もうやる気が起きない。Pairs(ペアーズ)に疲れたと感じる原因と対処方法

もうやる気が起きない。Pairs(ペアーズ)に疲れたと感じる原因と対処方法

Pairs(ペアーズ)を利用していると、疲れたと感じる状況になることが多くあります。原因は同時進行している異性の数が多すぎることであることが多く、メッセージ交換やデートの対応に多くの時間が必要になるため、疲れたと感じてしまいやすくなります。

本記事では、Pairs(ペアーズ)で疲れたと感じてしまうことになる主な原因と対策方法についてご紹介していきます。Pairs(ペアーズ)に疲れて悩んでいる方、Pairs(ペアーズ)を疲れずに快適に利用したい方は、本記事を参考にしてみてください。

本記事を読むと分かること

  • Pairs(ペアーズ)を利用していて疲れを感じるのは、同時進行で対応している異性の人数が多く、メッセージ交換やデートが日常生活の負担になっているケースが多い
  • マッチングする相手から厳選し、同時進行する相手はできれば3人、多くても5人程度に絞ったほうが良い
  • Pairs(ペアーズ)疲れを感じずに自然体で利用することによって、異性からより魅力的に感じてもらうことができる

↓↓↓↓↓まずはPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓↓↓

目次

ペアーズに疲れた時に起こる主な変化

ペアーズに疲れた時に起こる主な変化

ペアーズを利用することに対して疲れた状態が続いてくると、下記のような気持ちの変化が起きてきます。

  • マッチングした相手とのメッセージ交換を面倒に感じる
  • マッチングだけしてメッセージに全く返信しない
  • 「いいね」を送るのに躊躇し始める
  • アプローチしてくる相手を全員業者などと疑う
  • 全て放棄して退会したくなる
  • 恋活をやめたくなる
  • どうせこの人も無理でしょと諦めてしまう

このような状態はペアーズの利用に疲れた合図になりますので、完璧に疲れ切ってしまう前に、疲れないようにペアーズを利用するための工夫をすることが大切です。

マッチングした相手とのメッセージ交換を面倒に感じる

ペアーズ疲れを感じてくると、マッチングした好みの異性とのメッセージ交換でさえ面倒に感じてきてしまいます。

ペアーズを利用し始めた頃は、自分のタイプの異性とマッチングしてメッセージ交換ができると、とても嬉しい気持ちになり一生懸命文面を考えていたことでしょう。

しかし、ペアーズを1、2ヶ月程度利用して慣れてくると、1人に対して一生懸命メッセージの文面を考えていたら身が持たないことが分かってきて、だんだんと対応するのが億劫になってきてしまいます。

この場合は頑張り疲れになりますので、少し手を抜くことを覚える必要があります。

マッチングだけしてメッセージに全く返信しない

ペアーズで、マッチングをするだけしてメッセージへの返信を全くしないような状態になったときは、かなり重度のペアーズ疲れが発生しています。

ペアーズを通じて恋活をする気があるものの、気持ちがついてこない状態になります。疲れずにペアーズを利用できる体制を整えることが大切ですが、まずは今の疲れを取るために少しペアーズの利用を休憩するのも一つの手段です。

「いいね」を送るのに躊躇し始める

検索で表示された異性に対して「いいね」を送るのを躊躇し始めるのも、ペアーズに疲れた状態になっている一つのシグナルです。

ペアーズで「いいね」を送ってもスルーされ、マッチングしてもメッセージの返信がなく、メッセージを続けてもデートができないなど、ペアーズでの恋活が順調に進んでいないと、新しいチャレンジをするのに躊躇いがちになります。

アプローチしてくる相手を全員業者などと疑う

ペアーズ疲れが溜まってくると、自分に対して「いいね」を送ってきた異性や、積極的な姿勢でメッセージ交換をしてくれる異性に対して、「どうせ業者でしょ」と穿った視点で相手を見る状態になってしまいます。

ペアーズの利用者の中には一部業者などの迷惑行為をする人物も存在しますが、多くが真面目に恋活に取り組んでいる人になります。そのため、相手全員を業者と疑うような状態になってしまった場合は、ペアーズ疲れをしていると考えると良いでしょう。

全て放棄して退会したくなる

もう細かいことはどうでもいい、ペアーズをやめようと考えている時は、実は一度退会してみるのも良いかもしれません。ペアーズ疲れがある一定ラインを超えると、ある程度の休憩をしないと心身が復活してきません。

もうどうでもいいという状態で、ペアーズなどの恋活アプリを使って恋人を作ることは難しいので、まずは一度インターバルを入れて、心が復活したタイミングで再スタートをするのも良いでしょう。

恋活をやめたくなる

ペアーズを利用している中で、もう恋活をやめようかなと諦めてしまいたくなる時もあります。自分の好意が報われずにスルーされてしまうことが何度も続くと当然人は多少傷つきます。それが重なって行くことで、恋活事態への諦めへと繋がっていきます。

しかし、この場合はペアーズの利用方法があまりに真面目すぎることが原因である場合が多いです。利用方法を少し工夫することで、恋活への気力を取り戻すことができますので、まだ諦めないでください。

どうせこの人も無理でしょと諦めてしまう

ペアーズでマッチングした好みの相手がいたとしても、「どうせこの人ともうまくいかないよ」と諦めがちな気持ちでメッセージ交換をスタートさせてしまうことがあります。

あなたのテンションが落ちていると、相手からしても「この人は自分に対して本気ではないんだろうな」と感じてしまい、結果として本当にうまくいかなくなってしまいます。

この状態で恋活を続けても成功確率は高くありませんので、まずはペアーズに疲れた状態から回復することが必要になります。

Pairs(ペアーズ)の利用で疲れたと感じてしまう原因

Pairs(ペアーズ)の利用で疲れたと感じてしまう原因

Pairs(ペアーズ)は上手に活用すれば、隙間時間でも恋活をして素敵な恋人を作ることのできる便利なサービスですが、使い方を間違えてしまうと過負荷がかかり、もう疲れたと感じてしまう状態になることがあります。

まずはPairs(ペアーズ)でもう疲れた、嫌だ、となってしまう原因について具体的に確認していきましょう。Pairs(ペアーズ)で疲れてしまう原因を理解して予防することによって、Pairs(ペアーズ)をより快適に利用することができるようになります。

メッセージ対応する相手が多すぎる

Pairs(ペアーズ)では複数の異性と同時進行でメッセージ交換やデートをしていくのが通常ではありますが、丁寧に対応することのできる人数には限りがあるため、一度に同時進行する相手が多すぎると疲れてしまう原因になります。

特に女性は多くの男性からいいねなどのアプローチを受け、多くのマッチングを成立させることになりますが、メッセージ交換の相手は多くても5人が限界であり、それ以上の人とメッセージ交換をきっちりしようとすると日常生活に影響が出てくるくらい忙しくなってしまいます。

Pairs(ペアーズ)で疲れたと感じてしまう多くの原因がこの同時進行で進める異性の数になりますので、切り捨ててしまうことは機会を失うこともであり不安がある気持ちは理解できますが、快適な状態でPairs(ペアーズ)を利用することができるように、同時進行する人数はできれば3人、多くても5人までに抑えるようにしましょう。

お断りすることに気疲れする

Pairs(ペアーズ)では、多くの異性とマッチングしたりメッセージ交換することになりますが、最終的に残るのは一人なので、多くの異性にお断りをすることになります。お断りをされる方も辛いものがありますが、お断りする方も精神的疲弊があります。

お断りすることに疲れないようにするためには、お断りするべき相手の選定と、お断りする時のテンプレートを用意しておき、ある種機械的にさばいていくことも大切になります。本当にお付き合いしたい相手との時間に、精神的疲弊を持ち込まないようにするためにも、疲れない断り方を身につけるようにしていきましょう。

いいねが鳴り止まない

Pairs(ペアーズ)に登録した直後は特に、多くの異性からいいねをもらうことになり、四六時中スマートフォンの通知がなりっぱなしということになる場合もあります。通知がなり続け、その度にPairs(ペアーズ)を開いて確認するような作業をすると途端に疲れてしまいますので、通知設定は適切に行い、Pairs(ペアーズ)を開く時間を一日のうちで何分と決めておくようにすると良いでしょう。

気になっていた相手からの連絡が途絶える

Pairs(ペアーズ)で本命の相手となりうる人を見つけるのは大変な手間がかかります。検索などで相手を見つけ、マッチングし、メッセージ交換をし、デートをするなど、各段階で気を使いながら一生懸命相手とコミュニケーションをすることになりますが、それだけの労力を割きながら、最終的に相手からの連絡が途絶えると、その次の休日は一人暗い部屋でずっと寝ていたくなるような気分になります。

しかし、Pairs(ペアーズ)で意中の人と百発百中でお付き合いできる人はいませんので、できるだけ早く気持ちを切り替え、別の人と素敵な時間を過ごすことができるようにアプローチを変えていきましょう。

3ヶ月先までの予定がデートで埋まっていて気が重い

Pairs(ペアーズ)で多くの異性とマッチングすると、毎週末デートの予定が入り込んでくるようになります。この時、デートする相手が多すぎると、3ヶ月程度先までびっしりとデートの予定が入ってしまうことになり、デート疲れが起きてしまう場合があります。

一人一人としっかりとしたデートをするためにも、デートする相手は最大でも3人、多くても5人程度に同時進行する相手は限定することが大切です。

デートが楽しくない

Pairs(ペアーズ)でせっかく時間をとってデートをした時に、デート中の時間が全く楽しくないと数時間苦痛が続くことになり、デート終わりに非常に疲れを感じることになります。これが1回だけならまだいいのですが、何回も続くとデート辞退することが嫌になってきてしまいます。

このような状態にならないためには、デートをする前に相手との相性をしっかりと図ることが大切になります。相手のプロフィール情報などをしっかり確認し、デートをする前までにメッセージ交換や電話などで相手と本当に相性が良いのかを考えるようにしましょう。

ペアーズに疲れたと感じやすい人の特徴

ペアーズに疲れたと感じやすい人の特徴

ペアーズを通じて上手に恋活をしていく人もいれば、ペアーズ疲れを感じて恋活自体にうんざりした状態になってしまう人もいます。この違いはどこにあるのでしょうか。

ペアーズに疲れた状態になりやすい人の特徴について見ていきましょう。

一人一人丁寧に対応しようとする心優しい人

ペアーズ疲れを感じやすい人は、一人一人丁寧に対応しようとする優しい人であることが多いです。

ペアーズは累計会員数が1,000万人を突破しており、実際に利用してみると途方も無い人数の異性との出会いの機会を求めることができます。

「いいね」をもらえる数や、マッチングする数も非常に多いため、一人一人丁寧に対応していると、それだけで1日が過ぎ去ってしまうような状態になります。心優しい人は、特にメッセージ1通を手紙のような誠実さで対応しようと考えるので、結果としてペアーズに疲れた状態になりがちです。

恋活アプリを使えば理想の相手と最初からピタッとハマる恋愛ができると考えている人

恋活アプリを使えば、すぐに理想的な相手と最初から完全なお付き合いができると考えている人も、ペアーズに疲れた状態になりがちです。

ペアーズは非常に多くの男女が利用しているため、確かに自分の理想に近い異性を見つけることができます。しかしながら、そこから素敵な恋愛関係を構築してくのには時間がかかり、互いの努力を欠かすことはできません。

そのため、最初から完璧な恋愛を求めている人は、存在しないものを求めており、結果として全ての相手が自分の理想に満たない相手となってしまいます。恋愛関係は二人で少しずつ構築していくものですので、少し肩の力を抜いて、まずは相手と過ごす時間を少しずつ増やしていき、互いをより理解することから始めてみてはいかがでしょう。

Pairs(ペアーズ)で疲れたと感じないようにするための対策

Pairs(ペアーズ)で疲れたと感じないようにするための対策

Pairs(ペアーズ)で疲れたと感じないようにするためには、いくつかのアプローチの方法があります。Pairs(ペアーズ)の利用自体に疲れてしまうと、恋活することに嫌気がさしてきてしまい、結果として良縁と巡り会うことが難しくなってしまいます。

Pairs(ペアーズ)疲れを感じないための対策方法について、具体的に確認していきましょう。

短期集中でPairs(ペアーズ)で恋人を作って利用をやめる

Pairs(ペアーズ)疲れを感じないためには、疲れを感じる前に短期間でPairs(ペアーズ)を一気に利用して恋人を作る手法があります。Pairs(ペアーズ)で恋人ができた人の平均期間は4ヶ月ですが、真剣に利用すれば1ヶ月半程度でも恋人を作ることが可能です。

夏休みなどで時間ができる時などに一気に利用を進め、Pairs(ペアーズ)疲れを感じる前に恋人を作って退会してしまうのが最も効率的です。

同時進行する相手の数を絞る

Pairs(ペアーズ)疲れを感じないためには、日常生活の中で負担を感じない範囲でPairs(ペアーズ)を利用することが大切になります。メッセージ交換が多すぎたり、デート回数が多すぎる場合の原因は同時進行する相手が多すぎることにありますので、マッチングの数を絞ったり、メッセージ交換する相手を厳選することによって、Pairs(ペアーズ)疲れを感じることが防げるようになります。

ゆっくりとしたペースで焦らずに恋活をしたいという場合は、同時進行する人数を絞りながら、Pairs(ペアーズ)疲れを感じずに恋活をしていきましょう。

マッチングする相手の数を減らす

Pairs(ペアーズ)で同時進行する相手を減らすという上記の項目と似た内容になりますが、そもそものマッチングする相手を減らすことも、Pairs(ペアーズ)疲れを減少させるための一つの対策となります。

マッチングしなければ、相手からメッセージが送られてくることもありませんので、不要なメッセージ確認を行うことも少なくなります。そのため、マッチングする前に相手のプロフィール情報を入念に確認して、本当に相性が良いだろうと考えられる相手としかマッチングしないという使い方もおすすめです。

いいねを送る相手の数を減らす

ペアーズで疲れた状態を回避するためには、自分から送る「いいね」の数も厳選することが大切になります。

ペアーズの「いいね」は毎月付与され、また毎日のログインボーナスでも獲得することができます。しかし、上限いっぱいに使い切る必要はなく、自分の本当にデートをしてみたい本命の相手にのみ「いいね」を送るようにすることがおすすめです。

人数を限ることによって、一人に対してかけることのできる時間が増えます。また、一度にメッセージ対応する人数を最大でも2名程度に絞ることで、より余裕を持ってペアーズでの恋活をすることができるようになります。

異性から新しくいいねがこないようにする

Pairs(ペアーズ)で余りに多くからいいねがきて、通知が鳴り止まない状態になっている場合もPairs(ペアーズ)疲れの原因となります。通知を止めても、お相手からもらったいいね画面で常にいっぱいとなっており、気にしないようにしても、良い人がいるかもしれないとついチェックしてしまいます。

そのため、余りに多くの異性からいいねが来ている場合は、プライベートモードなどを活用して相手からのいいねが来ないようにすることも一つの対策になります。

すぐに理想の恋人を作ろうとしない、肩の力を抜く

Pairs(ペアーズ)に登録したばかりの頃は恋活に対するモチベーションが高く、異性と多くマッチングして、メッセージ交換を頑張って、しっかり準備をしてデートをしようと考えているものですが、あまりに気合を入れて利用しすぎると、一つ一つのステップを踏むことが大変になってしまい、Pairs(ペアーズ)疲れを引き起こしてしまいます。

そのため、Pairs(ペアーズ)疲れを感じそうになったら、少し自分の中での認識を変えて、良い人を見つけたい!という強い意思ではなく、良い人がいたらいいな〜ぐらいの緩い感じにすることもおすすめです。リラックスしてPairs(ペアーズ)を利用することで自然体になり、相手からも好印象を持ってもらいやすくなります。

恋活アプリ以外にも街コンや合コンなどで恋活してみる

ペアーズ疲れを感じている方は、恋活アプリ以外にも、街コンや合コン、紹介などでの恋活をしてみることをおすすめします。

それぞれの恋活方法には一長一短があり、自分に合う恋活の手段が見つかるかもしれません。様々な経験をすることでリフレッシュにもなり、肩の力を抜く良いきっかけになる場合もあります。

クルーズ船の恋活パーティーなどが企画されていることもありますので、是非チェックしてみてくださいね。

別の恋活アプリを試してみる

ペアーズ疲れを感じている場合は、実はペアーズとの相性があまり良くない場合もあります。恋活アプリはそれぞれに特徴があり、メインとなる利用者層も大きく異なります。

恋活アプリを利用するためには、自分に合う恋活アプリを比較して選ぶことがとても重要です。下記の記事を参考に、まずはペアーズが自分に本当に合っている恋活アプリなのか、チェックしてみてください。

運営よりも確実な恋をしたいのであれば「with(ウィズ)」、より真面目な性格の人との出会いが欲しいなら「Omiai」の利用がおすすめです。

>>with(ウィズ)公式はこちら

>>Omiai公式はこちら

Pairs(ペアーズ)疲れたまとめ

Pairs(ペアーズ)を利用していると、疲れたと感じる場面に遭遇する時があります。あまりに同時進行で進めている相手の人数が多すぎる場合に起こりがちですので、できれば3人、多くても5人程度までに同時進行でメッセージ交換やデートをする相手は絞り込むようにすると良いでしょう。

↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます