょう。

本記事では、Pairs(ペアーズ)で相手に本名を教えることのリスクとメリットの比較、教えても良いタイミングについてご紹介していきます。相手から本名を聞かれて教えても良いのか悩んでいる方、相手に本名を聞いても嫌われないか不安に思っている方は、是非本記事を参考にしてみてください。

本記事を読むと分かること

  • Pairs(ペアーズ)で相手に本名を教えることには本人特定のリスクがありおすすめできない
  • SNSアカウントの特定から、住所や職場の特定までされる可能性があるので危険
  • 相手に本名を教えて良い時は、本気になったタイミング。お付き合いすることになったタイミングでのみ教えるようにした方が良い

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

Pairs(ペアーズ)で本名を聞かれた時には教えるべきか

Pairs(ペアーズ)で本名を聞かれた時には教えるべきか

Pairs(ペアーズ)では相手に本名を聞かれるような時がありますが、基本的に本名は相手に教えない方が望ましいです。

本名は本人特定に繋げることのできる重要な個人情報であり、SNSアカウントの調査から、職場や住所の特定まで本名を手がかりにしようと思えば、ある程度目星をつけられてしまうことがあるため、相手と本気でお付き合いすると判断した時以外は、Pairs(ペアーズ)で出会った人に本名は教えない方が良いでしょう。

相手から本名を名乗ってきても自分が名乗る必要はない

Pairs(ペアーズ)で相手から本名を名乗ってきた時には、つい自分も本名を教えてあげないと気まづい空気になるからといって、自分の本名を教えてしまいそうになりますが、一度冷静になりましょう。

相手が言った本名が本当ではない可能性もありますし、また相手が名乗ったからと言って自分もリスクを冒して名乗る必要はどこにもありません。

Facebookアカウントは本名も記載されているので教えない方が良い

Pairs(ペアーズ)を利用していると、SNSアカウントを公開しようと提案されることがあります。Facebookアカウントは個人情報の塊であり、本名だけではなく友人関係や普段の休日の過ごし方など、あらゆるプライベート情報が詰まっています。そのため、誰にでも気軽に教えて良いものではありません。

Pairs(ペアーズ)で相手にFacebookアカウントの交換を提案されたとしても、使っていない、または誠実に不安だからと伝えて教えないようにしましょう。

相手から本名を聞かれても断るのは自然なこと

Pairs(ペアーズ)で相手から本名を聞かれても断るのは自然なことです。むしろ本名を聞いてくるのはかなり踏み込んだ行為であり、適切なタイミング以外で本名を聞いてくる相手に対しては、不信感を持った方が望ましいでしょう。

断ったら相手に嫌われるのではないかなどと心配することもありますが、普通の人であれば断る心情は理解できますので問題ありません。むしろ断った時に嫌な反応をする相手は、多少常識のない人になりますので、こちらから以降の関係性はお断りすると良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)で本名を教えるメリット

Pairs(ペアーズ)で本名を教えるメリット

Pairs(ペアーズ)で相手が本名を聞いてきた場合、教えることにはリスクがあるため可能な限り控えた方が望ましいですが、リクエストに答えて相手に本名を教えることにはメリットもあります。具体的に見ていきましょう。

相手に対して信頼していることを伝えられる

Pairs(ペアーズ)で相手に本名を教えることは、自分が相手のことを信頼していると伝えることと同義になります。そのため、何度かデートを重ねて相手のことを信頼できると判断した場合は、本名を相手に教えることによって、相手からの信頼感もあげることができます。

お付き合いするとなれば、相手の人となりをしっかり確認したいものですので、本名を教えてもらうことも必要だと考える人もいます。相手がこのタイプであれば、本名を教えることによって、相手が告白する勇気を持つことの後押しをすることができます。

Pairs(ペアーズ)で本名を教えるリスクとデメリット

Pairs(ペアーズ)で本名を教えるリスクとデメリット

ここからは、Pairs(ペアーズ)で相手に本名を教えることの具体的なリスクとデメリットについて考えていきましょう。Pairs(ペアーズ)で出会った相手に対して本名を教えることには、下記のようなリスクがあるため、考えなしに教えてしまうのではなく、相手に本名を伝えても問題が発生することはないのかをしっかり考えた上で教えるようにしましょう。

個人情報を辿って本人特定をされる可能性が高くなる

本名は個人情報になりますので、Pairs(ペアーズ)で出会った相手に対して本名を教えてしまうと、本名の情報を手がかりにインターネット等で調べられて本人特定をされてしまう可能性があります。まず間違いなくネット検索はしますし、Facebook等のアカウントも特定しようとしてくるでしょう。

お断りをした時に直接的な嫌がらせをされる可能性が出てくる

Pairs(ペアーズ)で出会った相手に本名を教えて本人特定までされてしまっていると、お付き合いせずにお断りすることになった際に、相手が逆恨みをして嫌がらせをしてくる場合があります。メッセージ上で直接何か言ってくる分には通報やブロックなどで対処することができますが、ネット上で実名や顔写真を出されて誹謗中傷されると対応するのにお金と時間がかかります。

仕事場や住所まで調べられストーカーになる場合がある

また、相手が仕事場や住所まで調べてくるような粘着質な相手であった場合には、ストーカーになってしまうことがあります。そうなると日常生活にも影響が出てきてしまいますので、望ましいことではないでしょう。そのため、Pairs(ペアーズ)で出会った相手に対して本名を教える場合には、このような事態に発展する可能性があることを考慮に入れた上で、本名を教えるかどうかを考えることが大切になります。

Pairs(ペアーズ)で本名を教えても良い時は相手に「本気」になったとき

Pairs(ペアーズ)で本名を教えても良い時は相手に「本気」になったとき

Pairs(ペアーズ)で本名を教えることにはリスクがありますが、お付き合いするのであれば、いつまでもニックネームや偽名のままでは信頼感を作っていくことができません。どこかのタイミングで相手に本名を教える必要がありますが、それは相手に対して「本気」になった時になります。

メッセージ交換の最中に本名を教えることは基本的になし

Pairs(ペアーズ)でマッチングした後のメッセージ交換の最中で本名を聞いてくる場合もありますが、この段階で本名を教えることは基本的にしないようにしましょう。会っていない相手を信頼することはできないですし、相手が業者や個人情報の悪用を目論んでいる人かもしれません。

ペアーズのニックネームに本名を登録することは規約に抵触するためできない

また、Pairs(ペアーズ)には検索結果などにも表示されるニックネームというプロフィール項目がありますが、このニックネームに本名を登録することは個人情報に関する規約に抵触するためできません。同様に第三者の本名もニックネームに登録することはできませんので気をつけるようにしましょう。

ライン交換する際には本名が掲載されていないかをチェックしておく

Pairs(ペアーズ)ではLINE交換を相手とするときがありますが、LINEアカウントに本名などの住所と紐づいている情報が入っていないかは、交換前にチェックすることが大切になります。もし2台スマートフォンを所持しているようであれば、Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリ用のLINEアカウントを用意して、交換する場合はそちらのアカウントと交換するようにしましょう。

最初のデートで本名を教えるのもまだ早い

Pairs(ペアーズ)で最初のデートで本名を聞かれることもありますが、多くの場合は最初のデートは顔合わせ程度の意味しか持ちません。そのため、初回デートから相手に対して信頼を本当の意味で持つことはできませんので、本名は教えないようにすることが大切です。相手に聞かれても、もう少し信頼関係が互いにできてから、と伝えてやんわりお断りするようにしましょう。

デートを重ねてお付き合いをしてから本名を教えるのがベター

Pairs(ペアーズ)で相手に本名を教えても良いのは、何度かデートを重ねて、告白を通じてカップルとしてお付き合いをすることに関係性が発展した時になります。この時になって初めて、相手を信頼して本名を伝えるようにしましょう。相手もそこで本名を教えてくれることで、「Pairs(ペアーズ)での相手」というカテゴリーから「恋人」として認識を変えやすくなります。

ペアーズで相手がしつこく本名を聞いてくる時の対処方法

ペアーズで相手がしつこく本名を聞いてくる時の対処方法

ペアーズでマッチングした相手からしつこく本名を聞かれたとしても、本名を信頼できない相手に教えることはリスクがありますので、しっかりと断り続けることが大切になります。

もし相手が二度断っても本名を聞いてくることを諦めない場合は、恋活の対象候補から外し、ブロックなどで対応するのも良いでしょう。

「何度も申し上げている通り」など念押しして本名を教えない理由を説明する

しつこく本名を聞かれた場合には、「何度も申し上げている通り」などの枕詞で、いい加減うんざりしていることを相手に暗に伝え、本名を教えないことの理由を正面から説明するようにしましょう。

これだけはっきり拒絶の意思を伝えているにも関わらず、しつこく本名を聞いてくる相手は、恋活目的ではなく個人情報取得目的の業者である可能性もありますので、十分に注意するようにしてください。

ブロックする

ペアーズであまりにしつこく本名を聞いてくる相手がいたら、それは迷惑行為になります。運営に通報をして、それからブロックをして、二度とペアーズで相手が表示されないようにしましょう。

何度も断っていると、相手がなぜか高圧的な態度になる場合がありますが、どのような態度を見せられたとしても、決して本名を信頼できない相手に教えてはいけません。

ペアーズの本名に関するよくある質問、注意点

ペアーズの本名に関するよくある質問、注意点

ここからは、ペアーズの本名に関するよくある質問や注意点について確認していきましょう。ペアーズで相手に本名を教えても良いのか悩んでいる方は、参考にしてみて下しあ。

ニックネームでは本名の漢字は使わずひらがなを使う

ペアーズのニックネームでは、本名の下の名前を少しいじった形で登録するのがスタンダードです。

例えば名前が「将司(まさし)」であれば、ニックネームは「まさ」にするなどです。ニックネームの登録を漢字でしてしまうと、そこから他のプロフィール情報と組み合わせて、あなたの本名を調べ上げられてしまう可能性もあります。

ペアーズのニックネームは不特定多数の人が閲覧可能な情報になりますので、本名を漢字で登録するのは控え、ひらがなで少し改造したものを登録するようにしましょう。

自分の本名で検索をして表示される情報を確認しておく

もしもペアーズでマッチングした相手を信頼し、本名を教えるような機会が訪れたら、相手に教える前に事前に自分の名前をエゴサーチしておくことをお勧めします。

場合によっては、注釈が必要な検索結果が表示されてしまう場合がありますので、「事前に検索結果にこういうのが表示されるかもしれないけれど、実際は違うよ」ということを説明することが必要です。

Pairs(ペアーズ)の本名まとめ

Pairs(ペアーズ)で相手に本名を教えることは本人特定に繋がり、職場や住所の判明、ストーカー行為への発展などのリスクの可能性が出てきますので、控えたほうが望ましいです。相手とお付き合いするまでは本名を明かすことは控えて、カップルになった相手にのみ本名を明かすようにしたほうが、Pairs(ペアーズ)を安全に利用することができるようになります。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます