Pairs(ペアーズ)ってどう?評判・口コミ、料金、マッチングのコツ、登録・退会手順

Pairs(ペアーズ)ってどう?評判・口コミ、料金、マッチングのコツ、登録・退会手順

本記事では、Pairs(ペアーズ)を1年使い込んで分かった本当の評判・口コミをご紹介していきます。

恋活向けマッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」の特徴・向いている人、会員数や利用している男性・女性の属性、いいねをもらうポイントと人気会員の特徴、マッチングのコツ、サクラ・業者・安全性、登録・退会方法、料金体系、身バレ対策など、Pairs(ペアーズ)を活用して恋人を作るために必要な全ての情報をご紹介していきます。

これからPairs(ペアーズ)の利用を始める方、Pairs(ペアーズ)で恋活が上手く進まずに悩んでいる方は、是非本記事を参考にペアーズのリアルな評判と口コミ・使い方をチェックしていって下さい!


ゆみこ

ペアーズは累計会員数1,000万人突破の国内で最も人気のある恋活マッチングアプリなの!会員数が多いから、誰でも自分の理想に近い異性を見つけることができるわ!恋活アプリを利用するなら、ペアーズの利用をしない手はないわね。要チェックよ!

>>ペアーズ公式はこちら

pairs1

本記事を読むと分かること

  • Pairs(ペアーズ)は累計会員数1,000万人を超える国内で最も人気のある恋活マッチングアプリ
  • 利用者数が多いため、魅力的な人が多く、趣味・価値観の合う人を探しやすい
  • マッチングアプリ初心者に100%おすすめ。恋活アプリを始める場合はまずはPairs(ペアーズ)

\ 自分に合うマッチングアプリを知りたい方は /

目次

Pairs(ペアーズ)とは?国内最大級の恋活マッチングアプリPairs(ペアーズ)の基本情報

Pairs(ペアーズ)とは?国内最大級の恋活マッチングアプリPairs(ペアーズ)の基本情報

Pairs(ペアーズ)は、国内で最も人気のある恋活マッチングアプリです。累計会員数が1,000万人を突破し、最終ログインから3日以内のアクティブ会員数が男女合計60万人を超えており、利用者数トップの国内を代表する恋活アプリとなります。

ペアーズは会員数、利用者数がダントツ一番となっているため、他のアプリと比較して下記のような特徴があります。

ペアーズの特徴

  • 年代に問わず自分の理想に近い条件の相手を見つけることができる
  • 他の恋活アプリでは利用者数が十分でない地方都市でも、ペアーズであれば多くの利用者がいるため、容易にマッチングできる
  • 利用者数が多いため、自分の好みのタイプの異性を多く見つけることができる
  • 利用者数が多いため、その中で人気会員となっている人の魅力に素晴らしいものがある

ペアーズには上記の特徴があるため、これから恋活アプリを利用してみたいとお考えの方には、まずはPairs(ペアーズ)の利用から始めてみることを強くおすすめします。

会員数が非常に多いため、自分のタイプの異性を見つけられる確率が最も高く、満足のいく恋活体験をすることができるでしょう。

それでは、Pairs(ペアーズ)を利用している人達はどのような人達なのか、年代別やエリア別など、各属性ごとの利用者情報について見ていきましょう。

>>ペアーズ公式はこちら

Pairs(ペアーズ)の累計会員数は1,000万人

Pairs(ペアーズ)の累計会員数は1,000万人

Pairs(ペアーズ)は累計会員数が1,000万人を超えており、国内で最も利用者数の多いマッチングアプリです。

ペアーズ以外の国内を代表する恋活アプリである、「Omiai」や「タップル誕生」においても、会員数は500万人前後となっており、ペアーズの1,000万人超えがいかに圧倒的な会員数かが分かると思います。

恋活マッチングアプリにおいて、利用者数が多いことは、自分の理想に近い相手を見つけられる可能性が高いことを意味します。

そのため、これからマッチングアプリを利用するという方には、まずは「ペアーズ」から始めてみることがおすすめです。

Pairs(ペアーズ)男性・女性会員のアクティブ利用比率

恋活マッチングアプリを選ぶ際には、「どれだけの人が現時点でもアクティブにそのサービスを利用しているか」という点をチェックすることが大切です。

累計会員数が多くても、現時点でのアクティブ会員数が少なくなっている場合は、そのマッチングアプリを利用しても出会いの機会が想定よりも少なくなってしまいます。

ペアーズは累計会員数が1,000万人を突破していますが、現時点でのアクティブ会員数がどの程度いるのか、次の項目でチェックしていきましょう。

ペアーズ男性・女性別アクティブ会員数

Pairs(ペアーズ)アクティブ会員数男女比

性別 会員数 比率
男性 2,901,375人 69%
女性 1,281,394人 31%

上記のペアーズの「アクティブ会員数」は、2019年9月現時点の、ペアーズの検索結果に表示される人数を表しています。ペアーズを既に退会している方や、「プライベートモード」で検索に表示されない方の人数は含まれません。

Pairs(ペアーズ)は、アクティブ会員数においても、男女合計で400万人を超えています。男女比率はおよそ「7:3」となっており、1人の女性に対して2.3人程度の男性が利用している計算となります。

ペアーズ男性・女性別「3日以内にログイン」会員数

性別 会員数 比率
男性 380,348人 59%
女性 262,863人 41%

また、よりアクティブに利用している利用者として、最終ログインが「3日以内」の利用者を「高アクティブ利用者」と定義した場合、高アクティブ利用者の男女別会員数と比率は次のようになっています。

Pairs(ペアーズ)高アクティブ利用者は、男女合計で64万人程となっており、男女比は「6:4」程度、1人の女性に対して1.5人の男性がアプローチしている状態です。

この男女比をみると、Pairs(ペアーズ)は「女性は多くの男性からお誘いを受けることのできる可能性の高いマッチングアプリ」であるということができるでしょう。

Pairs(ペアーズ)男性・女性会員の年代別利用者数

次に、Pairs(ペアーズ)を利用している人にはどの年代の人が多いのか、年代別の利用者数と比率について確認していきましょう。

まず、Pairs(ペアーズ)男性会員の年代別利用者数と比率は下記のようになっています。

Pairs年代別男性利用者数

年代 男性会員数 比率
18~24歳 638,921人 22.0%
25~29歳 782,645人 27.0%
30~34歳 505,154人 17.4%
35~39歳 306,210人 10.6%
40~44歳 229,891人 7.9%
45~49歳 183,104人 6.3%
50~54歳 118,214人 4.1%
55~59歳 71,562人 2.5%
60歳~ 65,701人 2.3%

Pairs(ペアーズ)の男性利用者は18~29歳の若年層で全体の49%を占めており、特に若い男性に人気の恋活マッチングアプリだということができます。

一方でPairs(ペアーズ)は全年代に利用者が多く分布しており、例えば50~54歳の高年齢の方でも利用者数が10万人を超えているため、どの年代の男性ともマッチングすることができると考えることができます。

次に、Pairs(ペアーズ)女性会員の年代別利用者数と比率について見ていきましょう。

Pairs年代別女性利用者数

年代 女性会員数 比率
18~24歳 325,577人 25.4%
25~29歳 420,435人 32.8%
30~34歳 260,298人 20.3%
35~39歳 131,822人 10.3%
40~44歳 70,248人 5.5%
45~49歳 40,285人 3.1%
50~54歳 20,033人 1.6%
55~59歳 8,466人 0.7%
60歳~ 4,259人 0.3%

Pairs(ペアーズ)女性会員の年代別比率は男性よりも若い年代に集中している傾向があり、18~29歳の若年層で58.2%、30代で30.8%を占めており、40歳以降の利用者は11%しかおりません。

この点は、男性よりも女性の方が、年齢が若いうちにパートナーを見つけようという意識が高いことが影響しているものと考えられます。

Pairs(ペアーズ)会員の都道府県別利用者数

次に、Pairs(ペアーズ)アクティブ会員の都道府県別(居住地)会員数について確認していきましょう。自分の居住エリアでどの程度の人がPairs(ペアーズ)を利用しているのかチェックしてみてください。

Pairs都道府県別会員数

都道府県 男性会員数 比率 女性会員数 比率
北海道 100,873人 3.5% 44,357人 3.5%
青森県 19,098人 0.7% 6,732人 0.5%
岩手県 18,230人 0.6% 6,330人 0.5%
宮城県 44,410人 1.5% 19,453人 1.5%
秋田県 12,191人 0.4% 4,335人 0.3%
山形県 15,479人 0.5% 5,840人 0.5%
福島県 31,669人 1.1% 10,502人 0.8%
茨城県 44,929人 1.6% 16,134人 1.3%
栃木県 32,662人 1.1% 11,741人 0.9%
群馬県 31,526人 1.1% 11,859人 0.9%
埼玉県 124,679人 4.3% 56,624人 4.4%
千葉県 111,566人 3.9% 48,338人 3.8%
東京都 764,272人 26.5% 345,092人 27.0%
神奈川県 186,008人 6.5% 82,499人 6.5%
新潟県 31,520人 1.1% 12,330人 1.0%
富山県 17,098人 0.6% 6,294人 0.5%
石川県 20,980人 0.7% 8,205人 0.6%
福井県 13,185人 0.5% 4,510人 0.4%
山梨県 12,729人 0.4% 4,307人 0.3%
長野県 31,259人 1.1% 11,122人 0.9%
岐阜県 32,823人 1.1% 13,368人 1.0%
静岡県 64,962人 2.3% 32,487人 2.5%
愛知県 177,646人 6.2% 71,945人 5.6%
三重県 30,713人 1.1% 11,161人 0.9%
滋賀県 26,287人 0.9% 10,493人 0.8%
京都府 56,233人 2.0% 28,405人 2.2%
大阪府 210,352人 7.3% 117,823人 9.2%
兵庫県 96,659人 3.4% 51,172人 4.0%
奈良県 19,767人 0.7% 11,054人 0.9%
和歌山県 13,265人 0.5% 5,673人 0.4%
鳥取県 8,640人 0.3% 2,991人 0.2%
島根県 9,655人 0.3% 3,333人 0.3%
岡山県 34,747人 1.2% 16,212人 1.3%
広島県 54,963人 1.9% 22,916人 1.8%
山口県 20,540人 0.7% 7,492人 0.6%
徳島県 10,363人 0.4% 4,719人 0.4%
香川県 16,656人 0.6% 6,894人 0.5%
愛媛県 19,709人 0.7% 8,689人 0.7%
高知県 8,835人 0.3% 3,594人 0.3%
福岡県 108,375人 3.8% 51,570人 4.0%
佐賀県 11,991人 0.4% 4,828人 0.4%
長崎県 20,009人 0.7% 8,026人 0.6%
熊本県 27,903人 1.0% 11,180人 0.9%
大分県 19,061人 0.7% 7,095人 0.6%
宮崎県 16,790人 0.6% 6,583人 0.5%
鹿児島県 23,887人 0.8% 10,660人 0.8%
沖縄県 27,559人 1.0% 10,347人 0.8%
海外 48,728人 1.7% 18,931人 1.5%

都道府県別に見るとやはり大都市の方が利用者数も多く、男女ともに東京都の会員数で全体の26%以上を占め、愛知、大阪、神奈川など人口が多い都道府県での利用者数も平均よりも多い傾向が見て取れます。

しかし、大都市と比較すると少なく感じますが、どの都道府県においても利用者数は1万人を超えており、どの都道府県においてもPairs(ペアーズ)を通じて異性と出会うことは十分可能であると考えることができます。

他のマッチングアプリにおいても、都道府県別の会員数割合は似た傾向になりますので、会員数の多いPairs(ペアーズ)だからこそ、地方都市においても異性との出会いを求めることができると言えるでしょう。

Pairs(ペアーズ)会員の職業別利用者数

次に、Pairs(ペアーズ)会員の職業についてみていきましょう。Pairs(ペアーズ)のプロフィール項目の「職種」は自己申告であるため、正確なデータではありませんが、参考とすることはできます。

希望する職業の人がどの程度Pairs(ペアーズ)を利用しているのか、下記でチェックしてみてください。

Pairs職種別会員数

職種 男性会員数 比率 女性会員数 比率
会社員 568,321人 25.7% 159,690人 16.5%
医師 10,507人 0.5% 1,790人 0.2%
弁護士 1,947人 0.1% 262人 0.0%
公認会計士 2,436人 0.1% 221人 0.0%
経営者・役員 86,922人 3.9% 2,860人 0.3%
公務員 107,684人 4.9% 23,277人 2.4%
事務員 12,895人 0.6% 100,916人 10.4%
大手商社 7,520人 0.3% 541人 0.1%
外資金融 3,416人 0.2% 446人 0.0%
大手企業 92,277人 4.2% 19,893人 2.0%
大手外資 10,671人 0.5% 1,530人 0.2%
クリエイター 17,771人 0.8% 7,348人 0.8%
IT関連 82,147人 3.7% 12,372人 1.3%
パイロット 1,557人 0.1% 97人 0.0%
客室乗務員 270人 0.0% 1,681人 0.2%
芸能・モデル 3,644人 0.2% 1,408人 0.1%
アパレル・ショップ 11,849人 0.5% 29,546人 3.0%
アナウンサー 214人 0.0% 136人 0.0%
イベントコンパニオン 264人 0.0% 622人 0.1%
受付 438人 0.0% 17,913人 1.8%
秘書 356人 0.0% 3,522人 0.4%
看護師 6,377人 0.3% 50,977人 5.3%
保育士 3,158人 0.1% 39,091人 4.0%
自由業 52,059人 2.3% 12,492人 1.3%
学生 260,194人 11.7% 102,385人 10.6%
その他 181,646人 8.2% 103,588人 10.7%
上場企業 131,667人 5.9% 5,590人 0.6%
金融 35,127人 1.6% 13,973人 1.4%
コンサル 19,638人 0.9% 1,793人 0.2%
調理師・栄養士 26,718人 1.2% 13,320人 1.4%
教育関連 21,788人 1.0% 17,923人 1.8%
食品関連 33,818人 1.5% 13,438人 1.4%
製薬 6,605人 0.3% 1,791人 0.2%
保険 3,052人 0.1% 3,573人 0.4%
不動産 19,368人 0.9% 3,395人 0.3%
建築関連 139,380人 6.3% 4,179人 0.4%
通信 11,943人 0.5% 1,885人 0.2%
流通 42,732人 1.9% 2,427人 0.3%
WEB業界 11,259人 0.5% 6,470人 0.7%
接客業 94,824人 4.3% 83,867人 8.6%
美容関係 7,931人 0.4% 38,568人 4.0%
エンターテイメント 8,966人 0.4% 3,791人 0.4%
旅行関係 3,567人 0.2% 4,908人 0.5%
ブライダル 1,649人 0.1% 4,041人 0.4%
福祉・介護 37,882人 1.7% 38,007人 3.9%
広告 13,150人 0.6% 5,737人 0.6%
マスコミ 7,804人 0.4% 2,742人 0.3%
薬剤師 3,038人 0.1% 2,849人 0.3%
スポーツ選手 2,630人 0.1% 233人 0.0%
税理士 83人 0.0% 14人 0.0%
エンジニア 3,379人 0.2% 174人 0.0%
建築士 678人 0.0% 32人 0.0%
美容師 220人 0.0% 195人 0.0%
歯科医師 169人 0.0% 61人 0.0%
歯科衛生士 22人 0.0% 864人 0.1%

男性・女性共に「会社員」「学生」の利用者が多くを占めております。また、男性の場合は「上場企業」の登録も多いですが、女性は少ない傾向にあります。

しかし、女性は「事務員」での登録が全体の10%を超えているため、上場企業で事務員として働いている女性は、「上場企業」ではなく「事務員」として登録した方が男性受けが良いだろうと考えているのかもしれません。

また、性別毎にみると、男性は「建築関連」、女性は「接客業」「看護士」「保育士」が多い傾向にあります。

Pairs(ペアーズ)では異性を探すときに職種を指定して検索することもできますので、特定の職業の人とマッチングしてみたいとお考えの場合には是非活用してみてください。

Pairs(ペアーズ)会員の男女別平均いいね数と人気会員の基準

Pairs(ペアーズ)では、過去30日間に異性からもらっている「いいね」の数を表す「いいね数」がプロフィール情報の一つとして表示され、利用者の人気度合いを測る一つの指標となっています。

「いいね数」が多いとPairs(ペアーズ)の人気会員であると異性から判断され、より多くの「いいね」がもらいやすくなる好循環に入ることができます。

Pairs(ペアーズ)のいいね数は、性別よって平均数が大きく異なり、また、「いいね数」を基準として上位10%の人を人気会員と定義した場合、人気会員となるための基準も大きく異なります。

自分や相手がどの程度の人気なのかを知るために、男女別のPairs(ペアーズ)での平均いいね数と人気会員となるための基準について下記でチェックしていきましょう。

Pairs男性会員平均いいね数

いいね数 男性会員数 比率
100~ 38人 2.1%
80~99 71人 3.9%
60~79 87人 4.8%
40~59 98人 5.4%
20~39 234人 13.0%
10~19 289人 16.1%
5~9 271人 15.1%
~4 712人 39.6%

Pairs(ペアーズ)男性会員のいいね数のボリュームゾーンは「~4いいね」となっており、男性は女性からいいねをもらうことが非常に難しいということが分かります。

平均いいね数は「19.92いいね」となっておりますので、まずはこのいいね数を目指していくと良いでしょう。上位10%の人気会員となるには「60いいね」以上が必要となりますので、「1日2いいね」を目指して活動していきましょう。

Pairs女性会員平均いいね数

いいね数 女性会員数 比率
500~ 45人 2.5%
400~499 44人 2.4%
300~399 68人 3.8%
200~299 157人 8.7%
100~199 355人 19.7%
50~99 756人 42.0%
21~49 300人 16.7%
~20 75人 4.2%

Pairs(ペアーズ)女性会員のいいね数のボリュームゾーンは「50~99いいね」となっており、男性よりも女性はいいねがもらいやすいということが分かります。平均いいね数は「114.6いいね」で、上位10%の人気会員になるためには「250いいね」以上が必要となります。

Pairs(ペアーズ)のいいね数の表示は過去30日間の集計となりますので、1日9いいねずつもらうことができれば、女性会員の中でも人気会員となることができます。

Pairs(ペアーズ)会員の年代・男女別結婚観

Pairs(ペアーズ)では、プロフィールで「結婚に対する考え方」について登録することができます。Pairs(ペアーズ)は恋活マッチングアプリではありますが、中には結婚に対する本気度が高い相手もいますので、マッチング後に結婚観でミスマッチが発生しないように、マッチング前に確認しておくことが大切になります。

Pairs(ペアーズ)男性会員の結婚に対する考え方は下記の通りです。

Pairs男性会員の年代別結婚に対する考え方

男性結婚観 18~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳 60歳~
すぐにでもしたい 13,863人 20,496人 22,369人 19,794人 15,713人 10,505人 5,003人 2,430人 1,658人
2~3年のうちに 42,237人 83,664人 57,204人 25,188人 11,628人 5,701人 2,438人 1,111人 798人
良い人がいればしたい 262,664人 356,315人 224,250人 126,232人 81,335人 53,928人 26,897人 12,887人 7,842人
今のところ結婚は考えていない 88,200人 31,330人 13,619人 9,034人 8,598人 9,187人 7,072人 4,835人 5,542人
わからない 81,046人 35,501人 18,882人 12,938人 11,672人 10,800人 7,146人 4,483人 4,118人

男性会員の場合には、20代前半のうちはまだ結婚に対する意識は低く、20代後半から30代にかけて結婚に対する意識が強くなっていくのを確認することができます。40歳以降は、年齢を重ねるにつれて「結婚は考えていない」という人も多くなり、パートナーとしての女性を探す人が増える傾向があります。

次に、Pairs(ペアーズ)女性会員の結婚に対する考え方についてみていきましょう。

Pairs女性会員の結婚に対する考え方

女性結婚観 18~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳 60歳~
すぐにでもしたい 6,013人 16,163人 20,786人 14,344人 6,608人 2,041人 589人 208人 59人
2~3年のうちに 27,189人 62,972人 35,820人 10,393人 2,866人 1,237人 563人 183人 40人
良い人がいればしたい 147,141人 196,463人 121,184人 60,384人 29,519人 14,692人 6,028人 2,186人 534人
今のところ結婚は考えていない 36,416人 10,877人 4,809人 3,594人 3,296人 2,930人 1,601人 624人 198人
わからない 37,402人 15,942人 7,734人 4,946人 3,687人 2,749人 1,287人 510人 154人

女性の場合は、20代前半から「2~3年以内に結婚したい」と考えている人の割合が男性よりも多く、20代後半から30代前半にかけて結婚願望がピークに達します。

30代後半から40代前半は「すぐにでもしたい」と考える人の割合が最大に達し、結婚前提での恋愛を求めている人が多くなる傾向があります。

Pairs(ペアーズ)会員の年代・男女別年収

ここからは、Pairs(ペアーズ)会員の男女別・年代別の年収情報についてみていきましょう。

Pairs(ペアーズ)では年収情報の登録もすることができますが、年収証明の機能は提供されておりませんので、あくまで自己申告の年収データとなります。個々の年収については、少々盛った年収や完全に嘘の年収を登録している人もいますので、参考のみにしておくことが大切です。

Pairs(ペアーズ)男性会員の年代別年収割合は下記のようになっています。

Pairs男性会員平均年収

男性平均年収 18~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳 60歳~
~200万円 64,303人 24,697人 9,477人 4,920人 3,792人 3,310人 2,012人 1,438人 2,091人
201~400万円 130,104人 173,451人 95,385人 46,127人 30,802人 22,058人 11,981人 7,040人 7,535人
401~600万円 49,902人 169,336人 128,714人 73,290人 50,169人 34,628人 17,948人 9,219人 6,706人
601~800万円 7,401人 38,859人 48,534人 35,796人 26,861人 20,645人 12,096人 6,445人 3,781人
801~1000万円 2,480人 10,006人 15,794人 14,665人 11,731人 10,481人 7,024人 4,147人 2,440人
1001~1500万円 1,530人 4,997人 9,029人 9,154人 7,715人 6,372人 4,932人 2,881人 1,939人
1501~2000万円 535人 1,284人 2,197人 2,330人 2,085人 1,803人 1,399人 821人 643人
2001~3000万円 370人 782人 1,068人 1,186人 1,122人 876人 806人 505人 367人
3000万円~ 1,240人 1,467人 1,504人 1,355人 1,201人 912人 891人 592人 436人

男性は20代後半以降になると全体の半分程度が年収400万円を超えるようになります。女性が結婚相手に求める年収の平均が400万円ほどになりますので、およそ半分程度の男性が将来的に結婚も考えられる相手となります。

非常に若い年代で高年収の登録をしている男性会員もいますが、証明がありませんので話半分以下で見ておいた方が良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)女性会員の年収別割合は下記のようになっています。

女性平均年収 18~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳 60歳~
~200万円 8,999人 7,820人 5,113人 2,895人 2,270人 1,428人 727人 304人 156人
201~400万円 14,990人 34,923人 25,078人 11,720人 7,093人 3,875人 1,825人 737人 269人
401~600万円 1,864人 12,320人 12,204人 6,264人 3,589人 1,562人 643人 211人 98人
601~800万円 217人 1,174人 1,998人 1,444人 844人 461人 196人 83人 42人
801~1000万円 59人 251人 379人 346人 251人 136人 67人 25人 18人
1001~1500万円 45人 124人 177人 158人 126人 80人 44人 24人 15人
1501~2000万円 27人 37人 31人 29人 24人 23人 13人 8人 3人
2001~3000万円 9人 18人 26人 16人 19人 15人 5人 5人 2人
3000万円~ 64人 51人 50人 26人 25人 9人 7人 6人 1人

女性の場合は、年齢を重ねていっても400万円を超える人が多くて3割強で、200万円以下の割合も男性より多い状態となっています。平成29年度の平均年収でいえば男性が531万円に対して女性が287万円ですので、Pairs(ペアーズ)の年収データもそれに近い数字で推移しています。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったメリット

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったメリット

ここからは、1年間Pairs(ペアーズ)を使い込んでみて分かった本当に役立つ評判・口コミをご紹介していきます。

結論から申し上げれば、これから恋活マッチングアプリの利用をしたいと考えている方には、Pairs(ペアーズ)は「本当にオススメできる」マッチングアプリです。

国内最大級の会員数に加え、使いやすさやサービスの信頼性、カスタマーサポートの抜群の対応など、恋活マッチングアプリを安心して利用するための全ての要素がPairs(ペアーズ)には揃っています。Pairs(ペアーズ)であれば、安心安全な環境で恋活をしながら、登録から1ヶ月以内には最初のデートの日を迎えることができるでしょう。

利用者数が多いため自分の理想に近い人に出会える

Pairs(ペアーズ)は国内で最も利用者の多い恋活マッチングアプリです。アクティブ利用者でも400万人を超えており、恋活マッチングアプリを利用している人であれば、ほとんどの人がPairs(ペアーズ)をスマートフォンにインストールしていることでしょう。

会員数が多いということは、それだけ豊富なタイプの人がサービスを利用しているということであり、自分の理想に近い相手と出会える可能性が高いことを意味します。

検索機能や共通の趣味を持つ相手を探すためのコミュニティ機能も充実しており、Pairs(ペアーズ)であれば「この人だ!」と思える人を見つけることができるでしょう。

超絶ハイスペックイケメン/空前絶後の美女とも出会える可能性がある

Pairs(ペアーズ)は、「なぜこの人はマッチングアプリを利用しているの?」と疑問に思うようなハイスペックイケメンや空前絶後の美女も多く利用しています。

会員数の多さは、競争が激しいという一面も併せ持っており、Pairs(ペアーズ)で人気会員になる人は総じて非常に魅力的な人が多いです。そのため、普段あまり身近にいない、絵に描いたような理想の相手ともマッチングできる可能性を持つことができます。

出会いの機会が少ない地方在住の方や40歳以上の方でも出会える

また、Pairs(ペアーズ)では大都市に住んでいない、結婚適齢期ではないという方でも、出会いを求めることができます。

Pairs(ペアーズ)には最も利用者の少ない県でも2万人以上の利用者がいます。また、男女ともに60歳以上の方でもPairs(ペアーズ)を利用している人がおり、男性に至っては6万5千人以上の60歳以上のアクティブユーザーがいます。

そのため、他の恋活マッチングアプリで良縁に恵まれることができなかった方でも、Pairs(ペアーズ)であれば良い人と巡り会うことのできる確率が高いと考えられます。

恋活マッチングアプリを利用するときには、複数アプリを併用するのが基本です。利用するアプリの中に、必ずPairs(ペアーズ)を含めることをおすすめします。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったデメリット

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったデメリット

Pairs(ペアーズ)には、利用するにあたっては事前に認識しておいたほうがよいデメリットもあります。

実際に利用して見ると、この点は他のマッチングアプリよりもデメリットが大きいなと感じる部分がありますので、下記の項目で代表的なものをご紹介していきます。

業者や既婚者、ヤリモクなどの要注意人物がいる

Pairs(ペアーズ)に限らず、マッチングアプリには「業者」と呼ばれる存在がします。

よく「サクラ」と間違われますが、運営企業に雇われてサービスの利用促進をするサクラは、Pairs(ペアーズ)には存在しません。一方で、恋活目的以外、例えば商用目的や勧誘目的でPairs(ペアーズ)を利用する「業者」は少数ながら存在しますので、注意をすることが必要になります。

業者や既婚者、ヤリモクといった迷惑ユーザーについて、完全に排除することは難しいのが現状です。新規の迷惑ユーザーは、会員登録や年齢確認の段階ではそうだと判定することができないため、どうしても問題が発生した後に対応することになります。

Pairs(ペアーズ)では24時間365日の監視体制・サポート体制があるため、問題が発生した後にはすぐに対応してもらうことができます。また、一度問題を起こして強制退会となった利用者については、それ以降Pairs(ペアーズ)において会員登録や年齢確認手続きの際に否認されるようになるため、二度とPairs(ペアーズ)を利用することができなくなります。

この仕組みによって、現時点ではPairs(ペアーズ)内で業者や既婚者、ヤリモクなどの迷惑利用者と遭遇する数は大幅に減り、快適に利用できる環境が整ってまいりました。しかし一方で、仕組みとして完全に迷惑ユーザーを除外できるものではありませんので、利用の際には十分に気をつけることが大切になります。

会員数が多いためライバルとなる同性のレベルが高い

Pairs(ペアーズ)では、同性のライバルの数も多いため、異性に選んでもらうためには、競争に打ち勝つことが必要になります。

Pairs(ペアーズ)にはハイスペックイケメンや超絶美人なども多く、この人たちと同じ環境で競争し、相手に「あなたが一番」だと選んでもらうためには、「準備」と「戦略」が必要になります。

まず、Pairs(ペアーズ)利用者の多くが、プロフィール写真や自己紹介文など、相手と出会う前の「準備」を適切に実施できていません。そのため、必要な準備を適切にするだけで、準備に手を抜いている大多数のライバルには打ち勝つことができます。

準備をした上で、異性に選んでもらうためには、競争に打ち勝つための「戦略」を持つことが大切です。既に多くの人からアプローチされている人気会員に、後発で参入して選んでもらうことは確率が非常に低く、恋活の進め方として適切ではありません。あなたのタイプの異性の中でも、まだあまり多くのライバルからアプローチを受けていない人、例えば「新規会員」の異性に対して積極的にいいねを送ることで、マッチングやデートに繋がる確率を高めることができます。

Pairs(ペアーズ)で恋活を成功させるためには、ライバルが多く、またレベルが高いことをきちんと理解することが必要です。その上で適切な「準備」と「戦略」を持ち、時間を有効活用して異性にアプローチしていくことがとても重要になります。本記事で詳細に紹介していきますので、是非チェックしてみてください。

会員数が多いため身バレリスクも高い

Pairs(ペアーズ)は、会員数が非常に多い恋活マッチングアプリであるため、学生時代の同級生や社会人になってからの知り合いも普通に検索表示で見かけることがあります。そのため、Pairs(ペアーズ)を利用する場合には、相手からも自分が見つけられる可能性が高いと考えておいた方が良いでしょう。

ただし、Pairs(ペアーズ)などの恋活マッチングアプリを利用することは、今や主流になってきており、20代の5人に1人はスマートフォンにインストールしている状態ですので、周囲の数人に利用していることがバレたからといって、特に何も問題ではありません。

もしそれでも身バレは気になる、ということであればPairs(ペアーズ)の「プライベートモード」を活用することがおすすめです。プライベートモードを利用することで、「自分がいいねした相手、もしくは既にマッチングした相手」にしか自分を表示させなくすることができます。

プライベートモードは直接的な身バレを完全に防ぐことができますが、一方で異性から「いいね」がもらえないデメリットがあるため、自分から積極的に異性にいいねを送ることが必要となります。また、自己紹介文などで「プライベートモード使用中のためいいね数が少ない状態です」と、いいね数が少ないことの理由を適切に説明して、相手に不信感を持たれないようにすることも大切になります。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったPairs(ペアーズ)に向いている人

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったPairs(ペアーズ)に向いている人

ここまでで、Pairs(ペアーズ)の利用者属性やメリット・デメリットについて確認してきました。ここからは、上記までの情報をふまえて、Pairs(ペアーズ)に向いている人についてチェックしていきましょう。

時間をとって丁寧にプロフィール作成やマッチングの対応ができる人

Pairs(ペアーズ)は、きちんと時間を確保して、プロフィール情報の充実やマッチング後の対応ができる人が向いています。

ライバルが多いため、異性から魅力的に感じてもらうことのできる「プロフィール写真」や「自己紹介文」の作成、適切なコミュニティの登録、プロフィール項目の設定は必須となります。

また、マッチング後の対応として、相手に合わせたメッセージ内容の考案や迅速な返信速度も、異性に選んでもらうためには重要となります。

時間はあまりかけたくない、でもマッチングアプリを利用してみたいという方は、「Dine」や「東カレデート」などのデート向けマッチングアプリの利用がおすすめです。

20~30歳の独身男女

Pairs(ペアーズ)は、全世代が利用している恋活マッチングアプリですが、特に「20~30歳」の独身男女の利用がおすすめです。

会員数においても、最もボリュームの大きい世代となっており、マッチングしやすい同年代の異性が多く存在します。

また、Pairs(ペアーズ)はあくまで「恋活向け」であり、直近での結婚を考え始める30歳以降の年代の方には、ゼクシィ恋結びやペアーズエンゲージなどの「婚活向け」マッチングアプリの利用の方がおすすめです。

20〜30歳は、お付き合いする相手と将来的に結婚することは考えられる世代ですが、まだ「1年以内に絶対に結婚したい」と考えている人が多い世代ではありません。そのため、恋活向けのPairs(ペアーズ)との相性も良いので、特に20~30歳の男女にはPairs(ペアーズ)の利用がおすすめとなっています。

頑張って理想に近い異性の恋人を作りたい人

Pairs(ペアーズ)は会員数が多いため、競争は激しいですが、自分の理想に近い相手を見つけることができます。

ハイスペックや超絶美女という意味だけでなく、趣味や価値観が共通する相手も探しやすく、「この人以外考えられない」と思えるような相手を見つけることができるのもPairs(ペアーズ)の特徴の一つです。

適切な「準備」と「戦略」をもって、時間をかけて恋活することが求められますが、その代価を払ってでも理想に近い恋人を作りたいと考えている人は、是非Pairs(ペアーズ)の利用を検討してみてください。

マッチングアプリ初心者

Pairs(ペアーズ)は、マッチングアプリ初心者の方にも向いているサービスです。

Pairs(ペアーズ)のシステムは、マッチングアプリの中でも基本形となっており、「プロフィールを充実させる」「異性を探す」「いいねを送る」「マッチングする」「メッセージ交換を重ねる」「デートする」という基本的な流れを覚えることができます。

また、Pairs(ペアーズ)の利用者は魅力的な人が多く、かつ趣味や価値観が共通する相手を見つけやすいです。そのため、まずはPairs(ペアーズ)から利用を始めて、もし全然異性と出会うことができなければ、他のマッチングアプリをメインで利用することを検討する、という流れで取り組むようにするのが良いでしょう。

共通の趣味や価値観を持っている人とお付き合いしたい人

Pairs(ペアーズ)は、共通の趣味や価値観を持っている人とお付き合いしたい人にも向いているマッチングアプリです。

Pairs(ペアーズ)には、「コミュニティ」機能があり、趣味や価値観から異性を探していくことができます。

他のマッチングアプリでは、運営企業によって定められた一定数のコミュニティしか利用できない場合もありますが、Pairs(ペアーズ)では自分でコミュニティを作成することもできるため、本当に自分の趣味や価値観に合う異性を探すことが可能となっています。

趣味で繋がる恋活アプリだとタップル誕生が有名ですが、本当に趣味や価値観の合う相手を探したい場合には、Pairs(ペアーズ)の利用がおすすめです。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったPairs(ペアーズ)に向いていない人

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったPairs(ペアーズ)に向いていない人

Pairs(ペアーズ)以外にもマッチングアプリは豊富な種類があります。Pairs(ペアーズ)の利用が向いていない人は、別の向いているマッチングアプリを利用することで、自分の望む結果が得やすくなります。

下記のPairs(ペアーズ)に向いていない人に該当する方は、他のマッチングアプリや別の方法での恋活も検討してみてください。

あまり手間なく異性とマッチングして恋活をしたい人

Pairs(ペアーズ)は、手間をかけずに恋活をしたい人にはあまり向いていません。

会員数が多く競争が激しいため、プロフィール情報の充実や、マッチング後の丁寧なメッセージ交換は、異性から選んでもらうために必須となります。

手間なく異性とマッチングしてデートに行きたい方は、「Dine」や「東カレデート」などのデート向けマッチングアプリを利用するか、タップル誕生の「おでかけ」などデート前提でのマッチングができる機能を活用することがおすすめです。

同性のライバルに打ち勝つだけの努力をしたくない人

Pairs(ペアーズ)は、マイペースでのんびりサービスを利用したい人にはあまり向いていません。

特に男性会員の場合は、アクティブ会員の男女比は「6:4」で男性の方が多いため、単純に考えても同性のライバルに打ち勝たないと異性に選んでもらうことはできません。これが、自分のタイプの魅力的な異性に選ばれたいと考える場合には、なおのこと必要な努力をすることが求められます。

他の人と比較されながら恋活をすることが嫌だという場合は、マッチングアプリではなく友人に紹介をお願いしたり、相席居酒屋など、相対評価ではなく絶対評価で自分をみてくれる場所で恋活をすると良いでしょう。

お金をかけずに女性との出会いを求めている男性

Pairs(ペアーズ)は、女性は基本無料で利用できますが、男性は有料会員になることが必要になります。

男性は有料会員になることで初めて、マッチング後に女性とメッセージ交換ができるようになります。そのため、Pairs(ペアーズ)を通じて彼女を作りたい男性は、全員有料会員になることが必須となっています。

お金を全くかけずに女性と出会いたいと考えている男性には、Pairs(ペアーズ)の利用は向いていません。ストリートでのナンパや友人の紹介など、サービスを介さない場所での出会いを求めていくと良いでしょう。

パパ活やママ活、メシモク、ヤリモク

Pairs(ペアーズ)は、パパ活やママ活、メシモク、ヤリモクなど恋活目的以外でサービスを利用する人も向いていません。

上記の目的でサービスを利用することは、Pairs(ペアーズ)の利用規約でも明確に禁止されております。発覚すると通報され、強制退会させられますので控えるようにしましょう。

パパ活やママ活、メシモクの場合は、その目的に適したアプリを利用した方が、トラブルなく効率的に相手を探すことができます。

経済力がまだ弱い男子大学生

Pairs(ペアーズ)は意外にも、経済力の低い男子大学生にもあまり向いていません。

男子大学生であれば、同年代の女子大生などとの出会いも見つけやすそうですが、Pairs(ペアーズ)では上の社会人世代とも同じ場所に立たされて比較されることを忘れてはいけません。

同年代の女子大生については、20代前半の社会人など経済力と安定性のある大人の男性からもアプローチを受けます。そうなると、どうしても男子大学生では競争に負けてしまうことが多くなります。

そのため、男性大学生については、できるだけクローズドな環境での恋活をする方が望ましく、バイト先やサークル内、学士同士での合コンなど、社会人と比較されない環境でお付き合いできる女性を探すようにするのが良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった安全に利用するための「業者」の特徴と見分け方

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった安全に利用するための「業者」の特徴と見分け方

Pairs(ペアーズ)で安全に恋活をするためには、「業者」の特徴を知り、見分けられるようにすることが大切です。

業者は、高額商品の販売やネットワークビジネスへの勧誘など、恋活目的以外でPairs(ペアーズ)を利用しており、相手にしても時間だけを無駄に奪われてしまいます。

そのため、Pairs(ペアーズ)を利用する際には、事前に業者の特徴を把握しておき、怪しいと感じた相手とは接点を断つようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)にサクラは存在しないが業者は存在する

Pairs(ペアーズ)には、運営企業が雇った、サービスの利用促進をする「サクラ」は存在しません。

サクラはかつての出会い系サイトなどで流行した手法で、従量課金制のサービスの場合は企業の売上増加に繋がりました。

Pairs(ペアーズ)は定額制のマッチングアプリであり、アメリカ上場企業のグループ会社でもあるため、メリットとリスク両面から考えても、サクラを利用する意味は何一つありません。

業者は、恋活目的以外でサービスを利用する個人または組織のことで、商用目的や勧誘目的、個人情報の収集目的など様々な種類が存在します。Pairs(ペアーズ)を利用する際には、この業者に注意をすることが必要です。

Pairs(ペアーズ)の業者は本人確認手続きの徹底により少なくなった

Pairs(ペアーズ)では、通報されて一度強制退会となると、その後Pairs(ペアーズ)を再度利用することができなくなります。

スマートフォンの端末や登録方法を変更しても、年齢確認手続きの際に提示する証明書によって、過去に強制退会となった人と同一人物だと判定され、審査に通過できなくなります。

結果として異性とのメッセージ交換ができなくなるため、二度とPairs(ペアーズ)を通じて異性と出会うことができなくなります。

Pairs(ペアーズ)では、新規の業者については登録時に判定することができないため、業者を完全にゼロにすることはできません。しかし、強制退会&再登録禁止の仕組みがあるため、現在では業者の数はかなり少なくなっており、安全に恋活に取り組むことができるようになっています。

Pairs(ペアーズ)に存在する業者の種類

Pairs(ペアーズ)の業者は主に次の3種類に分けることができます。

  • 商用目的(高額商品を販売してくる)
  • 勧誘目的(ネットワークビジネスに勧誘)
  • 外部サイト誘導(個人情報を取得して悪用)

Pairs(ペアーズ)に生息する業者の種類を理解しておくだけでも、怪しい相手を感じ取れるようになります。迷惑行為の被害に遭遇することがないように、各業者について理解しておきましょう。

Pairs(ペアーズ)に存在する業者:商用目的(高額商品を販売してくる)

Pairs(ペアーズ)の業者には商用目的が存在します。商用目的の業者は、高額商品の販売を狙って近づき、相手にローンを組ませてでも自分の利益になる商品を販売しようとしてきます。

数十万円単位のものから、不動産など1千万円以上かかるものまで取り扱う商品はとても幅広いです。

こちらの恋心を逆手にとって高額商品を販売しようとしてきますので、ついこれを購入しないと付き合うことができないかも、嫌われてしまうかもと思いがちですが、購入しても恋愛に発展することはありませんので、絶対に商品の購入はしないように気をつけましょう。

Pairs(ペアーズ)に存在する業者:勧誘目的(ネットワークビジネスに勧誘)

Pairs(ペアーズ)の業者には、ネットワークビジネスへの勧誘目的の業者も存在します。カフェでのランチデートなどで勧誘されることが多く、「特別に凄い人に会わせてあげる」「一緒に経済的自由を手に入れよう」などのワードで勧誘をしてきます。

相手の話に合わせても、時間ばかり取られて相手とお付き合いできることはありません。相手がタイプの異性でも、トラブルに巻き込まれる前にすぐにデートを切り上げて関係を断つことが大切です。

Pairs(ペアーズ)に存在する業者:外部サイト誘導(個人情報を取得して悪用)

Pairs(ペアーズ)の業者には、外部サイトに誘導し、個人情報を取得して悪用しようとする業者も存在します。

Pairs(ペアーズ)のメッセージ機能やLINEなどで別のサイトのURLが送られてきたら、間違いなくこのタイプの業者であると判断することができます。URLにアクセスしたIP情報や、登録した個人情報を盗み取ることが目的ですので、URLは絶対にタップしてはいけません。

プロフィール写真に魅力的な写真を掲載していることが多いですが、外部サイト誘導業者の場合はなりすましであるため、実際には写真の相手と出会えることはありません。

Pairs(ペアーズ)に存在する業者の特徴と見分け方

ここからは、Pairs(ペアーズ)に存在する業者の特徴と見分け方についてご紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)において、業者に対して時間を使うことは何一つメリットがありません。そのため、業者の特徴を理解しておき、相手が業者であると判断できたらすぐに関係を断つことが大切になります。

プロフィールのメイン写真が美男美女

Pairs(ペアーズ)は魅力的な男女も多く利用しているため、これだけで業者であると断定することはできません。しかし、プロフィール写真で非常に魅力的な外見の写真が掲載されている場合には、業者であることを疑うようにしましょう。

特にこの相手から積極的にアプローチをされたり、下記で紹介していく業者の特徴にも当てはまる場合には、業者である確率が高くなります。

プロフィールの写真がメイン写真1枚しか掲載されていない

Pairs(ペアーズ)の業者のうち、なりすましをしている外部サイトへの誘導業者については、メイン写真1枚しか登録されていないことがほとんどです。これは、メイン写真をWebからダウンロードして登録しているため、サブ写真に登録するための適切な写真が手元にないことが原因です。

メイン写真1枚のみで、その写真が美男美女である場合には、外部サイト誘導業者である可能性が極めて高いと考えるようにしましょう。

プロフィールのサブ写真に年齢に似付かわしくないお金のかかる海外旅行や高級ディナーの写真が登録されている

Pairs(ペアーズ)のプロフィールのサブ写真で、年齢に対して合っていない金額の趣味や食事の写真を登録している場合には、商用目的や勧誘目的の業者である可能性があります。また、パパ活やママ活目的の場合もありますので、いずれにせよ注意をすることが必要です。

この場合は、自己紹介文をしっかりチェックし、真剣に恋活に取り組んでいる人なのかどうかを検証することが必要になります。

プロフィールの自己紹介文が短く恋活に対する誠実さがない

Pairs(ペアーズ)のプロフィールの自己紹介文において、文字数が少なく、また文章から恋活に対する誠実さが感じられない場合も、業者である可能性があります。

真面目にPairs(ペアーズ)で恋活をしようと考えている利用者は、ライバルに打ち勝つためにきちんとした自己紹介文を作成します。そのため、自己紹介文で軽い印象を受ける相手や、不誠実だと感じる相手については、業者か暇つぶし目的の利用者である可能性が高いため、恋活でアプローチする相手として相応しくありません。

LINE以外の外部サイトのURLを送ってくる

Pairs(ペアーズ)で相手とマッチングをした後に、LINE以外の外部サイトへ誘導しようとしてくる相手は、個人情報を取得して悪用する目的の業者です。

そのため、興味本位であっても、送られてきたURLをクリックすることは控えるようにしてください。この場合は業者確定ですので、相手がどのような理由でURLを送ってきたとしても、すぐに運営に通報してブロックするようにしましょう。

褒めまくってくる、会いたがってくる

Pairs(ペアーズ)でマッチングした後、あなたについて褒めまくってくる、またすぐに会いたがってくる相手も業者やヤリモクである可能性が高いです。

Pairs(ペアーズ)を通じてマッチングした相手に対しては、特に相手が本命であればあるほど、距離感を大切にして、誠実なコミュニケーションを心がけるものです。

マッチング後すぐに距離感を縮めようとする行為は、できるだけすぐ会うことが目的であり、その理由は実際に相手に会うことで自身の目的が達成しやすくなる業者やヤリモクであるからです。

恋活目的でPairs(ペアーズ)を利用しているのであれば、このような相手と会っても恋活の成功に繋がることはなく、時間を無駄にしてしまうだけですので気をつけるようにしましょう。

プロフィールの自己紹介文に「ご縁・副業・パーティ・イベント・不労所得・仲間・自由」などの文言が多発している

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文に、「ご縁・副業・パーティ・イベント・不労所得・仲間・自由」などのワードが散りばめられている場合には、相手がネットワークビジネス系の勧誘業者である可能性が非常に高くなります。

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は、相手に対して自分のことを知ってもらうためのものであり、上記のような恋活に関係のないワードを登場させることは通常ありません。

そのため、自己紹介文に上記ワードを使っている人とは、どれだけタイプの顔の人であっても、関わりを持たないようにすることがおすすめです。

マッチング後すぐに実際に会うことを提案してくる

Pairs(ペアーズ)で、マッチング後すぐに会うことを提案してくる相手は、業者かヤリモクである可能性が非常に高いです。

Pairs(ペアーズ)では、マッチング後は1週間かけてメッセージ交換を重ねてデートに誘い、その1、2週間後に実際に会う、「マッチングしてから2~3週間」程度実際に会うまでに時間をかけることが通常です。

これは、互いに対する信頼感を作り上げていくために必要なプロセスです。このプロセスを飛ばしていきなりデートに誘うことは、相手に警戒心を持たれてブロックされる可能性が高くなるため、特に本命の相手に対してはまずしません。

そのため、Pairs(ペアーズ)でマッチングした相手がすぐにデートに誘ってくる場合は、まず相手にとって自分はどうでもいい相手なのだということを理解し、その理由が相手の目的が業者行為やヤリモクであり、いくらでも相手にとっての自分は代替可能であるからと気付くことが大切です。

デート中に特別に凄い人を紹介してあげると言ってくる

Pairs(ペアーズ)のネットワークビジネス勧誘系の業者は、頼んでもいないのにデート中に「特別に凄い人に会わせてあげる、特別だからね!」ということを頻繁に発言してきます。

この発言が出た段階で相手が業者であることは確定ですので、すぐにデートを切り上げて帰るようにしましょう。実際に紹介された相手に対して会ってしまうと、「凄い人」であることを理由に公共の場でやりたい放題の発言をされて恥ずかしい思いをすることになりますので、会わないほうが望ましいでしょう。

プロフィールの「出会うまでの希望」が「マッチング後にまずは会いたい」になっている

Pairs(ペアーズ)のプロフィール項目には「出会うまでの希望」という項目が用意されています。

この項目で「マッチング後にまずは会いたい」が設定されている相手は、業者やヤリモクである可能性が非常に高くなります。

恋活をしている利用者は、相手が本当に信頼できる相手なのか慎重に見極めようとしますし、多くの時間を消費するデートは、それに相応しい相手のみに絞りたいと考えることが普通です。

そのため、「マッチング後にまずは会いたい」としている相手は、まず真剣には恋活に取り組んでいないことは確定的で、なおかつ実際に会うことで相手の目的が達成しやすくなる業者やヤリモクである可能性が高いと考えるのが自然です。

Pairs(ペアーズ)で業者に遭遇したら即通報してブロック

Pairs(ペアーズ)でもしも業者に遭遇してしまった時には、すぐに相手を運営に通報し、その後ブロックすることが大切です。順番が逆になってしまうと、通報する手続きが大変になってしまいますので、通報してからブロックするようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)は24時間365日の監視・サポート体制を提供していますので、通報をして相手に本当に問題があれば1時間後には強制退会などの対応をしてもらうことができます。Pairs(ペアーズ)のカスタマーサポートは非常に充実しておりますので、問題があった時はすぐに相談するようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)で相手を運営に通報する手続きは、相手のプロフィールページから行います。具体的な手順は下記の通りです。

  • プロフィールページ右上「…」をタップする
  • 「違反報告する」をタップ
  • 違反の種類・確認場所・違反内容を登録して「確認する」をタップする
  • 運営に違反報告する

一度強制退会させられた業者は二度とPairs(ペアーズ)を利用できない

Pairs(ペアーズ)で業者と遭遇して通報した場合、運営の事実確認によって相手が業者であり利用規約に明確に違反したと判断されれば、すぐに強制退会をしてもらえる場合があります。

一度強制退会の処分が下ると、その相手は会員登録や年齢確認手続きで審査が否認となるため、Pairs(ペアーズ)を通じて異性とメッセージ交換することが不可能となり、二度とPairs(ペアーズ)を通じて異性と出会うことができなくなります。

迷惑行為をされた時に通報することは、自身の安全を守るだけでなく、サービス全体の安全性を高めることに繋がります。業者に遭遇した時は即通報するようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった安全に利用するための「既婚者」「ヤリモク」の特徴と見分け方

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった安全に利用するための「既婚者」「ヤリモク」の特徴と見分け方

Pairs(ペアーズ)で真面目に恋活に取り組んでいる利用者にとって業者と並んで迷惑なのが、「既婚者」「ヤリモク」の存在です。

一見優しくて積極的な人のように見えますが、それらは真面目に恋活をする気がないことによっての軽さからくるものです。既婚者やヤリモクに対しては、1秒でも時間を使うことは非常に勿体無いことです。

意味のないことに時間を浪費してしまわぬように、Pairs(ペアーズ)での既婚者やヤリモクの行動の特徴を知り、見分けられるようにしていきましょう。

前触れもなく「今日会える?」と突然聞いてくる

Pairs(ペアーズ)にいる既婚者やヤリモクは、あなたのことを非常に軽い便利な存在として取り扱ってきます。そのため、マッチングしたメッセージ交換を重ね、デートをしてある程度の関係性ができてくると、突然「今日会える?」などの突然の連絡をしてくることがあります。

本当は予定していたことが急にキャンセルになったなど、時間が空いたことが原因ですが、「急にどうしても顔を見たくなってしまって」など上手な理由を伝えてくるため、嬉しい気持ちになってしまう場合があります。

しかし、「今日会える?」などはPairs(ペアーズ)を通じて出会ったまだ関係性の浅い相手に対して送るメッセージではなく、このようなメッセージを相手が送ってくる場合には、自分の都合で物事を推し進めようとする既婚者やヤリモクである可能性が高いものと考えられます。

効率的に目的を達成するためにすぐに会おうとしてくる

Pairs(ペアーズ)にいる既婚者やヤリモクの利用目的は、大人の関係を持つことです。そのため、効率的に自分の目的を達成するために、マッチングしてすぐに会おうと提案してくることが多いです。

ここの誘いで断られるようであれば、ガードの固い相手だと判断し、自分の目的にはそぐわないと考えます。相手にとっては、あなたはデートやお付き合いをしたい重要な本命候補ではなく、替えのきく存在でしかないので、断られたとしてもノーダメージです。そのため、気軽にマッチング後すぐに会おうと提案してくることになります。

この相手とは1秒でも時間を消費することは無駄以外の何物でもありませんので、すぐにブロックをして関わりを持たないようにしましょう。

メッセージの口調がタメ口、かついきなり呼び捨てにしてくる

Pairs(ペアーズ)の既婚者やヤリモクは、できるだけすぐに会うことを実現するために、マッチング直後から距離感を縮めようとしてきます。

メッセージの口調もタメ口であったり、いきなり呼び捨てで馴れ馴れしい内容のものを送ってきます。相手にとっては、この行動も相手のガードの固さチェックの一環であり、ここで引く相手であれば会ったとしても自分の目的を達成しにくい相手である可能性が高いと判断することができます。

距離感のおかしい相手は、基本的に自分のことしか頭の中にありませんので、関わりを持っても嫌な気持ちになるだけです。すぐにブロックして終わりにしましょう。

土日や平日夜に連絡をしても返事が返ってこない、そもそも会えない

Pairs(ペアーズ)では、既婚者は特に土日や平日の就寝前など、家族と一緒にいる確率の高い時間帯は連絡が取れなくなることが多くあります。

デートも平日夜のみであったり、通常はメッセージ交換が盛んに行われる土日などに、全く返信が返ってこない、そもそも既読すらつかないという状況が発生します。

この場合は、相手が既婚者である可能性が高いので、他のチェック項目と合わせて相手が既婚者かどうかを考えてみるようにしてください。

都心に勤務しているのに住んでいるのが郊外

Pairs(ペアーズ)の既婚者は、都心に職場があるのに郊外に居住していることが多くあります。都心で家族が暮らせるだけの広さのある家は非常に高いので、まだ年齢的に若い人であれば特に、家は広い郊外に持つ傾向があります。

そのため、相手の仕事場や住所についての大体の情報を聞いたときに、上記内容に当てはまるときには相手が子供もいる既婚者である可能性がありますので、気をつけるようにしましょう。

デートで付き合ってもいないのにボディタッチしてくる

Pairs(ペアーズ)の既婚者やヤリモクは、距離感を近づけようとしてくることに必死です。

初回デートから夜の居酒屋デートなどお酒の入るデートを提案してくることも多く、デートの帰り道に手を繋いでこようとしてくるなど、通常の真面目な利用者からするとありえない行動をしてきます。

ボディタッチは正真正銘セクハラであり、Pairs(ペアーズ)の利用規約でも明確に禁止されていますので、すぐに通報をしてブロックする対処を取るようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)でマッチングした相手とのデートは、できるだけ昼の時間帯でお酒の入らない内容のデートにすることも大切です。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった友人や知り合いにバレる可能性

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった友人や知り合いにバレる可能性

Pairs(ペアーズ)を利用する際に気になるのは、友達や同僚などの知り合いにバレることはあるのか、という点です。

実際にPairs(ペアーズ)を利用していると、高校時代の同級生などが普通に検索結果で表示されることがあり、無防備に利用していると、ある程度は知り合いにバレてしまうことがあるだろうというのが実感です。

確かに会員数が1,000万人を超えておりますので、知り合いが誰一人利用していないと考えるほうが不自然です。

Facebook連携で会員登録した場合はFacebookで友達になっている人は互いに表示されない

Pairs(ペアーズ)の会員登録方法は複数ありますが、Facebook連携での登録が最も身バレリスクを抑えることができます。

Facebook連携でPairs(ペアーズ)に会員登録した場合は、Facebook上で友達として繋がっている異性については、互いのPairs(ペアーズ)の画面で表示されることがなくなります。

相手がFacebook連携以外の方法で登録していた場合はこの限りではありませんが、多くの人がFacebook連携でPairs(ペアーズ)に登録しておりますので、効果が全くないということはありません。

Facebook連携で会員登録してもFacebookに勝手に投稿されることなどはない

また、Pairs(ペアーズ)にFacebook連携で会員登録をした場合でも、勝手にFacebookの自分のウォールなどにPairs(ペアーズ)が投稿されるようなことはありません。

Pairs(ペアーズ)を利用していることは、Facebookのどのページを見ても誰にも知られることはありませんので、安心してFacebook連携での登録をしてください。

完全に身バレを防ぎたい時には「プライベートモード」を使用する

Pairs(ペアーズ)で完全に身バレを防ぎたいときには、「プライベートモード」を利用することがおすすめです。

別途料金がかかりますが、プライベートモードを利用することによって、「自分がいいねした相手、もしくは既にマッチングした相手」にしか自分が表示されなくなりますので、誤って知り合いにいいねをしない限り、直接的に友達や知り合いにPairs(ペアーズ)の利用がバレることはなくなります。

ただし、異性の検索結果に表示されなくなりますので、足跡や異性からもらえるいいねはゼロになります。自分から積極的に異性にアプローチしていくことが求められますので、プライベートモードを利用する場合はこの点にご注意ください。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった登録してから実際に相手と出会うまでのリアルな流れ

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった登録してから実際に相手と出会うまでのリアルな流れ

ここからは、Pairs(ペアーズ)を実際に利用してみてわかった、登録から異性と実際に出会うまでのリアルな流れについてご紹介していきます。

これからPairs(ペアーズ)を利用するという方は、下記の流れに従って進めていくことによって、迷わずに異性とデートできるようになります。初めての利用で流れがよくわからないという方は、是非参考にしてみてください。

まずは自分のプロフィールを充実させることが必要

Pairs(ペアーズ)に会員登録をしたあとは、まずは自分のプロフィール情報を充実させることが大切です。

自分からいいねを送ってマッチングしたい場合も、相手からいいねをもらいたい場合も、プロフィール写真や自己紹介文を充実させ、異性から見て魅力的な人だと感じてもらえるようにすることが求められます。

プロフィール写真は、とっておきのメイン写真と一緒に、サブ写真を5枚程度登録するようにしましょう。サブ写真は1枚1枚が、メイン写真を補完する自己紹介の代わりとなるように、様々な自分の一面を表現することが大切です。

自己紹介文は、「相手が自分について知りたいと考えるであろうこと」と「誠実に恋活に取り組んでいること」が伝わる文章にすることが大切です。文字数も500文字程度のボリュームのあるものにしましょう。

プロフィール項目は全て正直に登録しましょう。3分程度で完了する内容ですが、手を抜きがちなプロフィール情報でもあります。全てのプロフィール項目を登録することで、異性からも信頼してもらいやすく、また検索でも表示されやすくなります。

Pairs(ペアーズ)のコミュニティは、コミュニティ内で趣味・価値観の合う異性を探すことにも活用できますが、登録コミュニティはプロフィール情報にも表示されます。そのため、自分の趣味や価値観に合うものを登録し、非言語で自分の内面を相手に伝えることが可能です。

Pairs(ペアーズ)のコミュニティには「趣味」「ライフスタイル」「価値観」の3種類がありますので、それぞれ5程度登録し、合計15~20個程度のコミュニティに参加すると良いでしょう。

マッチングしたい相手を検索や足跡、コミュニティなどから見つける

Pairs(ペアーズ)に会員登録後、自分のプロフィール情報を充実させたら、いよいよマッチングしたい相手を探しにいきましょう。

基本となるのは「さがす」機能での検索となります。自分の希望する検索条件を指定し、条件に合致する相手を探していくことができますので、最も効率よくタイプの異性を探すことが可能です。有料会員や、プレミアムオプションなどのオプションプランに加入することで、利用できる検索条件が増え、より効率的に異性を探していくことができるようになります。

また、足跡機能では、自分のプロフィールページを閲覧してくれた相手を確認することができます。足跡をつけてくれた相手は自分に対して興味を持っている相手になりますので、こちら側からいいねを送ることで、高確率でマッチングが成立します。まずはマッチングを体験してみたいという方は、足跡をつけてくれた相手の中から探してみるのも良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)はコミュニティ機能も充実しており、共通する趣味や価値観を持っている人の中からも相手を探すことができます。検索条件も使用できますので、趣味・価値観が合う人を中心に相手を探したい場合には、コミュニティ機能を積極的に活用して異性を探していくのがおすすめです。

いいねする/いいねされる

Pairs(ペアーズ)で気になる異性を見つけたら、どんどん積極的にいいねを送っていきましょう。いいねを送り、相手から「ありがとう」を返してもらうことによって、マッチングが成立し、メッセージ交換をすることができるようになります。

200文字以内のテキストメッセージと一緒にいいねを送れる「メッセージ付きいいね」という機能があります。合計4ポイントが必要となりますが、通常のいいねよりもマッチング率が高くなるため、マッチングしたい本命の相手に対してはメッセージ付きいいねを使うことも検討していきましょう。

また、Pairs(ペアーズ)では異性からもらった「いいね」に対して、自分が「ありがとう」を返してもマッチングは成立します。定期的に異性からもらったいいねを確認し、タイプの異性がいたらマッチングを成立させていきましょう。

メッセージ交換を始める

Pairs(ペアーズ)でマッチングが成立したら、相手とメッセージ交換を開始します。特に最初のメッセージの返信率は、マッチングしてからの経過時間が長くなるにつれ低下してしまいますので、できるだけ早めに相手にメッセージを送ることが大切になります。

また、相手に送るメッセージは誰にでも送ることができるようなテンプレメッセージではなく、相手のプロフィール情報を確認しながら、相手にしか送ることのできないオリジナルメッセージを考えることが大切になります。具体的には、最初のメッセージは下記の流れで作成するのがおすすめです。

  • 挨拶、マッチングのお礼
  • 相手にいいね/ありがとうを送った理由
  • 相手との共通点
  • 簡単な質問
  • 締めの挨拶

1週間程度経過したらデートのお誘いをする

メッセージ交換を相手と1週間程度重ねたら、最初のデートの提案をしましょう。

デートの提案は、マッチング後すぐにすると相手に業者やヤリモクだと勘違いされますので気をつけましょう。また、マッチング後メッセージ交換だけで1ヶ月程度過ぎると、相手に暇つぶし目的だと思われ、メッセージの返信がもらえなくなりますので、1週間から10日程度メッセージ交換を重ねたら、最初のデートの提案をすることが大切になります。

また、初デートについては特に相手も警戒心を強く持っておりますので、夜の時間帯のデートよりも、日中の明るい時間帯で周囲に人がいるお洒落なカフェでのランチデートなどにすることが大切です。自分がしたいデートよりも、相手が安心して引き受けることのできるデートを提案するようにしましょう。

日時や内容が決まった場合、相手次第でLINE交換の提案をする

Pairs(ペアーズ)で相手とのデートの内容と日程が決まった場合、相手次第ではLINE交換の提案をするのもありです。LINE交換をすると電話でのコミュニケーションを取ることが可能になりますので、デートの前に相手との距離感を縮め、若干信頼感を高めることができるようになります。

また、LINE交換するタイミングとしても、「待ち合わせ場所で分からなくなった時に電話ですぐ合流できるように」などの理由が使えるため、相手もLINE交換の提案を受けやすいです。

ただし、LINE交換をすることに強い不安感を感じる人もいますので、決して無理強いはしないようにしましょう。

デートの日までもメッセージ交換や電話でコミュニケーションを続ける

Pairs(ペアーズ)でデートの日程が決まった後も、相手を放置せずにしっかりとメッセージや電話でコミュニケーションを取り続けることが大切です。

デートの日が近づくにつれ、相手もナーバスになって不安感が強くなってしまいます。この時に連絡を取っていない状態が続いていると、相手の不安がピークに達し、デートのキャンセルに繋がることになります。デートの約束ができたからといって安心せず、相手が安心感をもってデートの日を迎えることができるように最善を尽くしていきましょう。

マッチングしてからおよそ2~3週間で実際に相手と会う

Pairs(ペアーズ)でデートの提案をする際の日程は、提案日から1~2週間後の日程がおすすめです。そのため、マッチングしてから2~3週間後には相手との初デートをするというスケジュールを基本と考えておくのが良いでしょう。

相手によっては、実際に会うまでにもう少し時間をかけて信頼関係を作ることが必要となる場合もありますが、基本はマッチング後2~3週間で会ってみるのがおすすめです。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「メイン写真」のポイント

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「メイン写真」のポイント

Pairs(ペアーズ)のプロフィール情報の中で、異性からいいねをもらうために最も重要な情報はメイン写真になります。

メイン写真は、検索結果やいいね画面など、異性が初めてあなたのことを視認した時に大きく表示されるもので、第一印象を形成するほとんどの情報です。

メイン写真の印象次第で、いいねやマッチングの確率が大きく変わり、またマッチング後にメッセージ交換が続く確率やデートに繋がる確率にも大きな影響があります。

Pairs(ペアーズ)で人気会員になったり、タイプの異性とマッチングしたいと考える場合には、まずこのメイン写真に対して力を入れて取り組むことが必要となります。

一番大切なことは「自然な笑顔」で写ること

メイン写真を撮影する上で、最も重要なことは「自然な笑顔」の写真を撮影することです。自然な笑顔はその人の魅力を最も表現する写真であり、第一印象を与える写真として相応しい写真になります。

真剣な表情の写真なども良いですが、できればその写真はサブ写真で活用するのが良いでしょう。美味しい食事を味わっている時や、友人と談笑しているときなど、本当に楽しんでいる瞬間をカメラで撮影してもらい、Pairs(ペアーズ)のメイン写真として活用していきましょう。

写真サイズは顔がはっきり見えるサイズにしよう

Pairs(ペアーズ)のメイン写真を撮影するときのフレームは、顔がはっきり見えるサイズの調整することが大切です。

胸から上のあたりから、頭のてっぺんから少し上あたりをフレームに入れて、相手から見てあなたの顔がはっきりと確認できるサイズの写真を撮影するようにしましょう。

顔があまり見えない写真や、逆に近寄りすぎて顔しか見えない写真は、相手からの印象があまり良くありません。サイズにもこだわって写真を撮影するようにしましょう。

真正面からの角度よりも少し角度をつけた写真がおすすめ

Pairs(ペアーズ)のメイン写真として掲載する写真を撮影する場合、真正面からの写真よりも、少し斜めの角度から撮影した写真の方が、自然な表情のカットになります。

真正面からの表情は、自然な笑顔をしていてもどこかぎこちなく、証明写真のようになってしまいます。相手が自分といた時にこのように映る姿を意識して、自然な角度から写真を撮影するようにしましょう。

屋内よりも屋外の日光を浴びた明るい写真が良い

Pairs(ペアーズ)のメイン写真は、屋内の暗めの写真よりも、屋外の明るい日光の下での写真の方が望ましいです。

屋外の写真は、特に暗がりであれば多少補正がかかり、より魅力的に映る場合もありますが、実際に相手から明るい印象をもってもらえる写真は、屋内よりも屋外の写真の方になります。

撮影場所は特にこだわりすぎる必要はありませんが、自然な太陽光がしっかり入ってくる場所・時間での撮影を心がけるようにすると良いでしょう。

本気で恋活に取り組むならプロカメラマンに撮影を依頼するのもあり

Pairs(ペアーズ)のメイン写真として掲載する写真は、友人に撮影をお願いするのも良いですが、本気で取り組むのであればプロのカメラマンに撮影を依頼するのもオススメです。

1回5万円程度の料金で今はお願いすることができますので、Pairs(ペアーズ)以外にもマッチングアプリを利用することを検討しているのであれば、初期にきちんとした写真を用意しておくことにはメリットがあります。

素敵な恋人を作るための費用として、どこまで許容できるかは人にもよるかと思いますが、競争環境の激しいPairs(ペアーズ)で異性に選ばれるために、プロカメラマンに撮影してもらうことも検討してみてください。

Pairs(ペアーズ)のメイン写真でこれだけは避けておきたいNG例

Pairs(ペアーズ)のメイン写真には、魅力的な写真を撮影するコツがある一方で、掲載しない方が良いNG例もあります。NG写真を掲載しないことは誰にでもできます。下記のようなNG写真は登録しないことから、メイン写真の登録を始めるようにしましょう。

自撮り写真

Pairs(ペアーズ)のメイン写真で自撮り写真を登録する人がいますが、自撮り写真は相手からの印象がよくありません。具体的には、自撮り写真を撮影して登録する人に対しては、下記のような印象を受けることが多いです。

  • 自撮りで表情が固く無表情に近い。印象としては怖い
  • 写真撮影を依頼することのできる友人がいなさそう
  • 手元に適切な写真がない場合に、写真撮影をするという手間をかける選択肢が取れない(料金的問題、能力的問題)
  • この写真を掲載した時に異性にどう見られるのかというバランス感覚がない

メイン写真に自撮り写真を掲載してしまうことは、やりがちなミスです。ただし、自撮り写真を掲載することで、Pairs(ペアーズ)での出会いの機会を大きく失っていますので、自撮り写真だけは登録しないようにしましょう。

Snowなどでの加工写真

Pairs(ペアーズ)のメイン写真では、Snowなどでの加工写真も望ましくありません。

写真を加工するという行為は、自己愛が強いために行う行為であり、恋活する相手に見てもらうことを考えれば誠実さに欠ける行為です。Snowなどでの加工写真をメイン写真として登録している相手を、恋活の対象として見ることができる人はそう多くありません。

少なくとも「この人は少しでも自分の実態よりも良く見せようとしてくる人なのだ」と相手が感じることになりますので、あまり良い第一印象にはなりません。

顔がドアップの写真

Pairs(ペアーズ)のメイン写真で、フレームサイズいっぱいの顔写真を登録する人がいますが、これもNGです。

検索などでいきなり顔ドンの写真が出てくると、ドン引きしてしまいます。特に男性側で顔ドン写真を掲載する人は、決まって無表情の自撮り写真の人が多く、バランス感覚の欠如が露骨に表現されています。

このタイプの写真を掲載していると、まず異性からのアプローチを期待することはできなくなりますので、気をつけるようにしましょう。

集団写真で自分だけを切り取ったもの

Pairs(ペアーズ)のメイン写真において、集合写真を切り取った写真を登録するのもNGです。

元々の写真を切り取り加工をすると、当然画像が粗くなってしまい、はっきりと表情が見えなくなってしまいます。メイン写真では、顔がはっきりと見えることが何より大切ですので、画質にもこだわることが大切です。

このタイプの写真は切り取り加工するのではなく、周囲の人の顔は隠した上で、サブ写真として登録するのがおすすめです。

異性と一緒に写っている写真

Pairs(ペアーズ)のメイン写真として、異性と一緒に写っている写真を掲載するのもNGです。

マッチングする相手を探している段階で、最初から異性の影がちらくつ写真を掲載している人を見つけると神経を疑うことになります。恋活イベントに異性と手を繋いで登場するぐらいの印象を持たれますので、悪気がなくても、真面目に恋活する気があるのであれば、異性と一緒に写っている写真はメイン写真として掲載しないようにしましょう。

露出多めの写真(ヤリモクホイホイになる)

Pairs(ペアーズ)では、特に女性は水着写真などの露出が多い写真を掲載すると、途端に男性からいいねを多くもらうことができます。

しかし、この場合はヤリモクからのいいねが増えているだけであり、真面目に恋活している男性からのいいねはむしろ減っていることが多いです。

SNSなどのいいねの感覚で、より多くのいいねをもらうために露出多めの写真を掲載することは、恋活成功とは反対の行動をしてしまっていることになります。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「サブ写真」のポイント

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「サブ写真」のポイント

Pairs(ペアーズ)では、メイン写真以外にも合計10枚までサブ写真を登録することができます。

サブ写真は、相手がプロフィールページを閲覧してくれた際に表示されるもので、あなたの多面的な魅力を相手に伝えるのに役立ちます。

サブ写真の登録枚数は5枚以上がおすすめ

Pairs(ペアーズ)のサブ写真の登録枚数は5枚以上がおすすめです。

サブ写真の登録が1枚もないと、相手に業者や遊び目的だと思われてしまう可能性が高いので、少なくとも数枚は必ずサブ写真を登録するようにしましょう。

全身写真やスポーツ中の写真などメイン写真とは異なる面をアピールする

Pairs(ペアーズ)のサブ写真は、メイン写真では表現できていない自分の一面をアピールするためのものになります。

サブ写真は1枚ずつが自分の自己紹介の代わりとなるようなもので、全身写真やスポーツや趣味を楽しんでいる写真、友人と写っている写真、旅行中の風景写真など、普段のあなたがどのような世界に住んでいるのかを相手に伝えるようにすることが大切です。

Pairs(ペアーズ)のサブ写真におすすめな写真

ここからは、Pairs(ペアーズ)のサブ写真として登録するのにおすすめな写真の種類をご紹介していきます。

サブ写真に登録する写真でお悩みの方は、是非参考にしてみてください。

全身が写っているサイズの写真

Pairs(ペアーズ)のメイン写真では、顔がはっきりと見えるサイズの写真を撮影することが大切です。一方でサブ写真に登録する写真では、全体写真を掲載することもおすすめです。

身長や全体のバランス、ファッションセンスや体形など、全体写真を掲載することで相手に知ってもらうことができます。メイン写真で胸から上あたりの顔が見える写真を掲載したら、2枚目で全身写真を掲載するなど、バランスが取れている構成にすると良いでしょう。

スポーツ中の写真

Pairs(ペアーズ)のサブ写真に登録する写真では、スポーツをしているときの写真を掲載することもおすすめです。

スポーツを楽しんでいるときは自然な笑顔の表情になっているときが多く、異性から見ても魅力的な写真となっていることが多いです。また、男女ともに爽やかで活発な印象を相手に持ってもらうこともできます。

登録しているコミュニティや自己紹介文での趣味などと合わせて、サッカーが好きならサッカーをしている姿を、野球が好きならキャッチボールしている姿などを登録すると良いでしょう。

プレゼンしているスーツ姿など仕事中の写真

Pairs(ペアーズ)のサブ写真では、真剣な表情で仕事に取り組んでいる写真を掲載するのもおすすめです。

楽しそうな笑顔の表情だけでなく、真剣な表情での写真を掲載することで、物事に対する誠実さや仕事への取り組み方などを異性にアピールすることができます。

動物と触れ合っている写真

Pairs(ペアーズ)のサブ写真においては、動物と触れ合っているときの写真を掲載するのも良いでしょう。

動物好きの人に対して悪印象を持つような人はそう多くありません。相手から優しい人だという印象を持ってもらえることも多いですので、もしペットを飼っていたり、また猫カフェなどで動物と戯れることが好きだという方は、動物と一緒に楽しそうにしている写真をサブ写真として登録してみてください。

同性の友人や仲間と一緒に写っている写真

Pairs(ペアーズ)では、同性の友人や仲間と一緒に写っている写真を掲載することもありです。

周囲の人とも良好な人間関係を構築することができるアピールになり、好印象となります。ただし、この時の一緒に写る写真に異性が入り込んでしまうのはよくありませんので、その点だけ注意するようにしましょう。

旅行中の写真(風景もOK)

Pairs(ペアーズ)のサブ写真は、必ずしも自分の姿が全ての写真に写り込んでいる必要はありません。4、5枚目などのサブ写真においては、楽しかった旅行のときの風景写真などを登録することで、自分がどのような世界に魅力を感じるのかを相手に伝えることができます。

綺麗な絶景写真でも良いですし、日常を切り取った写真でも良いでしょう。

好きな食事を楽しんでいる写真(料理のみもOK)

Pairs(ペアーズ)のサブ写真では、レストランで好きな食事を味わっている写真を掲載するのもおすすめです。

好きな食事を嬉しそうに食事をしている姿をみると、その人と一緒に食事デートに行ってみたいと感じようになります。また、料理が趣味である場合には、自慢の一品の料理写真を撮影してサブ写真に登録するのも良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「自己紹介文」のポイント

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「自己紹介文」のポイント

Pairs(ペアーズ)で異性からいいねをもらい人気会員になるためには、写真情報が最も重要になりますが、「自己紹介文」も力を入れて作成することがとても大切です。

自己紹介文は写真情報以上に、その人の内面や知性、考え方、恋活への誠実さなどが如実に現れます。自己紹介文次第では、相手が写真を見て魅力的に感じていたとしてもフェードアウトしてしまうこともあります。

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文で相手に伝えるべきことは、「相手が知りたい情報を網羅的に紹介すること」と「恋活に対する誠実さ」の二点になります。

つまり、Pairs(ペアーズ)の自己紹介文を読んでくれた相手に、自分に対して興味と信頼を持ってもらえることが目標となります。

自己紹介文の文字数は500文字以上がおすすめ

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は500文字程度の文字数で、しっかりとボリュームのある文章を掲載することがおすすめです。

自己紹介文が非常に短い人もいますが、相手から業者やヤリモクなのではないかと疑われてしまう一因になりますので、きちっと内容のある自己紹介文を作成することが大切になります。

自己紹介文の文言は丁寧語で誠実さを伝えよう

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文では、相手に恋活に対する誠実さを伝えることが大切であり、文章体は丁寧語であることが相応しいです。

タメ口などの距離感の近い文章は、相手に対して恋活に対する不誠実さという印象を与えてしまいますので、出会いの機会を逃してしまうことになります。大人の振る舞いとして相応しい行動を取ることが大切であり、まだ会ったこともない相手が見ることを意識して、丁寧な文章で自分のことを紹介するようにしていきましょう。

自己紹介文は相手の知りたい情報を網羅的に紹介する

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文は、自分に対して興味を持ってくれる内容にすることが大切です。そのためには、網羅的に相手が知りたいであろう情報を紹介することが必要になります。

具体的に自己紹介文で触れるべきトピックについて下記にご紹介していきます。自己紹介文の作成でお悩みの方は、下記の項目の流れで作成してみてください。

Pairs(ペアーズ)を利用し始めた理由

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文においては、まずPairs(ペアーズ)を利用し始めた理由について紹介することが大切です。

ここでのポイントは恋活に対して真剣に取り組んでいることを相手に伝えることであり、「周囲に良い出会いの機会が少なく」「環境が変わったのをきっかけに」などの理由付けとともに、真剣に恋人を探すためにPairs(ペアーズ)を利用していることを伝えるようにしましょう。

職業・仕事

次に、普段の仕事や職業について具体的に紹介しています。ここでは、プロフィール項目で登録するより職業よりも、一歩踏み込んだ仕事内容を登録することが大切です。

職種で「会社員」を選んでいるのであれば、自己紹介分での仕事の紹介では、どのような企業でどのような仕事をしているのか、具体的に紹介すると相手もイメージが湧き、信頼感に繋がります。

休日の過ごし方

Pairs(ペアーズ)の自己紹介分での休日の過ごし方は、そのまま付き合ったときにどのようなデートをしていくことになるのかを相手に伝えることになります。

そのため、休日の過ごし方は、できるだけ多岐にわたって紹介することが大切で、インドア・アウトドアどちらも楽しめるのであれば、その旨を紹介することがおすすめです。また、基本的に何でも楽しむことができる、挑戦したいという気持ちがあれば、その点も伝えるようにしましょう。

好きなこと、趣味

Pairs(ペアーズ)の自己紹介分では、好きなことや趣味についても紹介していきましょう。

この項目も上記の「休日の過ごし方」と同様にデート内容に影響してくるものになります。メッセージ交換の話題になることも多いですので、自分が本当に好きなことについて紹介していくと良いでしょう。

レジャーだけでなく、好きな作家や美術作品、映画、小説、分野など、自分が好きなことや本当に興味を持っていることについて紹介していくと、相手があなたの内面についても知ることができます。

好きな食事、希望するデート

Pairs(ペアーズ)の自己紹介分では、好きな食事や希望デート内容なども伝えるようにした方が親切です。

イタリアンや中華など、好きな食事を記載しておけば、デート内容も大抵その好みに合わせたものになります。また、明確に希望するデートを書くことは、図々しいかもと思うかもしれませんが、むしろ相手からすると親切なことになりますので、明記しておくようにすると良いでしょう。

相手に求めること

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文では、相手に求めることについても明記しておくことで、相性の良い人とのマッチング率を高めることができます。

結婚を真剣に考えられる人を求めている、休日に一緒に趣味を楽しめる人を探しているなど、相手に対して希望がある場合は、どのような関係性を構築していきたいのかも含めて紹介しておくようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「コミュニティ」のポイント

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「コミュニティ」のポイント

Pairs(ペアーズ)のコミュニティ機能は、趣味や価値観の合う人を探すためにも活用することができます。また、参加したコミュニティはアイコンの形式でプロフィールページにも表示されるため、自分の価値観やライフスタイル、趣味といったものを「コミュニティに参加する」という形で異性にアピールすることができます。

写真や自己紹介文だけでは表現しきれない、自分の価値観やライフスタイルについては、コミュニティを活用して異性にアピールしていきましょう。

Pairs(ペアーズ)のコミュニティは「趣味」「ライフスタイル」「価値観」に分かれる

Pairs(ペアーズ)のコミュニティは、「趣味」「ライフスタイル」「価値観」の3つの種類に分類されます。

コミュニティ自体は自分で作成することもできるため、大量に存在しますが、いずれも上記の3種類に分類され、プロフィールページに表示されるのは各種類毎に5コミュニティ程度になります。

そのため、各種類毎に5カテゴリーずつ登録し、合計15~20コミュニティ程度に参加するのが望ましいでしょう。

自分に合うものの中で登録数が多いコミュニティを選ぶ

Pairs(ペアーズ)で参加するコミュニティにおいては、登録者数の多いコミュニティを選ぶことがおすすめです。

共通のコミュニティを持つ相手とはマッチング率が高まる傾向にあり、またコミュニティ内検索で異性に表示される機会が多くなり、結果として出会いの機会を増やしていくことができます。

そのため、自分に当てはまるものの中で、特に登録者数の多いコミュニティについては優先的に参加することをおすすめします。

プロフィールでの表示順も考えてコミュニティに登録する順番を決める

Pairs(ペアーズ)のプロフィールページに表示されるコミュニティは、最も最後に参加したコミュニティが一番目立つ左側に表示されます。

そのため、参加するコミュニティについてまず一度整理し、その後に表示される順番も含めて参加順を決めるのが良いでしょう。最も異性にアピールしたい価値観やライフスタイルについては、最後に参加するようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「Pairsプロフ」「詳細プロフィール」の注意点

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「いいね」をもらって人気会員になるための「Pairsプロフ」「詳細プロフィール」の注意点

Pairs(ペアーズ)のプロフィール情報には、項目選択式で登録することのできるプロフィール項目があります。

「Pairsプロフ」「詳細プロフ」という種類で表示されており、「詳細プロフ」では下記の項目が用意されています。

  • ニックネーム
  • 兄弟姉妹
  • 国籍
  • 話せる言語
  • 結婚歴
  • 子供の有無
  • 結婚に対する意思
  • 子供が欲しいか
  • 家事・育児
  • 出会うまでの希望
  • 初回デート費用
  • 性格・タイプ
  • 社交性
  • 同居人
  • 休日
  • お酒
  • 好きなこと・趣味

「年収」は盛らない・嘘をつかないことが継続的なお付き合いをする上で大切

Pairs(ペアーズ)の「Pairsプロフ」では年収項目が用意されており、自己申告で自身の年収を登録することができます。

男性側は特に年収について盛った年収を登録してしまいがちですが、お付き合いした後のことを考えると、嘘の年収は登録しないようにした方が良いでしょう。登録年収より低いと判明してしまうと、一気に信頼を失うことになります。

「出会うまでの希望」で「マッチング後にまずは会いたい」はなるべく選ばない

Pairs(ペアーズ)の「詳細プロフ」の「出会うまでの希望」で「マッチング後にまずは会いたい」を選択すると、相手から業者やヤリモクだと思われる可能性が高く、無駄に警戒心を高められてしまいます。

Pairs(ペアーズ)では、マッチング後にまずは1週間程度メッセージ交換を重ね、実際に会うまでにマッチングしてから2~3週間程度かけることがスタンダードですので、あまり上記の項目は選択しない方が良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった本当に出会える相手を検索するコツ

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった本当に出会える相手を検索するコツ

Pairs(ペアーズ)を効率的に利用するためには、上手に本当に出会える相手を検索して見つけることが大切です。

遊び半分の利用者や、あまりアクティブにPairs(ペアーズ)を利用していない人にアプローチをしても、恋活の成功には繋がりません。Pairs(ペアーズ)での検索のコツについて具体的に確認していきましょう。

最終ログインを「24時間以内」「3日以内」に設定する

Pairs(ペアーズ)では、最後にPairs(ペアーズ)を利用してからの経過時間を検索条件に指定することができます。

検索項目「最終ログイン」を「24時間以内」または「3日以内」を指定して検索することによって、現時点でPairs(ペアーズ)をアクティブに利用している相手を見つけることができます。

Pairs(ペアーズ)でマッチング後にメッセージ交換を重ねるためには、相手もアクティブにPairs(ペアーズ)を利用していることが必要になりますので、できれば「24時間以内」で表示される相手から異性を探すようにすると良いでしょう。

「メッセージ好き」をオンにする

Pairs(ペアーズ)には検索条件「メッセージ好き」があり、これをオンにして検索することによって、実際にマッチングした後にメッセージ交換ができる相手に絞り込むことができます。

特に男性会員は無料会員のままではメッセージ交換することができませんので、マッチングする意味がありません。「メッセージ好き」をオンにして表示される相手は、Pairs(ペアーズ)で少なくとも見る専門の利用者ではないということですので、恋活の対象として適切な相手になります。

ただし、相手が業者やヤリモクである可能性は否定できませんので、その点は十分に注意することが大切になります。

「登録日が3日以内」をオン/表示順を登録日順に設定する

Pairs(ペアーズ)でアプローチする相手として、新規会員は非常に望ましい存在です。

新規会員は、魅力的な異性であっても、まだ比較的ライバルの数も少なく、マッチングやメッセージ交換、デートを受けてもらえる確率が高い状態にあります。そのため、異性を検索するときには表示順を登録日順にするなどして、新規会員が優先的に表示されるようにすることが大切です。

「距離で検索」で10km以内を指定する

Pairs(ペアーズ)には「距離で検索」機能が提供され、GPSを用いて現在の自分の位置を基準に一定の範囲内にいる相手を検索できるようになりました。

距離検索機能で「10km以内」を指定して検索することによって、マッチングした後に会いやすい相手が表示されますので、県境などに住んでいる人は距離検索機能を積極的に活用していくことをおすすめします。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった相手から返信をもらえるメッセージのポイント

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった相手から返信をもらえるメッセージのポイント

Pairs(ペアーズ)で相手とデートをするためには、1週間程度メッセージ交換を続けることが必要になります。

しかし、多くの場合はメッセージの返信がもらえなくなり、そのままフェードアウトされてしまうことになります。メッセージが途絶えることは仕方のない一面もありますが、メッセージ交換のコツを抑えることによって、少しでもメッセージの返信率を高めていくことができます。

最初のメッセージはマッチングしてからすぐに送ることが大切

まず、最初のメッセージの返信率は、マッチング後の経過時間が長くなるにつれて、下がっていってしまいます。そのため、まず相手から最初のメッセージに対する返信が欲しい場合には、マッチングした後出来るだけすぐに最初のメッセージを送ることが大切になります。

マッチングした時にすぐに知ることができるように適切に通知設定をするなどして、即座に最初のメッセージを送ることのできる環境を整えていきましょう。

テンプレではなく相手のプロフィールを確認してオリジナル文章を考える

Pairs(ペアーズ)のメッセージで相手から返信をもらうためには、テンプレ文章ではなく、相手に合わせたオリジナルメッセージを送ることが大切になります。

相手のプロフィール情報をしっかりとチェックし、どこに魅力を感じたのか、自分との共通点にどのようなものがあるのかなどを相手に伝えることが大切です。メッセージの最後には簡単な質問を付け加えて、相手が返信しやすいようにすることも必要になります。

メッセージの頻度は1日1往復を基本に相手のペースに合わせる

Pairs(ペアーズ)のメッセージ交換の頻度は、1日1往復程度をベースとして考えて、相手のペースに合わせることが大切です。

互いの間のテンションいよっても、メッセージ交換のペースは変わってきますので、徐々にテンションを上げていける様にすると良いでしょう。

デートのお誘いは1週間メッセージ交換を続けるまで我慢する

Pairs(ペアーズ)で本命の相手とマッチングをすると、すぐにデートの提案をしたくなりますが、1週間程度メッセージ交換を続けるまではデートの提案は我慢しておくのがおすすめです。

マッチング後、メッセージ交換を重ねずにすぐにデートの提案をすると、業者やヤリモクだと思われますので気をつけましょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったマッチングするために本当に必要なこと

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かったマッチングするために本当に必要なこと

ここからは、Pairs(ペアーズ)を実際に利用してみて分かった相手とマッチングするためのコツについてご紹介して行きます。本命の相手とできるだけマッチングする確率を高めていきたいとお考えの場合には、下記で紹介する項目を是非実践していってください。

Pairs(ペアーズ)では男女での平均いいね数には大きな違いがある

Pairs(ペアーズ)では、男女の平均いいね数に大きな違いがあります。男性は女性よりもアクティブ人数が1.5倍おり、女性からのいいね数も過去30日間で4以下の人がほとんどです。

そのため、男性会員の場合はPairs(ペアーズ)で女性に対して積極的に自分からいいねを送っていくことしか、マッチングをしていくことは難しいと考えることができます。

Pairs(ペアーズ)では人気会員にいいねが集中する傾向がある

また、Pairs(ペアーズ)では特に人気会員にいいねが集中する傾向があります。そのため、異性とマッチングするためには、少しでも人気会員になるために、必要な準備をきっちりと行うことが求められます。

プロフィール写真や自己紹介文、コミュニティなどのプロフィール情報を作り上げ、異性からみて魅力的なプロフィールページを作成していくようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)でマッチングするために本当に必要なこと

Pairs(ペアーズ)でマッチングするためには、「相手に存在を知ってもらうこと」と「魅力を感じてもらうこと」の二点を満たすことが必要になります。具体的に確認していきましょう。

異性からみて魅力的なメイン写真を登録する

Pairs(ペアーズ)で異性とマッチングするためには、魅力的なメイン写真を掲載することが最も重要になります。

メイン写真は、検索結果の表示でも、自分がいいねを送った場合でも、相手が一番はじめに自分に触れる情報になります。そのため、メイン写真にもし魅力がないと、相手が一目みてスルーしてしまいますので、マッチングが成立しません。

まずは相手の意識の中に入り込むためにも、きっちり魅力的なメイン写真を用意して登録することが大切になります。

サブ写真も5枚以上登録する

Pairs(ペアーズ)でマッチングするためには、メイン写真だけでなくサブ写真の登録も重要です。

サブ写真は、メイン写真で表現しきれていない自分の魅力を表現するために活用するものですが、マッチングする上ではその登録枚数も大切になります。

サブ写真は、1枚も登録していないと、相手に業者ややりモクだと思われて、マッチングすることができません。そのため、できれば5枚以上、少なくとも1枚はサブ写真の登録をするようにしましょう。

恋活に対して誠実に取り組んでいることが伝わる自己紹介文を作成する

Pairs(ペアーズ)で相手とマッチングするか検討する際、最も気にすることは相手が業者やヤリモクでないかという点です。

Pairs(ペアーズ)の自己紹介文において、自分が誠実に恋活に取り組んでいることを伝えることによって、相手に信頼してもらいやすくなります。本記事上部で紹介してきた自己紹介文の作成ポイントを参考に、500文字程度の文字数で、しっかりと真面目に恋活に取り組んでいることが伝わる自己紹介文を作成していくようにしましょう。

登録コミュニティで自分の性格や内面、価値観を伝える

Pairs(ペアーズ)で異性とマッチングするためには、コミュニティに参加することも必要になります。

コミュニティに一つも参加していないと、真面目にPairs(ペアーズ)を利用する気がないのかなと相手に思われてしまいますので、真面目に恋活に取り組んでいる人からのマッチングが減ってしまいます。

自分の価値観やライフスタイルに当てはまるコミュニティに参加し、性格や趣味・価値観を相手に伝えるようにしていきましょう。

できるだけ毎日ログインして検索結果に表示されやすくする

Pairs(ペアーズ)に会員登録をした後は、できるだけ毎日ログインすることが大切です。毎日ログインすることで、異性にいいねを送ることのできるログインボーナスがもらえる他、検索結果にも上位表示されやすくなります。

Pairs(ペアーズ)で異性を検索する時には、最終ログイン時間を「24時間以内」などに設定して検索することが多いので、毎日ログインすることによって、検索にヒットする確率も高めることができます。

できるだけ多くの人に「いいね」をしてマッチングの機会を増やす

Pairs(ペアーズ)で異性とマッチングするためには、自分からも積極的に異性にいいねを送ることが大切になります。

特に男性会員の場合は、待っていても女性から積極的にアプローチをしてもらえる機会は少ないため、自分の好みの異性を探してどんどんいいねを送っていくようにしましょう。いいねを送る前に、魅力的に見えるプロフィールページにしておくことも大切です。

できるだけ多くの人に「足跡」をつけて自分の存在を知ってもらう

Pairs(ペアーズ)では、足跡をつけることによっても自分の存在を異性にアピールすることができます。

足跡をつけた相手は、一定数の確率でいいねを返してくれます。その相手にありがとうを返すことでマッチングが成立しますので、どんどん足跡をつけて存在をアピールしていくようにしましょう。

「今日のピックアップ」はアプリ・ブラウザ版どちらも活用する

Pairs(ペアーズ)の「今日のピックアップ」は、紹介されたおすすめの異性に対して無料でいいねを送ることのできる機能です。

アプリ版・ブラウザ版ともに4名ずつにいいねを送ることができ、毎日合計8人、1ヶ月で240人程度に無料でいいねを送ることができます。マッチング率を20%とした時に、毎月50人弱と無料でマッチングすることができますので、積極的に活用していくようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった恋人になる相手を見つけるまでに必要な人数

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった恋人になる相手を見つけるまでに必要な人数

ここからは、Pairs(ペアーズ)を1年間使い込んでみて分かった、Pairs(ペアーズ)で理想に近い恋人を作るまでに必要なアプローチの人数についてご紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)で何人の異性とマッチングをし、デートをすればいいのかお悩みの方は、是非本記事を参考にしてみてください。

検索で1,000人程度をざっとみて50人に「いいね」を送る

Pairs(ペアーズ)で理想に近い恋人を作るためには、まずはざっと1,000人程度を検索条件を絞り込んだ状態でチェックし、そのうち50人程度に対して「いいね」を送っていくようにしましょう。

いいねを送る場合には、見つけるたびに送るよりも、一度「お気に入り」に登録した方が後々の管理がしやすいです。

いいねを送った相手から15人(30%程度)に「マッチング」してもらう

Pairs(ペアーズ)では、きちんとプロフィール情報を準備しておけば、いいねを送った相手のうち、およそ30%程度の相手にマッチングしてもらうことができます。

この時マッチング率が30%に満たない場合には、メイン写真や自己紹介文に改善の余地がると考えて、修正していくようにしましょう。

マッチングした相手に最初のメッセージを送り10人から返信をもらう

マッチングした15人のうち、実際にデートしてみたいと感じる10人に最初のメッセージを送りましょう。最初のメッセージはマッチングしてから時間が経つほど返信率が低くなってしまいますので、本命度合いを基準に優先順位をつけて、メッセージを送っていくことが大切です。

10人いたメッセージ交換の相手のうち6人と1週間メッセージ交換を続ける

最初のメッセージを送った10人のうち、1週間程度メッセージ交換を重ねていくと、徐々に相手からフェードアウトされたり、自分が相性の悪さを感じるなどして、最終的に6人程度に絞られていきます。

メッセージ交換を重ねながら、相手と自分の相性について考えていくようにしましょう。

メッセージ交換を続けた相手のうち4人と初デートをする

1週間程度メッセージ交換を重ねた6人のうち、4人に対してデートの提案をして、週に2名ずつなど、2週間の間に全員と最初のデートをしましょう。

最初のデートは相手も警戒心が強い状態ですので、日中のランチデートなどにすることをおすすめします。

初デートをした4人のうち2人と2,3回目のデートする

初デートをした4人のうち、特に恋人候補として考えられる相手を2名に絞り、その2名と2,3回目のデートを重ねていきます。デートを重ねながら、相手を異性として見ることができるか、恋人になりたいかを考えるようにしていきましょう。

最終的に残った2人のうち1人に告白する

Pairs(ペアーズ)で2名とデートを重ねていきながら、相手の恋人になりたいと自分は感じているかを考えるようにしていきましょう。通常は3回目のデートの終わりに告白がスタンダードですが、同時並行でデートを進めていくのであれば、3回目のデートで2名の比較を完了し、告白する相手と4回目のデートに進むようにすると良いでしょう。

この時、告白しない相手に対しても、貴重な時間と機会をもらっていることに感謝を伝え、関係性を穏やかに終了させることが大切です。

1サイクル2ヶ月で進め恋人ができるまで繰り返す

3回目のデートが完了した段階で、2名どちらとも恋人関係になることは望まない、または告白で振られてしまった場合は、最初のステップに戻り、異性へのアプローチを開始していきます。

このプロセスは1サイクル2ヶ月で回すことができますので、恋人ができるまでぐるぐる改善をしながら繰り返すことになります。

プロセスの進行中に、別のプロセスを始めてしまうことはあまりおすすめできません。同時進行で丁寧に対応できる相手は限られていますので、次のプロセスを始める際は、まず現在のプロセスを終了させることが必要になります。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった利用がお得になる料金プラン、料金体系

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった利用がお得になる料金プラン、料金体系

ここからは、Pairs(ペアーズ)を使って恋人を作るまでに実際に料金はどの程度必要なのか、実際に使ってみてわかった予算感とお得な料金プランについてご紹介していきます。

女性は年齢確認手続きを完了すれば完全無料で恋人を作れる

まず、Pairs(ペアーズ)の女性会員は、年齢確認手続きを完了すれば完全無料で恋人を作ることが可能です。

より便利に、かつ有利にPairs(ペアーズ)を利用したい場合には、レディースオプションなどのオプションプランもありますが、多くの場合はオプションプランを活用しなくても、女性は恋人を作ることができます。

男性は無料会員のままだと1通目のメッセージの送信までしかすることができない

反対に、男性会員は、無料会員のままだとマッチング後に1通目のメッセージの送信までしかできず、相手から送られてきたメッセージを確認することができません。メッセージ交換ができなければ、デートもできませんので、男性がPairs(ペアーズ)を通じて恋人を作るためには、有料会員になることが必須となっています。

Pairs(ペアーズ)の男性有料会員の支払い方法別料金体系とできるようになること

Pairs(ペアーズ)の男性会員は、有料会員になることで次の2つの機能を利用することができるようになります。

  • メッセージ交換
  • 相手のいいね数の確認

男性会員は本格的にPairs(ペアーズ)を利用するためには、有料会員になることが必須ですので、本命の相手とマッチングした段階ですぐに有料会員になるようにしていきましょう。

また、Pairs(ペアーズ)の有料会員の料金はプランと支払い方法によって異なります。最もお得な支払い方法がクレジットカード決済になりますので、有料会員になる場合にはWebブラウザ版のPairs(ペアーズ)にアクセスし、そこから有料会員になると良いでしょう。料金体系は下記の通りです。

プラン クレジット決済 AppleID決済 GooglePlay決済
1ヶ月プラン 3,980円 4,100円 4,100円
3ヶ月プラン 2,480円
(総額7,440円)
3,400円
(総額10,200円)
3,400円
(総額10,200円)
6ヶ月プラン 1,880円
(総額11,280円)
2,300円
(総額13,800円)
2,300円
(総額13,800円)
12ヶ月プラン 1,380円
(総額16,560円)
1,650円
(総額19,800円)
1,650円
(総額19,800円)

Pairs(ペアーズ)の男性プレミアムオプションの支払い方法別料金体系とできるようになること

Pairs(ペアーズ)男性会員には「プレミアムオプション」というオプションプランが用意されています。

プレミアムオプションを活用することで、より便利に、かつ有利にPairs(ペアーズ)を利用できるようになりますので、本腰を入れてPairs(ペアーズ)で恋活することを決めた男性会員の方は、プレミアムオプションの勧誘も検討してみてください。

プレミアムオプションに加入することで、下記の機能を利用できるようになります。

  • 異性の検索結果に上位表示されやすくなる
  • メッセージの既読機能を利用できるようになる
  • ログイン時間の「オンライン表示」を隠せるようになる
  • 毎月プラスで残りいいね数が「20」付与される
  • 相手への初回メッセージの審査を優先対応してもらえる
  • 足跡が5人目以降も見れるようになる
  • いいね!の多い順で表示できるようになる
  • ログインが新しい順で表示できるようになる
  • 人気急上昇中の相手を検索できるようになる
  • メッセージ好きの相手を検索できるようになる
  • 共通のコミュニティに入っている人を検索できるようになる
  • フリーワード検索が利用できるようになる
  • 相手が設定している1日の上限いいね数を超えていいねを送れるようになる

また、プレミアムオプションの料金体系は下記の通りです。

プラン クレジット決済 AppleID決済 GooglePlay決済
1ヶ月プラン 2,980円 4,100円 4,100円
3ヶ月プラン 2,480円
(総額7,440円)
3,400円
(総額10,200円)
3,400円
(総額10,200円)
6ヶ月プラン 1,980円
(総額11,880円)
2,300円
(総額13,800円)
2,300円
(総額13,800円)
12ヶ月プラン 1,000円
(総額12,000円)
1,650円
(総額19,800円)
1,650円
(総額19,800円)

男性会員は、複数のマッチングアプリで有料会員になることも、出会いの機会を増やすという点では有効な策です。しかし、複数マッチングアプリの利用で理想的な異性に出会えない場合には、一つのマッチングアプリにリソースを集中させ、Pairs(ペアーズ)内で強くなるというのも一つの手段になります。

複数アプリの併用でうまく恋活が進まない場合には、Pairs(ペアーズ)のみに資金を集中させてみることも検討してみてください。

Pairs(ペアーズ)の女性レディースオプションの支払い方法別料金体系とできるようになること

Pairs(ペアーズ)の女性会員は基本無料で男性会員とデートを重ね、交際まで発展することができます。

より有利に、かつ便利にPairs(ペアーズ)を利用したい女性のために、「レディースオプション」というオプションプランが提供されておりますので、Pairs(ペアーズ)で絶対に恋活を成功させる!という気持ちが強い方は、レディースオプションの利用も検討してみてください。

また、女性会員は無料会員のままで利用できる機能が多いため、男性のプレミアムオプションと比較すると解放される機能が少ない傾向にありますが、その分料金は若干リーズナブルとなっています。レディースオプションに加入することで解放される機能には下記のものがあります。

  • 毎月もらえる残りいいね数が30回から50回に増える
  • メッセージの既読機能を利用できるようになる
  • 異性に最初に送るメッセージの審査を優先対応してもらえる
  • オフラインモードを利用できるようになる
  • 異性の検索結果で上位表示されやすくなる
  • 異性の「相手からもらったいいね」の画面で優先表示される
  • 人気急上昇中の相手を検索できるようになる
  • メッセージ好きの相手を検索できるようになる

レディースオプションの料金体系は下記の通りです。支払い方法によって料金体系が異なりますので、お得な料金体系で利用したい場合は、Webブラウザ版のPairs(ペアーズ)からログインし、クレジットカード決済で申し込みをしてください。

プラン クレジット決済 AppleID決済 GooglePlay決済
1ヶ月プラン 2,900円 3,500円 2,900円
3ヶ月プラン 2,900円
(総額8,700円)
6ヶ月プラン 1,967円
(総額11,800円)
12ヶ月プラン 1,400円
(総額16,800円)

なお、レディースオプション等の料金体系は変更になる場合もありますのでご注意ください。

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードの支払い方法別料金体系とできるようになること

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードは、身バレを防ぐことのできる非常に便利な機能です。月額料金がかかりますが、周囲への身バレを気にする方にとっては、これ以上ない機能を提供してくれます。

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードに申し込むことで、「自分がいいねした相手、もしくは既にマッチングした相手」にしか自分が表示されなくなりますので、誤って知り合いや友人にいいねを送らない限りは、Pairs(ペアーズ)を利用していることが直接的に異性にバレるようなことはありません。

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードの料金体系は下記の通りです。

プラン クレジット決済 AppleID決済 GooglePlay決済
1ヶ月プラン 2,480円 2,500円 2,480円
3ヶ月プラン 2,280円
(総額6,840円)
2,300円
(総額6,900円)
2,280円
(総額6,840円)
6ヶ月プラン 1,780円
(総額10,680円)
1,766円
(総額10,600円)
1,780円
(総額10,680円)
12ヶ月プラン 1,580円
(総額18,960円)
1,566円
(総額18,800円)
1,580円
(総額18,960円)

Pairs(ペアーズ)の有料会員登録は週末の割引キャンペーン時に登録するのがおすすめ

Pairs(ペアーズ)の男性会員は、Pairs(ペアーズ)を通じて女性とデートするためには有料会員になることが必須ですが、有料会員になる際には毎週末に開催されている割引キャンペーンを利用するのがおすすめになります。

長期プランであればある程割引率が高くなります。また、シーズン限定でプレミアムオプションが無料になるキャンペーンが開催されている場合もありますので、上手に割引キャンペーンを活用してお得にPairs(ペアーズ)を利用できるようにしていきましょう。

Pairs(ペアーズ)ポイント支払い方法別料金体系と使い道

Pairs(ペアーズ)にはPairsポイントというポイントプログラムがあります。ペアーズポイントは会員登録時にガイダンスに従うことでももらうことができますが、有料で購入することも可能です。購入したペアーズポイントは、Pairsストアで「いいね」や「ブースト」などと交換することができます。

Pairsポイントは下記の料金体系で購入することができます。

Pairs(ペアーズ)ポイント クレジット決済 AppleID決済 GooglePlay決済
10ポイント 980円 1,400円 1,400円
30ポイント 2,480円 3,500円 3,500円
100ポイント 6,980円 10,400円 10,400円
500ポイント 34,880円 48,800円 48,800円

ポイントは使い残しても返金などはありませんので、計画的に購入するようにしましょう。

「いいね」と交換する

Pairs(ペアーズ)ポイントは、「いいね」と交換することができます。残りいいね数が少ない時にタイプの異性が登場した時には、Pairs(ペアーズ)ポイントと交換するのもありです。

ただし、残りいいね数については毎日のログインボーナスでも増やすことができますので、よほど緊急でない限りは、「いいね」と交換することは少しもったいないです。Pairs(ペアーズ)ポイントといいねは下記の交換レートで交換することができます。

Pairs(ペアーズ)ポイント いいね数
5ポイント 5いいね
10ポイント 10いいね
20ポイント 20いいね
30ポイント 30いいね
50ポイント 50いいね
100ポイント 100いいね

「ブースト」と交換する

Pairs(ペアーズ)ポイントは、「ブースト」機能とも交換することができます。Pairs(ペアーズ)のブースト機能は、60分間異性の検索結果に上位表示されやすくなる機能で、一気に異性からいいねや足跡をもらうことができます。

ブースト中に足跡を残してくれた異性に対しては無料で「いいね」を送ることもできますので、人気会員になりたい方や、マッチングを増やしたい方には必須のアイテムとなっています。

Pairs(ペアーズ)のブースト機能は、下記の交換レートで入手することができます。

Pairs(ペアーズ)ポイント ブースト回数
9ポイント 1個
21ポイント 3個
33ポイント 5個
63ポイント 10個

「メッセージの既読」と交換する

Pairs(ペアーズ)で本命の相手とマッチングした時には、メッセージの既読機能を利用することもおすすめです。相手が既読か未読かによって、返信がこない場合の対応方法が変わってきます。

プレミアムオプションなどのオプションプランに登録しても既読機能は利用できるようになりますが、少数に対する既読機能を目的にオプションプランを利用する必要はありません。既読機能は下記の交換レートでPairs(ペアーズ)ポイントと交換することができます。

Pairs(ペアーズ)ポイント 既読機能人数
9ポイント 1人
21ポイント 3人
33ポイント 5人
オプションプランの方がお得 6人以上

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「ログイン時間」の活用方法

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「ログイン時間」の活用方法

Pairs(ペアーズ)を実際に利用してみると、「ログイン時間」機能がとても有用であることに気づきます。ログイン時間は、相手が最後にPairs(ペアーズ)にログインしてからの経過時間を表し、検索条件の一つでもあります。

また、相手のログイン時間の状況に合わせて適切なアプローチをすることによって、マッチングする確率を高めることができます。

ログイン時間はアクティブ会員を探すためのプロフィール情報

Pairs(ペアーズ)のログイン時間は、アクティブ会員を探すことが目的で提供されているプロフィール情報の一種です。

検索結果などにも緑や黄色などのカラーでログイン時間が表現されており、相手のPairs(ペアーズ)の利用度合いを知ることができます。

マッチング後2往復程度のメッセージ交換をすると、相手のログイン時間を閲覧することができなくなりますので、あくまでマッチング前にアクティブユーザーを探すことを目的に使用するものになります。

黄色マークの「3日以内」、緑マークの「オンライン」がアプローチする対象

Pairs(ペアーズ)のログイン時間は、いいねを送るなどのアプローチをする対象を探す時に活用します。相手とマッチングをしてメッセージ交換を重ねていくためには、相手もPairs(ペアーズ)をアクティブに利用していることが必要になります。

Pairs(ペアーズ)のログイン時間は、カラーがついた丸と表記で表現されており、緑色の丸の「オンライン」と黄色の丸の「3日以内」がPairs(ペアーズ)においてアプローチする対象となります。

「オンライン」の時にいいねを送ると埋もれずに相手に気づいてもらいやすい

また、Pairs(ペアーズ)のログイン時間で緑色の「オンライン」となっている相手は、現在Pairs(ペアーズ)にログインしていることを表しており、この相手に「いいね」を送ることによって、相手にその場で通知されすぐに気づいてもらうことができます。

特に人気会員などは多くのいいねをもらっているため、普通にアプローチをしても埋れてしまいがちです。そのため、オンライン状態の相手にいいねを送ることは、マッチング率を上げるための一つのテクニックになります。

本命の相手は「お気に入り」に登録してオンラインになる時間帯を探そう

特に本命の相手に対しては、相手が緑色のオンライン状態である時にアプローチをすることがオススメです。

そのためには、相手がよくログインする時間帯を調べることが必要となります。相手をお気に入りに登録すれば、いつでもすぐに相手のログイン状態を確認することができますので、定期的に調べて相手がログインしやすい時間帯を見つけてみるのも良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「相性」を上げる方法

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「相性」を上げる方法

Pairs(ペアーズ)のプロフィールページには、ハートマークと一緒に%表記がされた「相性」というデータがあります。

これは、Pairs(ペアーズ)のシステムによって算出された自分との相性を表しており、55~95%程度の範囲で推移します。過去のマッチングのデータなどから、相手と自分がどの程度の相性の良さなのかを表しており、マッチングする相手を探す時の参考にすることができます。

相性は人工知能のシステムによって決められている

Pairs(ペアーズ)の相性は、人工知能のシステムによって算出されています。参考とされているデータは多岐に渡り、主に過去にうまくいったカップルのデータとどれほど近いか、という考え方で相性が決められています。

意図的に相性のパーセントを上げることもできますが、あまり意味のない行動ですので、相性の数値は参考程度に止めておくのが良いでしょう。

属性情報の相性が良いと相性が上がる

Pairs(ペアーズ)の相性は、登録しているプロフィールの属性情報が近いと上がりやすい傾向があります。居住地や年齢、タバコやお酒、休日などが互いに似ていると、相性が上がる傾向にあります。

もし本命の相手との相性が低く気になる場合には、相手のプロフィール情報を参考にしながら、少し相手に寄せていくのも良いでしょう。

登録しているコミュニティの相性が良いと相性が上がる

Pairs(ペアーズ)にはコミュニティ機能があり、登録しているコミュニティの相性が良い場合も相性の数字が上がる傾向にあります。

例えば、「キャンプ好き」と「バーベキュー好き」は相性が良いコミュニティであると考えられ、このように組み合わせがフィットするコミュニティに登録していると相性が高くなる傾向があります。

ログインする時間帯が近いと相性が上がる

また、Pairs(ペアーズ)の相性はログインする時間帯が近いことでも高くなる傾向があります。メッセージ交換やデートをスムーズに行うためには、生活リズムが近いことが大切になります。その指標としてPairs(ペアーズ)へのログイン時間が参考とされており、利用時間が近いと相性が高くなりやすいです。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「ブロック」「非表示」の活用方法

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判から分かった「ブロック」「非表示」の活用方法

Pairs(ペアーズ)を快適に利用するためには、ブロックや非表示を使いこなしていくことが大切です。

足跡やメッセージ画面で、本命ではない人ばかりが表示されてしまうと、Pairs(ペアーズ)を利用すること自体に疲れが出てきてしまいます。

Pairs(ペアーズ)の画面に表示される画面が、常にデート相手候補のみになるように、適切にブロックや非表示を適用していき、自分で快適にPairs(ペアーズ)を利用できる環境を作っていくことが大切になります。

Pairs(ペアーズ)のブロックと非表示の違い

Pairs(ペアーズ)のブロックと非表示は、「自分の画面から相手の表示がなくなる」という点では共通しています。異なる点は次の二点です。

まず、「相手の画面での表示」について、ブロックでは相手の画面からも自分の表示が消えるのに対し、非表示では相手の画面には何も変化が起きません。そのため、相手に自分のプロフィールページも見られたくないという場合には、ブロックを利用する方が適しています。

また、「解除」について、ブロックは一度すると二度と解除することができないのに対し、非表示はいつでも解除することが可能です。ブロックを利用する場合には、もうその相手とは二度とコミュケーションを取りたくないという場合に限定するのが良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)のアプリ・Webブラウザ別会員登録・ログイン方法

Pairs(ペアーズ)のアプリ・Webブラウザ別会員登録・ログイン方法

ここからは、Pairs(ペアーズ)のアプリやWebブラウザ版での会員登録方法についてご紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)の会員登録方法には複数の種類がありますが、最もおすすめなのはFacebook連携での会員登録になります。Facebookを利用していない場合は、電話番号やメールアドレスでの会員登録をしましょう。

Pairs(ペアーズ)にFacebook連携で登録する方法

Pairs(ペアーズ)では、Facebook連携で会員登録することによって、Facebook上で友達として繋がっている相手が互いの画面に表示されなくなり、身バレリスクを低減することができます。

Facebook連携でPairs(ペアーズ)に会員登録する手順は下記の通りです。

  • Pairs(ペアーズ)アプリをインストールする/公式サイトにアクセス
  • 「Facebookではじめる」をタップする
  • 「ペアーズがサインインのためにFacebookを使用しようとしています」と表示されるため許可する
  • Facebookアカウントのログイン情報を入力して連携する

登録後は、基本的なプロフィール情報を入力して手続き完了です。

Pairs(ペアーズ)に電話番号(SMS認証)で登録する方法

Pairs(ペアーズ)でFacebookを利用していない場合は、電話番号でのSMS認証で会員登録をすることもできます。手順は下記の通りです。

  • Pairs(ペアーズ)アプリをインストールする/公式サイトにアクセス
  • 「電話番号ではじめる」をタップする
  • 入力フォームに自分のスマートフォンの電話番号を入力する
  • スマートフォンのSMSにログインコードが届く
  • Pairs(ペアーズ)にログインコードを入力して「次へ」をタップする
  • 基本情報を登録する

Facebook連携、電話番号認証ともに認証が完了した後は、下記の基本情報を入力していきます。

  • ニックネーム
  • 性別
  • 生年月日
  • 居住地
  • 結婚歴
  • 相手に求める条件

これらの情報は生年月日以外は後からでもすぐに変更することができますので、まずはサッと登録していってください。

Pairs(ペアーズ)に会員登録をしたら年齢確認手続きまで完了させよう

Pairs(ペアーズ)に会員登録した後は、その流れで年齢確認手続きまで完了させることがオススメです。

年齢確認手続きを完了させることによって、マッチング後に相手とメッセージ交換をすることができるようになります。年齢確認手続きは、30分程度で完了することがほとんどですが、場合によっては10時間程度かかる場合もあります。

最初のメッセージの返信率はマッチング後からの経過時間が長くなるにつれて低下してしまいますので、魅力的な異性とマッチングする前に、年齢確認手続きだけは完了させておくことがおすすめです。

Pairs(ペアーズ)に登録後3日以内は「NEWマーク」が表示されて優遇される

また、Pairs(ペアーズ)は登録後3日間はプロフィール写真の上に「NEWマーク」が表示され、様々なメリットを受けることができます。

検索順位でも上位に表示されやすくなり、新規会員にアプローチしたい異性からも多くのいいねをもらうことができます。そのため、Pairs(ペアーズ)に会員登録をした後は、できるだけ早めにプロフィール情報を充実させ、最初の3日間で一気に恋活を進めていくことが大切になります。

Pairs(ペアーズ)に毎日ログインするとログインボーナスがもらえる

Pairs(ペアーズ)に会員登録後、毎日ログインすることでログインボーナスを獲得することができます。ログインボーナスは、相手にいいねを送る際に使用することができる「残りいいね数」でもらうことができ、1日につき1いいね、3日目は3いいねをもらうことができ、3日間で合計5いいねを獲得することができます。

1ヶ月毎日ログインすれば、50いいね分をログインボーナスとしてもらうことができますので、無料で50人に対していいねを送ることができるということになります。

いいねを送った時のマッチング率の平均は30%程度ですので、15人と無料でマッチングできることを考えれば、毎日ログインするモチベーションにもなるでしょう。

Pairs(ペアーズ)で相手と結婚することはある?

Pairs(ペアーズ)で相手と結婚することはある?

Pairs(ペアーズ)は恋活マッチングアプリですが、相手と結婚できる場合もあります。最初から婚活目的でサービスを利用する場合には、Pairs(ペアーズ)ではなく「Pairs(ペアーズ)エンゲージ」の方がおすすめですが、もしPairs(ペアーズ)を通じて出会った相手が本当にタイプの相手であれば、恋愛を経て結婚できるように努めていくようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)で出会った相手と結婚する確率

Pairs(ペアーズ)では、利用者のうちおよそ2.5%程度の人がサービスを通じて結婚する相手と出会える可能性があると考えることができます。

まず、Pairs(ペアーズ)の累計会員数は1,000万人を超えていますが、実際に年齢確認をし、男性の場合は有料会員に登録し、真面目に恋活に取り組もうとした人は20%程度、200万人程度であると想定します。

Pairs(ペアーズ)を通じて恋人ができて退会した人は15万人に達していますので、およそ利用者の7.5%の人が退会時に恋人ができたという理由にチェックをつけて退会しているものと考えられます。また15万人という数字は退会時のアンケートで「ペアーズを通じて恋人ができた」と回答した人になり、アンケートへの回答を回避するために異なる項目を選んで退会した人が2.5%程度いるとしたら、Pairs(ペアーズ)のアクティブ利用者の10%程度は、Pairs(ペアーズ)を通じて恋人を作り、退会したと考えることができます。

一般的なカップルの結婚する確率は25%になりますので、結果としてPairs(ペアーズ)のアクティブ利用者のうち、2.5%程度はPairs(ペアーズ)を通じて結婚相手を見つけることができたものと計算できます。

もちろん仮説として置いている数値に誤りがある場合もありますので、上記は参考数値になります。より本気度を持って婚活に取り組みたい場合には、結婚確率の高い婚活向けマッチングアプリを利用するようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)で出会った相手と結婚するために必要なこと

Pairs(ペアーズ)を通じて出会った相手と結婚までたどり着くためには、相手と誠実に関係性を作っていくことが大切になります。

学生時代や社会人時代の出会いとは異なり、出会ってからお付き合いするまでの期間が短く、互いのことをよく知らない状態で交際がスタートすることになりますので、相手のことをよく知ろうとする姿勢を持ち続けることが重要になります。

最初から婚活目的の場合はPairs(ペアーズ)エンゲージがおすすめ

ただし、最初から婚活目的でマッチングアプリを利用するのであれば、Pairs(ペアーズ)エンゲージやゼクシィ縁結びなど、婚活向けマッチングアプリを利用する方が断然おすすめです。

独身証明や年収証明機能などがあり、より安心して婚活ができる他、転勤の有無や子供が欲しいか、子育てへの積極度など、結婚相手について知りたい情報をもとに相手を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)の退会方法と有料プランの解約方法

Pairs(ペアーズ)の退会方法と有料プランの解約方法

Pairs(ペアーズ)で恋人ができた場合などは、有料契約を解約して退会することが大切です。

退会せずにアプリだけを消してしまうと、Pairs(ペアーズ)に自分のプロフィールが残り続けてしまいますので、きちんと退会手続きをすることが大切になります。また、有料契約を解約しないと、自動更新がされ続けてしまい、ずっと無駄にお金を支払い続けることになりますので気をつけましょう。

退会するためにはまず無料会員に戻ることが大切

Pairs(ペアーズ)で退会するためには、まず無料会員に戻ることが必要になります。有料会員やオプションプランに加入している場合には、まず有料契約を解約して無料会員に戻るようにしましょう。

有料契約の解約方法は、支払い方法によって異なります。クレジットカード決済の場合は、Pairs(ペアーズ)内で解約手続きをすることができ即時反映されますが、AppleID決済の場合はiPhone端末の「設定」から、GooglePlay決済の場合はAndroid端末の「Googleウォレット」から解約手続きをすることが必要になります。

また、AppleID決済とGooglePlay決済の場合は、次回契約更新日にならないと解約が完了せずに無料会員に戻ることができませんので、すぐに退会したい場合には運営に問い合わせをして対応してもらうことが必要となりますので、覚えておくようにしましょう。

具体的な支払い方法ごとの解約手続きについては、下記の記事で詳細にご紹介しておりますので参考にしてみてください。

Pairs(ペアーズ)の退会方法

Pairs(ペアーズ)で無料会員に戻った後は、2分で退会手続きを完了することができます。ただし、退会した場合はアカウントに関する全てのデータが削除され、再利用することはできなくなりますのでご注意ください。また、再登録までに1ヶ月の期間を空けることも必要となりますので気をつけましょう。

具体的なPairs(ペアーズ)の退会手続きについては、下記で詳細にご紹介しておりますので参考にしてください。

Pairs(ペアーズ)は安全?危険?Pairs(ペアーズ)の安全性を検証

Pairs(ペアーズ)は安全?危険?Pairs(ペアーズ)の安全性を検証

Pairs(ペアーズ)などの恋活マッチングアプリを利用する上では、本当に安全かどうかが気になる点です。Pairs(ペアーズ)では、1,000万人がこれまで登録し、15万人がPairs(ペアーズ)を通じて恋人を作ってきたという実績があります。

なぜ多くの人がPairs(ペアーズ)を安全だと信頼してサービスを利用することができたのか、具体的に確認していきましょう。

年齢確認手続き必須のシステム設計

Pairs(ペアーズ)は、本格的に利用するためには男女共に年齢確認手続きを完了することが必要になります。

そのため、Pairs(ペアーズ)を通じて会う相手は18歳以上であるということが担保されます。また、年齢確認手続きは本人確認も兼ねており、過去に問題を起こして強制退会となった利用者の除外にも使われます。

つまり、Pairs(ペアーズ)は年齢確認手続きによって、法的にもサービス的にも安全性を確保しているということになり、それが結果として利用者が快適にPairs(ペアーズ)を利用できる環境を整えています。

24時間365日の監視・サポート体制

Pairs(ペアーズ)はカスタマーサポートが非常に優れていることで有名です。24時間365日の監視・サポート体制が提供されており、問い合わせをすると30分以内にほとんどの問題が解決します。

トラブルに遭遇した時にはより迅速丁寧に対応してもらうことができますので、安心してサービスを利用することができます。

第三者機関「TRUSTe」からの個人情報取り扱いに関する認証

Pairs(ペアーズ)を本格的に利用するためには年齢確認手続きの際、免許証などの公的証明書をPairs(ペアーズ)側にアップロードして提出することが必要となります。

免許証などは本名や住所、顔写真などの重要な個人情報がぎっしりと詰まっていますので、本当にPairs(ペアーズ)に渡しても大丈夫なのかと不安になることがあります。

Pairs(ペアーズ)は、個人情報の取り扱いが正常になされているかを確認する第三者機関「TRUSTe」からの認証を受けています。つまり、免許証などの個人情報を共有しても、適切に保管・管理・破棄をしてもらうことができますので、安心して個人情報を提出することができます。

アメリカ上場企業のグループ会社が運営

また、Pairs(ペアーズ)は株式会社エウレカという会社が運営をしておりますが、エウレカは現在アメリカ上場企業グループの関連会社の位置付けとなっております。

上場企業に関連するということは、より厳しい監査が入るということです。上場未関連の企業と比較しても、より厳しい視点でサービスの安全性をチェックしていますので、その点においてもPairs(ペアーズ)の安全性は高いだろうと考えることができます。

Pairs(ペアーズ)と人気恋活マッチングアプリの比較

Pairs(ペアーズ)と人気恋活マッチングアプリの比較

最後に、Pairs(ペアーズ)と他の人気恋活マッチングアプリについての比較をしていきましょう。

マッチングアプリで恋活を成功させるためには、自分に合うマッチングアプリを選択することが非常に大切です。また、一つのマッチングアプリのみに絞るのではなく、複数アプリを並行利用し、出会いの機会を増やすことも重要になります。

下記の比較で自分に合うマッチングアプリを選んで頂き、気にいる物があれば是非利用を開始してみてください。

Pairs(ペアーズ)とタップル誕生の比較

タップル誕生は、Pairs(ペアーズ)と並び恋活マッチングアプリの代表的なサービスです。有名IT企業であるサイバーエージェントのグループ会社が開発運営しており、特に20代の男女に人気の恋活マッチングアプリです。

Pairs(ペアーズ)とタップル誕生の比較は下記の通りです。

比較項目 Pairs(ペアーズ) タップル誕生
目的 恋活向けマッチングアプリ 恋活向けマッチングアプリ
会員人数 1,000万人以上 400万人以上
主な利用者層 20~30前半の男女を中心に全世代 20代が中心
サービスの特徴 利用者数が多く自分に合う相手を見つけやすい
超絶美人/ハイスペイケメンが多く利用
コミュニティ機能で趣味・価値観の合う相手を見つけられる
マッチング率が最も高い
検索結果が一覧表示ではなく1名ずつ表示される
気軽に出会える相手を探せる「おでかけ」が便利
男性月額料金(6ヶ月・クレジットカード) 2,480円(総額14,800円) 2,734円(総額16,400円)
女性料金 基本無料 基本無料

タップル誕生は、20代の5人に1人が利用しているとされており、気軽にデート相手を探すことのできるアプリです。結婚前提での出会いを探すのにはあまり向いていませんが、恋活アプリとしては非常に優秀です。

マッチング数が非常に多いため、マッチングした後のメッセージ交換に繋がる確率が低いというデメリットもありますが、きちんと利用すればメッセージ交換やデートをどんどんしていくことができます。

Pairs(ペアーズ)とOmiaiの比較

比較項目 Pairs(ペアーズ) Omiai
目的 恋活向けマッチングアプリ 恋活向けマッチングアプリ
会員人数 1,000万人以上 400万人以上
主な利用者層 20~30前半の男女を中心に全世代 20~30代中心
サービスの特徴 利用者数が多く自分に合う相手を見つけやすい
超絶美人/ハイスペイケメンが多く利用
コミュニティ機能で趣味・価値観の合う相手を見つけられる
真面目で落ち着いている利用者が多い
恋愛から結婚できる相手を探している人におすすめ
いいねが分散される仕組みがあり誰にでもチャンスがある
男性月額料金(6ヶ月・クレジットカード) 2,480円(総額14,800円) 1,990円(総額11,940円)
女性料金 基本無料 基本無料

Omiaiは日本の恋活向けマッチングアプリの先駆け的なサービスです。真面目で落ち着いている利用者が多く、真剣な恋愛をしたいと考えている人にはOmiaiの利用がおすすめです。いいね数が分散されるような仕組みが導入されており、他のマッチングアプリであまり「いいね」がもらえなかった人も、Omiaiであれば「いいね」をもらうことができます。

将来的に結婚も考えられるような恋人を探している方は、Omiaiの利用を検討してみてください。

Pairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)の比較

比較項目 Pairs(ペアーズ) with(ウィズ)
目的 恋活向けマッチングアプリ 恋活向けマッチングアプリ
会員人数 1,000万人以上 100万人以上
主な利用者層 20~30前半の男女を中心に全世代 20代中心
サービスの特徴 利用者数が多く自分に合う相手を見つけやすい
超絶美人/ハイスペイケメンが多く利用
コミュニティ機能で趣味・価値観の合う相手を見つけられる
メンタリストDaigoさんの性格診断を無料で受けられる
性格から相性が良いとされる人とマッチングできる
恋愛に純粋な人が多い
男性月額料金(6ヶ月・クレジットカード) 2,480円(総額14,800円) 2,300円(総額13,800円)
女性料金 基本無料 基本無料

with(ウィズ)はメンタリストのDaiGoさんが監修している恋活マッチングアプリです。性格診断を無料で受けることができ、性格に基づいて科学的に相性が良いとされる相手とマッチングしやすいサービスとなっています。性格診断や相性診断が好きな恋愛に対して純粋な利用者が多く、恋愛をしたい!と考えている人にオススメのマッチングアプリとなっています。

恋活マッチングアプリはPairs(ペアーズ)を中心に並行利用がおすすめ

恋活マッチングアプリを利用する場合には、Pairs(ペアーズ)を中心に複数アプリを並行利用するのがオススメです。

一つのマッチングアプリに絞ってしまうと、出会える可能性があるのはそのアプリの利用者のみとなってしまい、最初から可能性が絞られてしまう状態となります。最高のパートナーを見つけるためには、自分に合うマッチングアプリを3、4個程度並行利用し、その中で本命の相手を探すことが大切になります。

どのマッチングアプリでも、男性会員もマッチングまでは無料会員のままできますので、この人とお付き合いしたい!と思えるような本命の相手が見つかり次第有料会員に変わり、その後はそのアプリを中心に利用していくという流れで進めていくと良いでしょう。

Pairs(ペアーズ)は会員数が最も多いマッチングアプリとなるため、最も自分に合う人を見つけられる確率の高いサービスになります。Pairs(ペアーズ)を中心にタップル誕生やOmiai、withなどを活用して、理想的な恋人を見つけていってください。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判まとめ

本記事では、Pairs(ペアーズ)を1年間使い込んで分かった本当の口コミ・評判についてご紹介をしてきました。Pairs(ペアーズ)は日本を代表する恋活向けマッチングアプリであり、素敵な恋人が欲しいと考える全ての人におすすめすることのできるサービスです。

会員数が多いため競争が激しいという面もありますが、きちんとプロフィール情報を充実させて積極的にアプローチしていくことによって、魅力的な人気会員や自分と趣味・価値観が合う人とマッチングしていくことができ、デートやお付き合いに発展させていくことができるでしょう。

これからPairs(ペアーズ)を利用して本格的に恋活に取り組みたいとお考えの方は、是非本記事を参考にしてみてください。


↓↓↓さっそくPairs(ペアーズ)を見てみる↓↓↓

マチアプ編集部おすすめ恋活アプリ

DL アプリ 目的 一押しコメント
ペアーズ 恋活・婚活 国内最大級会員数1,000万人突破の人気定番マッチングアプリ。初めてのマッチングアプリは、利用率No.1のPairsがおすすめです。
タップル誕生 恋活 毎日5,500人もユーザーが増えている人気アプリ。大学生や20代の利用率がとても高く、20代の5人に1人が利用しています【R-18】
Omiai 恋活・婚活 毎日25,000組のマッチングが成立!日本初の恋活マッチングアプリで、マッチング率が非常に高く、Omiaiなら自分に合う人を見つけられます
with 恋活・婚活 メンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリ。無料で受けられる「性格診断」で科学的に相性が良いとされる相手を教えてくれます
イヴイヴ 恋活 日本初の完全審査制の恋活向けマッチングアプリ。20代のイケメン・美女の利用率が高く、気軽にデートにいける「プチ恋」機能も人気です。
ゼクシィ恋結び 恋活 いま人気沸騰中の結婚情報誌「ゼクシィ」から出た恋活マッチングアプリ。真剣な恋を探している人が多く、マッチング数も急増中です。
クロスミー 恋活 すれ違いを恋のきっかけにすることができる恋活アプリ。安全性も確保されており、毎日「すれ違い」した人をチェックする楽しい時間を過ごせます